F1復帰記念!? ホンダN BOXに「鈴鹿スペシャル」特別仕様車

2015年シーズンからのフォーミュラ・ワン復帰を発表したホンダが、鈴鹿スペシャルという名前を持つ特別仕様車を発表、2013年5月16日から発売を開始しています。

「SS(Suzuka Special)パッケージ」と名付けられたのは、軽乗用車最大級の室内空間を誇るN BOXシリーズ。

「N BOX」「N BOX カスタム」と「N BOX +」「N BOX + カスタム」のベーシックグレードであるGタイプをベースに、自然吸気モデルではリア両側パワースライドドアやクロームメッキ(アウタードアハンドル/セレクトレバーボタン/エアコンアウトレットノブ/リング)などを装備。また、ターボ車をベースとした「ターボSSパッケージ」にはディスチャージヘッドライトやブラックインテリアを特別装備しています。

 

NBOX_SuzukaSpecial001

N BOXカスタムについては、加えて14インチアルミホイール(自然吸気エンジン車)、ピアノブラック調ガーニッシュ付き本革巻ステアリングホイール(専用シルバーステッチ)、本革巻セレクトレバー(専用シルバーステッチ)、LEDランプ(フロントマップランプ/ラゲッジルームランプ)なども装備されています。

NBOX_SuzukaSpecial002

メーカー希望小売価格は、139~189万円。もっともベーシックなグレードで比較して、G・Lパッケージから3万円高で両側パワースライドドアになるというのは、かなりお買い得な印象です。もちろん、燃費性能は自然吸気・FWDで24.2km/Lとベースモデル同様。また、N BOX+では2トーン仕様が選べるようになっています。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。