【新車】ヴェルファイア/アルファードに採用された第2世代「Toyota Safety Sense」のポイント

具体的には、昼間の自転車や夜間の歩行者の検知機能が追加された衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティ」、「レーダークルーズコントロール」作動時に車線維持に必要な運転操作の支援が行われるほか、車線から逸脱する可能性がある場合、警告に加えて車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作支援をする「レーントレーシングアシスト(LTA)」、「ブラインドスポットモニター(BSM)」が用意されています。

プリクラッシュセーフティの作動条件は、対車両が約10〜180km/h、対歩行者が約10〜80km/h、対自転車が約10〜80km/h。

従来型も設定されていましたが、先述したとおり、設定車速内で先行車に合わせて速度を調節し、一定の車間距離を保ちながら追従走行が行える「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」も用意。

ほかにも、先行車や対向車を遮光しながらハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム(AHS)」、カメラで検知した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示する「ロードサインアシスト(RSA)」、先行車の発進に気がつかない際に知らせてくれる「先行車発進告知機能(TMN)」も追加されています。

ヴェルファイア/アルファードの価格帯は、3,354,480円〜7,508,160円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。