「エヴァRT初号機 GRスープラ」の1000馬力超を支えるTOYO TIRES PROXES R888R Driftはどんなタイヤ?

■シンクロ率400%のために発揮される1000馬力OVERのパワー

6月17日に発表されたエヴァンゲリオンレーシングのD1参戦マシン「エヴァRT初号機 GRスープラ」。

D1参戦マシン「エヴァRT初号機 GRスープラ」
D1参戦マシン「エヴァRT初号機 GRスープラ」

GRスープラはこれまでのD1参戦マシンの常識を覆すほどシャシー性能が高いと言われており、その性能をフルに発揮するには1000馬力以上のパワーが必要だと言われています。

そのためにこれまでD1グランプリで主流だった直列6気筒の2JZエンジンでは力不足となってきているのが実情。

D1参戦マシン「エヴァRT初号機 GRスープラ」に積まれる3UZエンジン
D1参戦マシン「エヴァRT初号機 GRスープラ」に積まれる3UZエンジン

モアパワーを求めてエヴァRT初号機 GRスープラが選んだエンジンはV8の3UZエンジン。これにビッグタービンのターボチャージャーを取り付けると排気管が取り付けられないということでボンネットに穴を開け、そこから排気管を出すという異形のレイアウトとなっています。

■1000馬力OVERを支えるTOYO TIRES PROXES R888R Drift

この1000馬力超えの3UZエンジンからの駆動力を正確に伝え、まさにドライバーとシンクロしながらマシンを導いていくためにはタイヤの役割がより一層大きくなります。

D1参戦マシン「エヴァRT初号機 GRスープラ」に積まれる3UZエンジンと2020 Team TOYO TIRES DRIFT GIRLS
3UZエンジンと2020 Team TOYO TIRES DRIFT GIRLSの二人

2020 Team TOYO TIRES DRIFT GIRLSの安西茉莉さん、山本もえぎさんに囲まれているのが、そのエヴァRT初号機 GRスープラの1000馬力超えを支えるTOYO TIRES PROXES R888R Drift。

TOYO TIRES PROXES R888R Drift
TOYO TIRES PROXES R888R Drift

ドリフトの世界統一戦とも言えるFIAインターコンチネンタルドリフティングカップで3年連続のチャンピオンとなるワールドNo.1ドリフトタイヤメーカー、TOYO TIRESのドリフト向け最高峰タイヤがTOYO TIRES PROXES R888R Drift。

1000馬力超えの3UZエンジンとTOYO TIRES PROXES R888R Drift
1000馬力超えの3UZエンジンとTOYO TIRES PROXES R888R Drift

いまのドリフトに求められるのは、アプローチまでの加速とドリフト時のコントロール性。つまり高いグリップ力でエンジンパワーを確実に路面に伝えて加速し、滑り出してからのコントーロール性も兼ね備えるという次元の高さが求められています。

エヴァRT初号機 GRスープラ
エヴァRT初号機 GRスープラ

エヴァRT初号機 GRスープラは次元の高いシャシー性能と3UZエンジンのパワーを使い切るための選択がTOYO TIRES PROXES R888R Driftと言えます。

エヴァRT初号機 GRスープラ
エヴァRT初号機 GRスープラ

ここまでをまとめて見ると、実はエヴァRT初号機 GRスープラも含め3UZ搭載のGRスープラとTOYO TIRES PROXES R888R Driftの組み合わせがD1グランプリどころか世界最強のドリフトマシンとなるのです。

この走りを観たいという思いで開幕が待ち遠しくてなりません。

(写真・文:松永和浩)

【関連リンク】

エヴァンゲリオンレーシング公式サイト
http://eva-racing.com/race2020/

D1公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/d1gpwebsite/