タイでもっともシェアを持つトヨタはフルラインアップでお客様をお出迎え【バンコク・モーターショー2018】

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのトヨタの出展の様子です。

トヨタは乗用車・ピックアップトラックなどを合計した販売台数で25万台前後を販売(レクサスを除く)し、タイ国内でもっともシェアを獲得しているブランドです。

大きなシェアを持つブランドだけに車種を絞ったような展示ではなく、さまざまな層に対応した展示となっていました。メインステージには正規輸入が開始されるC-HRのモデリスタバージョンが飾られました。

昨年、日本にも輸入が開始され順調な台数を売り上げているハイラックスはタイで生産されているモデルです。タイにはさまざまなタイプのハイラックスがラインアップされています。

コンパクトモデルではヤリスとヤリス・エイティブ、ヴィオスといったモデルが目立ったところです。欧州でヤリスといえば国内ヴィッツのことですが、タイのヤリスはホイールベースが40mm長い2550mmで、全長も4mを超えて4145mm、全幅も1730mmと広くなります。搭載されるエンジンは1.2リットルです。

ヤリスが5ドアハッチバックなのに対し、4ドアセダンとしたモデルがヤリス・エイティブです。ヴィオスはヤリス・エイティブよりも少し大きなセダンで、1.5リットルエンジンを搭載します。

多人数乗車が可能なモデルについても人気が高いモデルで、イノーバとフォーチュナーが展示されていました。両車ともにIMVと呼ばれる共通性のあるフレームを用いたモデルです。イノーバはミニバンにカテゴライズ、フォーチュナーはSUVにカテゴライズされていますが、いずれも3列シートを持ち、多人数乗車を可能にしています。

タイのモーターショーでは即売も行われていますので、各社ともにバックステージに商談スペースを用意しています。トヨタの商談スペースは広大で、飲み物やスナックなどのホスピタリティも充実している印象を受けました。また、ハイブリッドシステムを体感できるVR装置なども置かれているのが他社とちょっと違う部分でした。

(文・写真:諸星陽一)

『トヨタ自動車』の最新記事
「日本発」にこだわるトヨタの気持ちが日本の産業界を変える
東京オートサロン2020
モデリスタの表現力にTRDの速さがプラス! 「こんなエコカーあったら即買い」がカタチになった最強のプリウスPHVが爆誕!【東京オートサロン2020】(PR)
トヨタがアメリカでの投資を拡大し、生産車種も変更へ
トヨタ グランエース
トヨタ・グランエースの優れた乗り心地、操縦安定性に寄与するブリヂストン「デュラビス」【新車】
いよいよ「空飛ぶクルマ」が登場!? トヨタがeVTOL開発で空のモビリティ実現へ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事