【新車】トヨタ・クラウンに「こがね」色の内装色を選択できる特別仕様車「Elegance Style」が設定

●“C package”相当の安全・快適装備を搭載した特別仕様車「Elegance Style」

2019年現在、日本で最も売れているセダンは、自販連の販売データによるとトヨタ・カローラ(※フィールダーも含む)で、続くのが日本を代表する高級セダンであるクラウン。なお、2018年4月〜2019年3月まででは58,548台で16位。17位は56,872台でノアですから、人気ミニバンよりも売れています。

2019年7月8日、トヨタ・クラウンに特別仕様車の「S“Elegance Style”」(2.0L ガソリン車、2.5L ハイブリッド車)、「S Four“Elegance Style”」(2.5Lハイブリッド車)が設定されました。

ベース車は「S」「S Four」で、特別仕様車らしく内・外装に上質感を高める特別装備が用意されています。エクステリアはハイパークロームメタリック塗装の18インチノイズリダクションアルミホイール&センターオーナメントと、メッキ加飾が施されたアウトサイドドアハンドルが特別装備され、エレガントで高級感のあるスタイリングが演出されています。

インテリアは質感にこだわった仕様で、内装色にはブラックとジャパンカラーセレクションパッケージで選択可能な「こがね」を用意。なお、「こがね」は黄金をイメージしたキャメル系の色です。注文時に指定が必要で、指定がない場合はブラックになります。上記2色を設定。

シートはスエード調で上質素材の「ブランノーブ」と合成皮革の組み合わせとされているほか、ドアトリム、インストルメントパネル、センターコンソールのサイドには、同じくスエード調で手触りのよい「グランリュクス」が用意されています。

さらにセンターコンソールパネルには、美しい木目が特徴的な黒木目(欅調)を新たに用意され、上質でエレガントなキャビンに仕立てられています。

また、快適・安全装備であるブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ)などをセットにした“C package”相当が装備されています。

特別仕様車「S“Elegance Style”」の2.0L(2WD)の価格は4,980,960円。2.5Lハイブリッド仕様は5,196,960円。4WDのみの「S Four“Elegance Style”」は5,412,960円です。

(塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事

「東京2020オリンピック・パラリンピック」の会場内を走る専用EV「APM(Accessible People Mover)」をトヨタが初公開
トヨタ・プリウスPHVにブリヂストンが「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」を納入
マークレスグリルなど特徴的なスタイリング。ローウェンが強面仕様のトヨタC-HRを初公開
全身ソーラーパネルのプリウスPHVが登場。公道走行実証実験で実施
【新車】トヨタ・ポルテ/スペイドが一部改良。安全装備の強化と特別仕様車を設定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事