新型カローラ/カローラ・ツーリングのOEタイヤとしてブリヂストンの「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」が選定

ブリヂストン トランザ

●世界基準の走りを獲得した新型カローラの足元を支えるブリヂストン

「TNGA」と呼ばれるアーキテクチャにより世界基準の走りを獲得した新型トヨタ・カローラ(セダン)とツーリング。ブリヂストンは、新型カローラ、カローラ・ツーリングの新車装着用タイヤとして「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」を納入したと発表しました。

トヨタ カローラ
トヨタ・カローラの新車装着タイヤに「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」を選定

「ECOPIA(エコピア)」は、ウェット性能や操縦安定性能などタイヤに求められる性能を高次元で維持しながら、転がり抵抗の低減を追求したタイヤブランド。今回装着される「ECOPIA EP150」は、転がり抵抗の低減を図りつつ、ウェットグリップ性能や静粛性を確保したパターンが採用されています。採用されるサイズは、195/65R15 91Hと205/55R16 91Vの2つ。

ブリヂストン エコピア
ブリヂストンの「ECOPIA EP150」

一方の「TURANZA(トランザ)」は、ロングドライブでの快適性と高速運動性能を高次元でバランスさせたブランドで、今回装着される「TURANZA T002」は、新トレッドゴムを採用。転がり抵抗の低減を図るだけでなく、操縦安定性能と静粛性、乗り心地を高次元で両立させたタイヤになっています。サイズは215/45R17 87W。

ブリヂストン トランザ
トヨタ・カローラにOEタイヤとして納入される「TURANZA T002」

ブリヂストンは、「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」のOEタイヤ化により、新型カローラ、カローラツーリングの特徴である「スポーティなスタイル」「上質な乗り心地」「さまざまなドライブシーンでのブレーキ性能」「優れた燃費性能とゆとりある走りの追求」に貢献するとしています。

同社は今後も「ECOPIA」と「TURANZA」の展開、新車装着タイヤの拡大を積極的に推進する構えです。

(塚田勝弘)

『トヨタ・カローラ』の最新記事
低重心・スポーティ・ダイナミックで個性は打ち出せるのか? 新型カローラのロバストなデザインとは
11代目カローラ外観01
ボディそしてエンジン排気量をダウンサイジング。原点回帰した11代目カローラ【新型カローラ登場記念】
10代目カローラ外観01
メインユーザー層を意識し安全装備を充実させた10代目カローラ【新型カローラ登場記念】
9代目カローラ外観01
新世紀に向けてすべてを一新。新しい価値を提供した9代目カローラ【新型カローラ登場記念】
8代目カローラ外観01
バブル崩壊後の低迷する世相を反映して強いコスト意識を打ち出した8代目カローラ【新型カローラ登場記念】
ブリヂストン トランザ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事