トヨタが初めてミャンマーに車両生産会社を設立、ピックアップのハイラックスを現地生産

●トヨタが新車需要が伸びているミャンマーで現地生産をスタート

トヨタはミャンマーにおいて、同社初となる車両生産会社「Toyota Myanmar Co., Ltd.(以下、TMY)」を設立し、2021年2月からハイラックスを現地生産すると発表しました。

ミャンマーの自動車市場は、経済の発展により新車需要が大幅に伸びています(18年市場:約1.8万台、前年比2.1倍増)。トヨタは現在、ミャンマーにおいて、輸入によりハイラックス、ヴィオス、ラッシュなどの車両を販売しているそうで、今後も着実に拡大する市場を見据え、本年6月に「TMY」を設立し、拡販を目指すのが狙い。

TMYの新工場は、最大都市ヤンゴンの南部近郊に位置するティラワ経済特区が建設予定地で、投資額は約5,260万米ドルを見込んでいます。

新規雇用は約130人の予定で、2021年の稼働当初はSKD(セミノックダウン方式)でハイラックスを年間能力約2,500台で生産予定としています。なお、トヨタ・ハイラックスは、パキスタン、マレーシア、タイなどでも生産されています。

(塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタ「アクア」が今春フルモデルチェンジ! デビュー後10年のロングセラーモデル
豊田社長が明かした「次期クラウン」のモデルチェンジに関する興味深い内容とは?
トヨタ C+pod
超小型EVのトヨタ「C+pod(シーポッド)」は航続距離150km、価格は165万円〜
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事