コロッセオグレーをまとう90台限定のフィアット・パンダの限定車「Panda Comfort」が登場【新車】

■前席シートヒーターやリヤパーキングセンサーを標準装備

フィアット500をベースに、全高を高くしてアップライトな乗車姿勢とすることで、ファミリーユースにも対応する広さ・実用性を獲得しているのがフィアット・パンダ。

2020年4月18日から快適装備を充実させた限定車の「Panda Comfort(パンダ・コンフォート)」が90台限定で発売されます。「スクワークル」と呼ぶスクエアを基調としながらも丸みを帯びたデザインと、先述のコンパクトサイズからは想像できない居住性や実用性を兼ね備えたのが同モデルの美点。

フィアット パンダ
フィアット・パンダの限定車「コンフォート」が90台限定で登場

1980年の初代の誕生から40年になる現行型まで、時代や世代を超えて人々に愛されています。今回の限定車「パンダ・コンフォート」は、日々のドライブに役立つ装備を充実させることで、実用性の高いコンパクトカーとして定評あるパンダの特徴に磨きをかけたとしています。

フィアット パンダ
フィアット・パンダ・コンフォートのインパネ

限定車は、ベース車である「パンダ・イージー」に備わるATモード付5速シーケンシャルトランスミッション(デュアロジック)やチューナー付USBオーディオプレイヤー、キーレスエントリーといった従来の装備に加えて、フルオートエアコン、シートヒーター(前席)、車庫入れ時に重宝するリヤパーキングセンサーが特別装備され、より快適なドライブをサポート。

フィアット パンダ
14インチアルミホイールを装着

さらに、ベース車よりも1インチ小さい14インチアルミホイール(タイヤサイズは175/65R14)を装備することで、乗り心地が向上したそう。

フィアット パンダ
フィアット・パンダ・コンフォートの専用シート

ボディカラーには、通常は設定のない「コロッセオグレー(メタリックグレー)」が採用され、車内はブラック/レッドの2トーンシート・インテリアにより華やかさが増しています。「パンダ・コンフォート」は、上記のような装備や特別なボディカラーを採用しながらも、車両価格はベース車に対して100,000円高の2,340,000円です。

(塚田勝弘)

『フィアット』の最新記事
フィアット 500 500C
イタリア映画『La dolce vita』からインスピレーションを得た限定車「Fiat 500/500C Dolcevita」【新車】
パンダ・クロス・フォーバイフォー
4WD+6MTの本格スモールSUV、フィアット「Panda Cross 4×4」が150台限定で新登場【新車】
フィアット500X
人気のBセグメントSUVのフィアット・500Xに、ブルーのマット塗装をまとう「500X Indigo」が登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事