大型トラック・バスの自動ブレーキ必須、2014年11月から新型車に義務化

この画像はイメージです。自動運転も可能にしたメルセデス・ベンツの未来のトラックコンセプト。果たしてトラックの未来はどうなるのでしょう?

Mercedes-Benz Future Truck 2025 

 高速道路でトラックが乗用車に追突、炎上する事故が話題になっています。

こうした事故を受けて、「すでに乗用車では追突事故を防ぐ衝突被害軽減ブレーキが実用化されているのに、トラック業界は何をしているんだ!」という憤る声もあがっているようです。

たしかに、事故原因が機械的な故障ではなく、ドライバーのミスなどに起因するものだとすれば、衝突被害軽減ブレーキによって追突・炎上という事故は防ぐことができたかもしれません。

もちろん、国土交通省をはじめとする自動車業界は、その対応を進めています。すでに2012年には世界に先駆けて、総重量が22tを超える大型貨物や、車両総重量が13tを超えるトレーラーへの衝突被害軽減ブレーキ義務化が発表されています。また、車両重量12tを超える高速バスへの義務化も発表されています。

 

その義務化が始まるのは平成26(2014)年11月1日。間もなくです。

とはいえ、衝突被害軽減ブレーキの装着義務の対象は新型車であって、大型トラック・バスの継続生産車の装着義務化は平成29(2017)年9月1日以降。当然、すべての大型トラック・バスに衝突被害軽減ブレーキが備わるのはまだまだ先の話ですが、確実に事故を減らす方向へ進んでいるといえましょう。

 

■関連記事

MLIT_precrash_standard
世界に先駆けて大型貨物、トレーラーに衝突被害低減ブレーキが義務化!
https://clicccar.com/2012/03/14/123013/

 

02
国交省「自動ブレーキ」性能評価策定! 3種類の方式の特徴は?
https://clicccar.com/2014/03/01/247897/

 

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事