0-100km/hを1秒921!市販予定の日本発ウルトラEVが大記録を達成。気になる予想価格は?

2月11日の13時20分頃、栃木県鹿沼市の特設テストコースにおいて、世界一速い自動車を目指すASPARK OWLが0-100km/h加速で1秒921というとんでもない記録を達成しました。

ガソリンエンジンで換算すると1000馬力を超えるモーターを搭載するowlの開発車両。特設コースで0-100km/h加速の記録で2秒を切るということを目標に走行を開始しますが、なんと1本目で1秒921という記録を打ち出し目標達成!

自動車史上に名を残す大記録を達成するために走行前の準備も万全に行っての今回の記録。この性能を維持したまま市販を目指すということです。

この大記録達成にASPARKの代表である吉田眞教さんも大歓喜!祝福のシャンパンも登場!

ASPARK OWLは2017年のフランクフルトショーでコンセプトモデルが発表され、市販化を目指して現在開発が進む電気自動車のウルトラスポーツカー。電気モーターのみで4輪を駆動するピュアEVで世界最速の市販車を目指しますが、その予想販売価格は4億6千万円!世界限定50台での販売を予想しています。

そのASPARK OWLの詳細と今回の大記録の過程については後ほど詳しくお知らせいたします。

(写真・文:松永和浩)

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。