トヨタから「コペン GR SPORT」が登場。「GR SPORT」の名にふさわしいチューニングと内・外装デザイン

●コペン GR SPORTがついに登場。「GR」初の軽規格2シーター・オープンスポーツ

2019年の東京オートサロンで、ダイハツだけでなくトヨタ・ブースにも「コペンGRコンセプト」がサプライズで出展され注目を集めました。

ついに2019年10月15日、トヨタから「コペン GR SPORT」が発売されます。「コペン GR SPORT」は「TOYOTA GAZOO Racing」によるスポーツカーシリーズの「GR」初の軽規格2シーター・オープンスポーツになります。

トヨタ コペン GR スポーツ
ダイハツからOEM供給を受ける、トヨタの新型「コペン GR SPORT」

もちろん、ダイハツがOEM供給するモデルで、「TOYOTA GAZOO Racing」を通して得たノウハウがダイハツによる開発に活かされているそう。

同モデルは、ダイハツ・コペンと「GR」が理想とする走りの味わいを融合させ、ダイレクトな走りが楽しめるとしています。気軽に本格的なスポーツドライビングが享受できるのが最大の魅力です。

トヨタ コペン GR スポーツ
専用フロントブレース、センターブレースなどによりボディ剛性を向上

「GR SPORT」を名乗るべく、ボディ剛性や足まわりのチューニングを中心に開発が進められたそうです。フロントブレースの追加、センターブレースの形状変更などによりボディの最適な剛性バランスを実現したとしています。

トヨタ コペン GR スポーツ
足まわりは、スプリングレートの最適化、専用ダンパーが採用されている

さらに、サスペンションはスプリングレート(ばね定数)が最適化され、専用ダンパーとの組み合わせによりしなやかな動き、接地感のあるフラットな乗り心地を追求。加えて、EPS(電動パワーステアリング)も専用チューニングが施され、ハンドリングとクルマの動き一体感が得られるそう。

エクステリアは、走りのための機能的なデザインを付与。ひと目で「GR」と分かる、水平・垂直を基調とした“Functional MATRIX”グリルが目を惹きます。

大開口ロアグリルは冷却性能向上に貢献し、アンダースポイラーは走りの性能を引き上げるだけでなく、ワイド&ローのスポーティな見た目に寄与します。またバンパー側面の延長やフロントバンパーエアアウトレットの追加により空気を整流し、空力性能の向上が図られています。

トヨタ コペン GR スポーツ
専用フロントマスクが与えられたトヨタ・コペン GR SPORT

専用レカロシートが用意されるインテリアは、専用の自発光式3眼メーターを採用。こちらも専用となるピアノブラック調加飾のセンタークラスターによる上質なムードも魅力。ルーフは電動開閉式のアクティブトップで、ボディカラーは全8色、インテリアカラーはブラック。

トヨタ コペン GR スポーツ
トヨタ・コペン GR SPORTのシート
トヨタ コペン GR スポーツ
トヨタ・コペン GR SPORTのインテリア

トヨタ「コペン GR SPORT」の価格は、5MTが243万5000円、7速スーパーアクティブシフト付CVT+パドルシフトが238万円です。

(塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタ ライズ モデリスタ
新型SUVのトヨタ・ライズを個性的に仕立てるモデリスタのカスタマイズパーツが新登場
センチュリーカタログ
レクサスやセンチュリーはまるで写真集! ディーラーでもらえるカタログの原価はいくら?
トヨタ・ライズのフロントマスク
トヨタの新コンパクトSUV「ライズ」デビュー! ダイハツ・ロッキーとはどこが違う?
大人気のトヨタRAV4をタフに変身させる「サイドタフブレード」をモデリスタが追加発売【新車】
マイナーチェンジしたトヨタ・C-HRをアグレッシブに仕立てるモデリスタのカスタマイズパーツが登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事