新型「アクア」発売が目前! 洗練された外観と大幅向上した燃費が魅力

■室内スペースを拡大。燃費は35.8km/L(WLTCモード)に!

早いもので、発売から10年目を迎えたトヨタ自動車のコンパクトカー「アクア」。

現行「アクア」のエクステリア

2011年に低燃費や静粛性に優れるハイブリッドモデルとしてデビューし、2016年2月末には同社の車種で歴代最速となる4年3カ月で国内累計販売台数100万台を達成するなど、まさにドル箱車種となっています。

そんな「アクア」の次期モデルが、いよいよ7月中に発売されるようです。

各種情報によると、エクステリア・デザインはキープコンセプトながらも現行モデルから一層洗練度を増しており、車体サイズは後席の頭上スペース拡大を目的に全高アップ(+30mm)が図られているようです。(全長4,050×全幅1,695×全高1,485mm)

現行モデルのインテリア。新型では室内高と後席足元スペースが拡大される。

一方、ホイールベースについては現行ヤリスと同様、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)による「GA-B」プラットフォームの採用で2,600mm(+50mm)に拡大。

後席の足元スペース拡大により、ファミリーユースに適したパッケージングとなっており、コンパクトながらも高剛性の安定した走りを実現。

●先行予約がスタート。車両価格は10~30万円アップ

新型アクアでは「GA-B」プラットフォームを採用

パワートレーンは1.5L直3ダイナミックフォースエンジン(91ps/12.2kgm)+モーター(80ps/14.4kgm)により、システム出力116psを発生するとともに、新開発駆動用バッテリー搭載により、WLTCモード燃費が現行の29.8km/Lから35.8km/Lへと大きく向上、EV走行可能速度についても向上しているようです。

駆動方式は現行のFFに加え、電気式4WDシステム「E-Four」が追加され、安全面では最新の「トヨタセーフティセンス」を標準装備。4グレード構成で、それぞれにFFと4WDを設定。ボディカラーは全9色を用意。

現行アクアのリヤビュー

車両価格はFFモデルが200~240万円の設定で、現行比で約10~30万円程度の値上げに収まっているようです。

販売店では6月下旬からすでに先行予約をスタートさせている模様で、コンパクトなエコカーへの乗換えを考えている向きには注目の一台となりそうです。

Avanti Yasunori

【関連リンク】

トヨタ アクア
https://toyota.jp/aqua/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。