【新車】フィアット500/500Cにサファイアの輝きを放つ限定車「Zaffiro」が登場

輸入Bセグメントの定番モデルであるFiat 500(チンクエチェント)には、カブリオレモデルの500Cも設定されています。リバイバル系のライバルといえるMINIシリーズの多くが大型化するなか、フォルクスワーゲンup! とともに貴重な輸入スモールモデルといえます。

2018年10月13日(土)からFiat 500とFiat 500Cに設定される限定車「500/500C Zaffiro(ザッフィロ)」は、イタリア語で「サファイア」を意味するという「Zaffiro」が由来。

宝石のような輝きを放つブルーの専用ボディカラーに、上質なブラウンのフラウ社製レザーシートの組み合わせにより、ベース車とはひと味違ったエレガントなムードが醸し出されています。

特別なカラーコンビネーションに加えて、専用デザインの16インチアルミホイールやクローム仕上げのエクステリアミラーハウジングによって、上質さも強調。

ベース車は、直列2気筒ターボの「TwinAir(ツインエア)」エンジン搭載車「TwinAir Lounge(ツインエア・ラウンジ)」で、上質なデザインと小気味よい走りが魅力。5速シングルクラッチトランスミッションの「デュアロジック」との組み合わせで、85ps/145Nmというアウトプットを得ています。

印象的なボディカラーは、先述した専用色で「エピックブルー(内装色ブラウン/アイボリー)。限定台数は、2,690,000円の「Fiat 500 Zaffiro」が限定100台、2,890,000円の「500C Zaffiro」が限定30台です。

Fiat 500 Zaffiroはもちろん、とくに30台限定の500C Zaffiroは、個性的でエレガントなコンパクトオープンを求めるニーズに応えてくれそうです。

(塚田勝弘)

『フィアット』の最新記事

【アバルト695Cリヴァーレ試乗】バッチーン!と弾けるように加速し、曲がる。元気の良さが愉しい
【新車】フィアット500/500Cに特別色「オペラボルドー」をまとった限定車「コレッツィオーネ」を設定
【新車】6MT仕様の限定車「Fiat 500S Manuale」が100台限定で登場
【新車】フィアット500を上質に仕立てた240万円の限定車「Fiat 500 Lusso」が登場
【新車】人気限定車の4WD+6MT仕様が再登場。「Fiat Panda 4×4 Italiana」はイタリアンな3色を設定

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事