【2代目マークX GRMN】V6 3.5Lエンジンに専用6MTをセット。カーボンルーフも用意したファクトリーチューン

マークX GRMNをF1参戦経験もあるレーシングドライバー・井出有治選手が乗りましたので報告してもらいます。

場所は袖ヶ浦フォレストレースウェイです。

エンジンは、回転がストレスなく上がっていく感じが気持ち良いものでした。音もリニアに上昇していくのがいいですね。
6速MTもシフトチェンジをした際のゲートに入る感じが気持ちよく、サーキットを走る上でもシフトチェンジ動作で(走行に)リズムをつけることができました。楽しく走ることができる環境になっています。
また、ボディ剛性の高さは走り始めてすぐに気づきました。今日は初代マークX GRMNとも乗り比べたのですが、この2代目での剛性アップははっきりわかります。特にハイスピードコーナーで荷重が大きくかかるようなコーナーでもきちんと車体が、その重さを受け止めてくれていることが実感できました。
ドライバーがステアリングを切った際に(ボディ剛性があがっているおかげで)敏感に反応してくれますし、ブレーキング時も車体が安定してます。
いつでも安心感が高いので市街地からサーキットまで、余裕を持って楽しめると思いますよ

●主要データ
エンジン形式:直列6気筒NA
排気量:3456cc
最高出力:318ps/6400rpm
最大トルク:38.7kgm/4800rpm
トランスミッション:6速MT
全長・全幅・全高:4795・1795・1420mm
ホイールベース:2850mm

(写真・動画・文/ウナ丼)

『トヨタ自動車』の最新記事
マイナーチェンジで追加されたトヨタ・C-HRの「GR SPORT」をチェック【新車】
トヨタ・C-HRがマイナーチェンジ。よりスタイリッシュな外観に変身し、待望の「GR SPORT」を新設定【新車】
TOYOTA GAZOO Racingのノウハウとダイハツの開発力が融合! ダイハツ・コペンに「GR SPORT」が追加設定
トヨタから「コペン GR SPORT」が登場。「GR SPORT」の名にふさわしいチューニングと内・外装デザイン
トヨタが東京オリンピック・パラリンピックで走らせる低速自動運転用の電気自動車「e-Palette」の実車を公開【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事