【ロサンゼルスオートショー2018】顔が変わった! 北米でプリウスが大胆マイナーチェンジ

●ずいぶんスッキリしちゃったね。

ロサンゼルスオートショーでのトヨタの大きなトピックといえば、カローラのフルモデルチェンジとプリウスのマイナーチェンジ。プリウスは、日本よりもひとあし先にマイナーチェンジを実施した新型が発表されたのでした。

で、その新型プリウス。顔つきがずいぶんとスッキリしましたね。ヘッドライトとバンパーが新デザインになり、まるで涙のように下に垂れていたヘッドライトは誰にでも受け入れやすい自然な形状になった気がします。フロント同様に大幅に手直しされたお尻は、縦長だったテールランプが横基調となりました。マイチェン前後でここまでデザインが変わったプリウスは、歴代で初めて。

ところで、写真のプリウスはどうしてスノーボードを積んでいるのか?

実は、北米仕様に4WDが追加されたのでした。プレゼンテーションした北米トヨタの副社長ジャックホリス氏は「これからはプリウスでスノボに行けるぜ!」とノリノリで強調。システム自体は、日本のプリウス4WDと基本的に同じだそうです。日本では北海道や東北で重宝がられているプリウスの4WDが、北米でどう受け入れられるのか興味深いところですね。

そういえば、日本ではいつマイチェンするのでしょうか。きっと北米仕様の新型と同じデザインになるのだと思いますが。

(工藤貴宏)

『トヨタ自動車』の最新記事

「東京2020オリンピック・パラリンピック」の会場内を走る専用EV「APM(Accessible People Mover)」をトヨタが初公開
トヨタ・プリウスPHVにブリヂストンが「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」を納入
マークレスグリルなど特徴的なスタイリング。ローウェンが強面仕様のトヨタC-HRを初公開
【新車】トヨタ・クラウンに「こがね」色の内装色を選択できる特別仕様車「Elegance Style」が設定
全身ソーラーパネルのプリウスPHVが登場。公道走行実証実験で実施
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事