びっしりと敷き詰めカラービーズに驚愕! こんなモンキー見たことない【モーターサイクルショー注目TOPICS】

■関西のスペシャルショップがカスタムしたド級なモンキー&ゴリラ

●もん吉屋Sato

関西は、いわゆる4MINI……モンキーやゴリラといった4ストローク50ccエンジンを搭載したミニバイクのカスタムが盛んです。大阪市にショップを構えるもん吉屋Satoは、大阪モーターサイクルショーに3台のモンキー&ゴリラを出展していました。

最も目を引いていたのは、タンクやフェンダーにビッシリとカラービーズが貼られたモンキーです。じつは、もん吉屋Satoの代表である足立さんは服飾関係の卸業が本業で、そこからひらめいたアイデアなのだとか。その制作作業にかかった期間は、なんと約半年!とのことです。

そんなインパクト大な外装に目を奪われがちですが、このモンキー、中身もかなりの本気仕様となっています。エンジンはSP武川の124ccコンプリートエンジンを搭載し、吸排気系はミクニのTMRφ34キャブレターとオーヴァーレーシングのフルチタンメガホンマフラーをチョイス。
 

車体はGクラフトのGC-019アルミフレームとトラススイングアームに換装され、足まわりも10インチ化とともに前後ディスク化&ブレンボキャリパー装着など抜かりなし、です。ショーモデルとのことですが、本気で走れる仕様となっています。
 

こちらのゴリラは、SP武川の106ccボアアップキットと5速クロスミッションを搭載。アピールポイントはリヤのブレンボキャリパー。対向2ピストン採用で、その形状から「カニブレンボ」と呼ばれる4MINIカスタムではメジャーなアイテムを装着しています。

同じく、SP武川の106ccボアアップキットと5速クロスミッションをおごられたゴリラ。キャブレターはヨシムラのTMRφ28キャブレターを組み合わせで、シートはRECAROのロゴ入りの生地に張り替えられています。

もん吉屋Satoのブースで、便利アイテム「レバーロック」を発見しました。トランポ積載時やバイクの整備時に、ブレーキレバーをしっかりと固定してフロントブレーキをかけた状態をキープしてくれます。長さ調整が自由自在なので、ディスクブレーキだけでなくドラムブレーキにも使用可能なのがポイントです。また、長期保管の際にクラッチレバーに使用すれば、クラッチの貼り付き回避にも役立ってくれます。
 

(長野達郎)

『ホンダ・モンキー』の最新記事
ホンダ・モンキー・ヒストリー第3回タイトルバック
まさかの生産終了…そして125ccになって奇跡の復活!【ホンダ・モンキーHISTORYその3】
ホンダ・モンキー・ヒストリー第2回タイトルバック
スポーティな「R」やオフ風の「BAJA」など新たなファミリーも続々登場!【ホンダ・モンキーHISTORYその2】
ホンダ・モンキーヒストリー第1回タイトルバック
モンキーの名前の由来は「野猿街道」でテストしたから!?【ホンダ・モンキーHISTORYその1】
ホンダ・モンキー125にブルー系の新色が登場! クールに乗るならコレで決まり!!
モンキー125のカスタムユーザー待望のアルミフレームがGクラフトから登場!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事