【JAPANキャンピングカーショー2018】ホワイトハウスが新型N-BOXをベースとした「N BOX Camper Neo」を初公開

ホンダ車を中心に、トヨタ・ヴォクシーなどミニバンのポップアップルーフを数多く展開しているホワイトハウス。ほかにもハイエースをベースとしたキャンパーを数多く用意しています。

「JAPANキャンピングカーショー2018」で注目を集めていたのが、新型ホンダN-BOXをベースとした「N BOX Camper Neo」。同社ではN-BOXプラスやバモスをベースとした軽キャンパーを世に送り出していて、軽キャンパーの制作でも定評があります。

仕様はポップアップルーフ仕様(4名乗車/4人就寝)を2グレード用意するほか、通常ルーフ(4人乗車/2人就寝)を設定。運転席のフロント回転機構(参考出品)や折りたたみ式フラッドベッドを全車にオプション設定するなど、ニーズに応じてオプション装備をチョイスできます。

また、ポップアップルーフ仕様の「POP HOT Package」、標準ルーフの「HOT Package」には、エアヒーター、サブバッテリー、走行充電システム、DC室内ソケット、室内照明、全窓プライバシーカーテン(POP HOT Packageに標準)、専用エンブレム、ドライブレコーダーを標準装備。

なお、撮影車両のボディカラーは6万円(ノーマルルーフは3万円)のオプションで、価格帯は176万8000円〜302万1000円。なお、展示車両はG・EXがベース(ターボ/2WD)で、上記装備のほか、ダイニングテーブル、外部充電システム、スライド&リヤゲートネットなどが搭載され、価格は273万1000円です。

(文/写真 塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事