「小さくても広く使える」コンパクトSUVのトヨタ・ライズが大人気の理由とは?【新車】

トヨタ ライズ

■約8倍の初期受注を獲得

2019年12月5日、トヨタは新型ライズの発売1か月の受注台数を発表しました。同年11月5日の発売から1か月になる12月4日時点で約32,000台となり、月販目標(4,100台)の約8倍と、好調な立ち上がりとしています。

トヨタ ライズ
トヨタ・ライズの外観

主な好評点は、「全長4m以下の5ナンバーサイズ(全長4,700mm以下、全幅1,700mm以下、全高2,000mm以下、排気量2,000cc以下)でありながら、SUVらしい力強いスタイル」「クラストップレベル(コンパクトSUVクラスでの比較。2019年11月現在、トヨタ自動車調べ)の広々とした荷室、室内空間と多彩なユーティリティ収納スペース」「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」を含む最新の「スマートアシスト」による安全技術となっています。

トヨタ ライズ
トヨタ・ライズのインパネ

「Aセグメント以上、Bセグメント未満」と表現したくなる、コンパクトサイズでありながらも存在感のあるスタイリング、驚くほど広い(深い)ラゲッジなど、小さくても広く使えるのが同SUVの魅力で、こうした点が評価されているようです。

トヨタ ライズ
トヨタ・ライズの荷室

また、受注実績の中身は、グレード別では、「Z」グレードが7割、「G」が2割。装着率の高いメーカーオプションは「ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラート」が4割(Z、Gグレード内比率)、「ナビレディパッケージ」が4割(総数内比率)。ボディカラーは、「シャイニングホワイトパール」が3割、「ブラックマイカメタリック」が2割、「ブライトシルバーメタリック」が1割となっています。

(文/塚田勝弘 写真/長野達郎)

『トヨタ自動車』の最新記事
「日本発」にこだわるトヨタの気持ちが日本の産業界を変える
東京オートサロン2020
モデリスタの表現力にTRDの速さがプラス! 「こんなエコカーあったら即買い」がカタチになった最強のプリウスPHVが爆誕!【東京オートサロン2020】(PR)
トヨタがアメリカでの投資を拡大し、生産車種も変更へ
トヨタ グランエース
トヨタ・グランエースの優れた乗り心地、操縦安定性に寄与するブリヂストン「デュラビス」【新車】
いよいよ「空飛ぶクルマ」が登場!? トヨタがeVTOL開発で空のモビリティ実現へ
トヨタ ライズ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事