24時間どこでも中古車が買える「トヨタ中古車オンラインストア」がスタート

■トヨタ車が大半だが、他の自動車メーカーも在庫

コロナ禍において景気が低迷している一方で、密になりにくい移動手段としてクルマやオートバイ、自転車に注目が集まっています。いずれにしても交通公共機関での移動を抑えているという方は都市部ほど多いかもしれません。

トヨタ 中古車
「トヨタ中古車オンラインストア」が開始

新車販売が大きく落ち込む中、急にクルマが必要となった場合に、中古車を検討する方が増えても不思議ではありません。2020年9月8日、トヨタは中古車をオンラインで注文できるサービス「トヨタ中古車オンラインストア」をスタートしました。

トヨタは、2020年4月1日に認定中古車ブランドを「トヨタ認定中古車」に刷新すると共に、中古車におけるデジタル領域を強化するとアナウンス済みです。中古車の仕入れから販売(小売り、卸売り)まで、全体を通じて中古車事業を強化することを発表しています。

トヨタ 中古車
トヨタも認定中古車を展開している

同ストアは、トヨタの販売店が取り扱う一部の中古車を、見積りから契約までオンラインで完結できるサービス。コロナ禍だけに、来店の手間なく、24時間365日いつでもオーダー可能というのは魅力に感じる方も多いはず。

さらに、販売店に出向く時間をなかなか作れない、対面の商談が苦手といった方も少なくないはずで、トヨタは中古車のオンライン販売でこうした声に応えるとしています。

「トヨタ中古車オンラインストア」の申込の手順は、まず「トヨタ中古車オンラインストア」にアクセスして希望のクルマを選択。次に、オプション・支払い方法などを選択すると、自動で見積りが作成されます。

さらに、顧客情報をホームページ上に入力し注文を確定すると承諾メールが届き、契約完了。注文承諾メールに表示される口座番号へ銀行振り込み、もしくは分割払いでの支払い(分割払いの選択・審査もオンラインで実施)にも対応しています。

そして、登録関連書類を郵送で受取り、必要事項を記入。返送後、約2~3週間で納車可能(店舗での受け取り)となっています。

トヨタ 中古車
トヨタは認定中古車制度を展開している

掲載台数は約200台~で関東、中部、関西のトヨタ販売店が取り扱う中古車から順次拡大され、年内には全国展開が予定されています。実車確認はできませんが、車両状態の詳細などの細かな質問に答えてくれる、お問合せ機能(電話・WEB掲示板形式)が用意されています。

なお、常に変動すると思われますが、2020年9月8日午後時点で、トヨタ車は182台、他メーカーは27台となっています。コンパクトカー、ミニバン、SUV、ハイブリッド、軽自動車など、幅広い車種ラインナップとなっています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

トヨタ中古車オンラインストア
https://toyota-outlet.gazoo.com/

『トヨタ自動車』の最新記事
横浜ゴム ブルーアース・ジーティー・エーイーゴーイチ
トヨタ・アクアの新車装着タイヤとして横浜ゴムが「BluEarth-GT AE51」の納入をスタート
GRヤリス
GRヤリスが英国の「グッドウッド・スピードウィーク」で走りを披露
ハリアー内装01
車両本体価格500万円のハリアーが人気の理由は、輸入車SUVに肩を並べる質の高さを手に入れたこと【ドリキンの新車比較試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事