マツダ・CX-8のトータルチューニングキットがオートエグゼから新登場。コンセプトは「ザ・スポーツリムジン」

ミスタールマンこと寺田陽次郎氏が率いるオートエクゼは、マツダ車のチューニングパーツを開発するスペシャリストとして知られています。そのオートエグゼが国内のフラッグシップモデルとして2017年にデビューしたマツダCX-8用チューニングキット「AutoExe KG-06」をリリースしました。

コンセプトは「ザ・スポーツリムジン」。オートエグゼのポリシーである「感性チューニング」を追求して、前後スポイラーや左右4本出しのスポーツマフラーなどを開発しています。

乗り味のキーとなるストリートスポーツサス・キットは「AutoExe KG-06」の中軸といえる存在。ロールの過渡特性を磨き、曖昧さのないハンドリングを追求しています。

ボディ補強やブレーキの強化パーツをラインアップしているのも、専業メーカーならではです。さらに新意匠のマークレスグリルが360°ビューモニターやミリ波レーダーといった機能に対応するデザインなのも注目です。

 

●商品ラインナップとメーカー希望小売価格(消費税抜き)
フロントアンダースポイラー 78,000円
フロントグリル 62,000円
リアルーフスポイラー 78,000円
マフラーガーニッシュ 28,000円
スポーツサイドバイザー 21,500円
ローダウンスプリング 45,000円(車高-30mm)
ストリートスポーツサス・キット 開発中
ストラットタワーバー 24,000円
センターフロアバー 28,000円
フロアクロスバー 16,000円
メンバーブレースセット 62,000円
ラムエアインテークシステム 108,000円
インテークサクションキット 24,000円
スポーツマフラー 115,000円
エグゾーストチャンバーキット 65,000円
ストリートスポーツブレーキパッド 15,000円
スポーツステアリングホイール 38,000円
シフトノブ 14,800円

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事