トヨタのミニ・ミニバン「ルーミー」がマイナーチェンジ。カスタムはアルファード顔で「タンク」は消えた

■2020年のマイナーチェンジで顔つき一新。旧ルーミーのテイストは「カスタム」が、旧タンクの顔つきは「標準系」が受け継ぐ

ルーミーカスタムG-T
カスタムの外観では、マイナーチェンジ前のルーミーの大きな横桟グリルをさらに巨大化した
ルーミーG
ルーミーの標準グレードは、末広がりなアンダーグリルが特徴。旧「タンク」のテイストを受け継いでいる

トヨタの隠れたヒットモデルとして知られるミニ・ミニバン(スライドドアを持つ2列シート5人乗りのコンパクトカー)である「ルーミー」が大幅マイナーチェンジを受けました。

進化のポイントは先進安全装備&先進運転支援システムの領域で、主にステレオカメラを用いたシステムの基本はそのままに、夜間の歩行者や同方向に走っている自転車やバイクを認識できるように進化しています。

さらに、高速道路のドライブをアシストしてくれるACC(アダプティブクルーズコントロール)は渋滞時の停止までカバーするタイプへと進化しています。この渋滞対応ACC装着車ではパーキングブレーキを電気式として、停車中にブレーキペダルから足を離せる「ブレーキホールド」機能付きとなっています。外観も大きく変わりました。もともと、ルーミーには「タンク」という兄弟モデルが存在していましたが、トヨタが各販売店での全車種取り扱いを始めたことに併せて、今回ルーミーに統合されています。

ルーミーカスタムG-T
カスタムG-T、カスタムGには停止までカバーする全車速追従機能付きACCを標準装備。パーキングブレーキは電子式となる

そこで新型ルーミーでは、カスタム・シリーズは旧ルーミーの特徴である大きな横桟グリルをさらに強調したものとなり、標準系は旧タンクの特徴であった台形のアンダーグリルを受け継いだ顔つきとなっています。合わせて、ボディカラーの新色としてクールバイオレットクリスタルシャイン、ターコイズブルーマイカメタリックを採用しています。

ルーミーカスタムG-T
低床・スライドドアのパッケージはそのまま。写真のボディカラーは「クールバイオレットクリスタルシャイン」

装備面では、事前予約しておけばスマートキーを持った人が近づくことで自動的にスライドドアが開く「ウェルカムパワースライドドア」を標準装備。インテリアでは充電用USB端子を標準装備しています。

また、スマートフォンと連携させてインフォテイメントシステムとして楽しめる9インチのディスプレイオーディオを全車にオプション設定したのもマイナーチェンジでの変更点です。エンジンは1.0L 3気筒のNAとターボを設定。FFが基本となりますが、NAエンジンには4WDも設定されています。WLTCモード燃費は、FFターボで16.8km/L、FF・NAは18.4km/Lとなっています。メーカー小売り希望価格は1,556,500円~2,090,000円(消費税込み)となっています。

(山本晋也)

『トヨタ自動車』の最新記事
GRヤリスクロス
トヨタ・ヤリスクロスに優れた換気性能と操縦安定性の向上に寄与する「GR スポーツサイドバイザー」を追加
新型ランクルに初の「GR」バージョンが設定! 415psエンジン搭載で年内に正式発表か?
トヨタ・ランドクルーザー
新型トヨタ・ランドクルーザー(300系)は、フレーム構造を踏襲しTNGA化、3.5Lガソリン、3.3LディーゼルのV6ツインターボと10AT採用
KINTO
レースで実践しているアップデート、パーソナライズを提供する「GRヤリス“モリゾウセレクション”」がKINTO限定で取扱い開始
国内導入目前?“あのクルマ”に激似の「トヨタ カローラ クロス」米国導入発表!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事