【SUPER GT 2018】第7戦オートポリスはK-tunes RC F GT3が今季2勝目を飾る

10月20〜21日に大分県のオートポリスで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 7 AUTOPOLIS GT 300km RACE」。優勝は96号車K-tunes RC F GT3で今期2勝目を挙げました。

決勝のスタートする21日の午後2時ころは晴天に恵まれ、前日の予選スタート時に比べれば少し暖かい17℃と言う気温。路面温度も若干高い35℃となっています。

ポールポジションは25号車HOPPY 86 MC。昨年に引き続きこの25号車が2年連続でポールポジションからのスタートとなります。

セカンドグリッドは10号車GAINER TANAX triple a GT-R、3番グリッドにはマッハ車検 MC86 Y’s distractionと続きます。特に3番グリッドのマッハ車検 MC86 Y’s distractionはルーキー平木湧也選手が大健闘し、これまでの予選最上位だった前戦SUGOでの4位を上回る予選3位は成長著しいと言えるでしょう。

坂口夏月選手と平木選手にとっては初めての壇上での選手紹介。平木選手は「あの場所、気持ちいいですね。決勝の後もあの場所にいたい」と語っています。

予選4番手は前戦SUGOを優勝した61号車SUBARU BRZ R&D SPORT。そして5番手は開幕当初2連覇を狙うと発言して注目のチャンピオンゼッケン0号車のグッドスマイル 初音ミク AMGと続きます。

華やかながら緊張感の漂うグリッドウォーク。そのグリッドの先頭にはパレードランのための大分県警の白バイやパトカーが並んでいます。

そして午後2時ころ白バイやパトカー先導のパレードラン、フォーメーションラップに続いてスタートが切られます。

HOPPY 86 MCがスタートからリードをかなり広げ、GAINER TANAX triple a GT-Rとマッハ車検 MC86 Y’s distractionそれに続きます。その後ろでは、SUBARU BRZ R&D SPORTにグッドスマイル 初音ミク AMGが迫ります。

しかし、どうしたことかグッドスマイル 初音ミク AMGはその後4周目にピットインでタイヤを交換。下位に低迷してしまいます。

序盤に活躍して見せたのはマッハ車検 MC86 Y’s distraction。8周目にはGAINER TANAX triple a GT-Rを抜いて2位に浮上する大健闘を見せます。

ところがGT500のトップが20周目に入るころ、第3セクター中盤で30号車TOYOTA PRIUS apr GTがコースアウトしコース際でストップ!この処理によりセイフティーカー(SC)が入ってしまうことになります。

SUPER GTでSCが導入されると、メインストレートで各クラスがそのときの順位順に整列されてからの再スタートとなるため、前走車の築いたリードは帳消しになってしまいます。そこでSC解除後は熾烈を極めた順位争いが繰り広げられることとなります。

特に熾烈を極めたのはSUBARU BRZ R&D SPORTとK-tunes RC F GT3、そしてModulo KENWOOD NSX GT3を交えた3位争い。しかし、このままでは埒が明かないと判断したModulo KENWOOD NSX GT3はGT300の25周目にピットイン。続いてSUBARU BRZ R&D SPORTもピットインをしていきます。

わずかに作業時間の早かったModulo KENWOOD NSX GT3はSUBARU BRZ R&D SPORTよりも先にピットアウトすることに成功します。

一方、暫定のトップに立ってから39周目にピットインをしたK-tunes RC F GT3。コース復帰後にはすぐにトップを奪取。ここから一気に逃げ切りの戦法をとっていきます。

そしてレース終盤に注目されたのが熾烈を極めた3位争い。3位を走るGAINER TANAX GT-RにModulo KENWOOD NSX GT3が襲い掛かります。何度かスリップストリームを使って抜こうとするCの大津弘樹選手に百戦錬磨のGAINER TANAX GT-Rの平中 克幸選手は見事なブロックを繰り返しますがタイム的にはModulo KENWOOD NSX GT3が有利。

そしてラスト4周の第一コーナー。ギリギリまで我慢をしながら一気にスリップストリームを抜け出し第一コーナーのイン側から一気にGAINER TANAX GT-Rの前に出たModulo KENWOOD NSX GT3。これで3位浮上です。

優勝はピットタイミングを絶妙に捉え、トップのまま逃げ切ったK-tunes RC F GT3。

まさに作戦がちと言える戦法で今期2勝目を飾ります。

2位には87号車リーガルフロンティア ランボルギーニGT3、そして3位にはModulo KENWOOD NSX GT3。ともに今季初表彰台となります。

予選上位陣がすべて脱落し下位から粘り強く順位を上げてきたチームが表彰台を飾った今回のオートポリス戦。まさにNever Give Up!という場面を見せてくれたのではないでしょうか?

次戦は11月10,11日、いよいよ最終戦のツインリンクもてぎ「2018 SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」。チャンピオンの可能性を残すチームが6チームと言う熾烈な戦いが繰り広げられます。

(写真:吉見幸夫 文:松永和浩)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事