超稀少!「アバルト595」の50周年記念車を日本に50台限定導入

アバルトは現在でこそフィアット傘下ですが、オーストリアからイタリアに移住したカルロ・アバルトが起こしたレーシングカーやチューニングメーカーとして名を馳せたスペシャリストとして知られています。フィアット傘下とはいえ、昔からのアバルトのファンなら、カルロ・アバルトの星座がサソリ座(スコルピオーネ)のために作られたエンブレムを見るだけで心が高鳴るはずです。

abarth595_50th_anniversary_01

さて、10月15日より予約受注を開始し、来年4月以降に発売される「アバルト595 50th Anniversary」は、1963年にトリノモーターショーで披露された「FIAT ABARHT595」の50周年を記念した限定車。

abarth595_50th_anniversary_02

595由来のモチーフを内・外装に盛り込んだ特別なデザインとクラシックなロゴなど、細部にまでこだわって仕上げられています。

エンジンは1.4Lの直列4気筒DOHCターボをチューニングすることで、180ps/250Nmまで高められていて、フェラーリの名を冠した「アバルト695 エディツィオーネマセラティ」「アバルト 695 トリブートフェラーリ」と同一。

当然ながら595シリーズでは最高のスペックで、クイックなシフトとした、パドルシフト付、ATモード付5ATシーケンシャルトランスミッション「アバルト コンペティツィオーネ」を組み合わせています。

エクステリアでは、オリジナルにちなんだ「Fiat Abarth 595」のサイドストライプを装着し、躍動的な赤いライナーで装飾された17インチのアルミホイールが特徴。

abarth595_50th_anniversary_03

オリジナルのシートを現代的に再解釈した赤と白の本革スポーツシートを採用し、ダッシュボードとコーディネートされたインテリアもまたかなり刺激的な仕上がり。さらに、赤のアクセントとセンターポジションの入った黒いレザーのステアリングホイールとブレーキペダルの両方をヒストリックロゴが飾っているなど、50台限定車らしい希少価値の高い内容になっています。

ボディカラーはパールホワイトのみで、シートカラーはホワイト/レッド、価格は484万9200円です(消費税8%含む)。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。