大人の懐ねらい打ち! フェラーリ&ロータスで、F1の歴史に触れてはいかが? 【タミヤ新商品】

その精密な作りからワールドワイドに支持されるタミヤのプラモデルですが、1/12スケールの大型F1マシンが復刻されます。

3月17日に登場するのはロータス72Dで、今年からF1でも完全復活? となったロータスが纏うブラック&ゴールドのJPSカラーが採用されたモデル。

従来の葉巻型から一転サイドラジエーターが採用されており、1972年にエマーソン・フィッティバルディの手によってドライバー&コンストラクターのダブルタイトルをゲットしたマシンです。

キットは燃料パイプや点火コードまで再現されたフォードDFVエンジンや、シートベルト、トーションバーを採用した前後サスペンション、そして仕上がりの精密感を演出するエッチングパーツも備わって、忠実に再現されています。

3月31日に発売となるフェラーリ312Bは、70年に活躍したマシンで水平対向12気筒エンジンを搭載。60年代後半より続いたフォードDFVへと反抗の狼煙を上げ、後にニキ・ラウダ等が活躍した312Tシリーズと続くレースカーです。

キットは、エンジンはもちろんブレーキやラジエーターコアなども忠実に再現されて、ロータス同様に精密感を高める金属製のエッチングパーツが備わって、誰でもハイクオリティに仕上げやすくなっています。

 

価格はロータスが9660円、フェラーリは1万80円。
近年は家電量販店や複合書店でも売られていますから、値引きやポイントも期待できます。
じっくりゆっくり、模型造りはいかがですか?

タミヤのオフィシャルサイトはコチラ
http://www.tamiya.com/japan/index.htm

(佐藤みきお)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事