【新車】6MT仕様の限定車「Fiat 500S Manuale」が100台限定で登場

数多くの限定車が登場しているフィアット500。2019年1月12日(土)から「500S Manuale(チンクエチェントエス・マヌアーレ)」が100台限定で発売されます。

同限定車は、イタリア語で“自ら操る”を意味するという「Manuale」という車名が与えられていて、コンパクトできびきびと走るチンクエチェントらしい個性に加えて、スポーティな雰囲気も醸し出しています。

「500S マヌアーレ」は、85ps/145Nmのアウトプットと独特のエンジンフィールが特徴の2気筒ターボTwinAir(ツインエア)エンジン搭載車がベースで、MTとの組み合わせにより、シフトレバーを操って楽しめるスポーティなモデルに仕上がっています。ツインエアには、MTの組み合わせが最適なだけに、走りを楽しみたい人には最適といえそう。

エクステリアは、標準モデルとは異なるスポーティな雰囲気が漂うフロント/リヤバンパー、およびサイドスカート、リヤルーフスポイラーのほか、サテングレー仕上げのエクステリアパーツ、クローム仕上げのエキゾーストパイプフィニッシャー、ダークグレーのアルミホイールなどにより、軽快さを表現。

内装には、レザースポーツステアリングホイールや専用シフトノブ、 専用デザインのファブリックシートなどが用意され、スタイリッシュなデザインに加えて、触感にもこだわったというスポーティモデルらしい仕上がりになっているそうです。

ボディカラーは、限定車専用色の「ポンペイ グレーメタリック」で、内装はホワイト/ブラックの組み合わせ。Fiat 500S マヌアーレの価格は2,410,000円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。