トヨタが2019年モータースポーツ活動内容を発表、スープラの実戦デビューはニュルブルクリンク!

●スープラの実戦デビューは「もっといいクルマづくり」の原点の地

2019年2月7日、TOYOTA GAZOO Racingの2019年における活動計画が発表されました。

東京オートサロンでGRスープラのSUPER GTコンセプトが展示されましたが、既報の通りスープラのSUPER GTへの投入は2020年より。2019年はレクサスのラストイヤーとして6台のLC500がGT500クラスにエントリーすることが発表されました。なお、GT300クラスへは2台のプリウスと3台のLEXUS RC F GT3が参戦するということです。

全日本スーパーフォーミュラ選手権にはTRDより直列4気筒2リッター直噴ガソリンターボのレーシングエンジン「Biz-01F」を6チーム11台に供給します。ドライバーラインナップに若干の変化はあっても、大きな体制としてはほとんど踏襲している印象です。

2018年にル・マン24時間耐久を制したWEC(世界耐久選手権)スーパーシーズン、すでに開幕戦を終了したWRC(世界ラリー選手権)といったワールドチャンピオンシップのカテゴリーもマシンについては大きな変更はありません。これだけ話題になっているスープラの復活ですが、モータースポーツへの参戦は来年度からとなりそう……と思っていたら、さらりとビッグニュースが発表されました。

TOYOTA GAZOO Racingの 「もっといいクルマづくり」の原点といえるニュルブルクリンク24時間耐久レースに、2019年はLEXUS LC(予定 : SP-PROクラス)と SUPRA(予定 : SP8Tクラス)の2台体制で参戦するというのです。市販車に近いカテゴリーといえるニュルブルクリンクのレースにスープラが参戦することで、世界のライバルとのパフォーマンスにおける関係も見ることができそうです。

しかも、スープラのドライバーの一人として佐々木雅弘選手の名前が記されているのも注目です。レースでの活躍はもちろんですが、チューニングカーのタイムアタッカーとしても乗りに乗っている佐々木選手は、スープラの”改造車”でどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。

(山本晋也)

『トヨタ自動車』の最新記事

日本「復活」もある? 4代目となる新型トヨタ・ハイランダーが世界初公開【2019ニューヨーク国産オートショー】
トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】
トヨタ自動車がハイブリッド(燃料電池含む)技術の特許実施権の無償提供、技術サポートを発表
トヨタがハイブリッド技術の関連特許を無償開放。その理由とは?
トヨタのAI子会社がEV用バッテリーの「高精度寿命予測」を実現

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事