スバル版はBRZに決定! サイオンはFR-S、けどトヨタ版はFT-86にならない?

富士重工業が8月23日、開発中のFRスポーツのネーミング「BRZ」を正式に発表しました。BRZとは「Boxer engine」のB、「Rear wheel drive」のR、「究極」のZの略。

そして以前に海外のショーに登場したScionブランド版はFR-S、つまり「Front engine」のF、「Rear wheel drive」のR、「Sports」のSの略で、米・カナダ向けに昨年5月27日に既に商標登録を済ませているようです。

では肝心のトヨタ版のハチロクのネーミングはどうなっているのでしょうか?先日富士スピードウェイで開催された86イベントで開発責任者の多田チーフエンジニアは「一部海外向けでは決まっているが、日本向けは未だ検討中」とコメントしていました。

とは言え、ハチロクの発売時期が2012年の3月と仮定した場合、車両用のエンブレム(ネームプレート)の金型製作リードタイムを考えると、流石に猶予が無い筈なので、当然決定済みとは思いますが・・・

トークショーの席で土屋圭市氏から「FT-86で良いのでは?もし違うなら買わないよ!」とまで言い切られた多田氏、一瞬動揺した様子でしたが、「FT」、つまり「フューチャー・トヨタ」は「全てのトヨタのコンセプトカーの頭に付けている記号」と解説されていましたので、どうやらFTは付かない可能性が高そうです。

昨年来、海外メディアに及んでは日本では「セリカ」の名が復活使用されるとの情報まで噂として流している状況。勿論、信憑性のほどは?ですが、これも100%無いとも言い切れません。案外トヨタの中でも土壇場まで関係者間で悩んだあげく、普通に「TOYOTA 86」に落ち着いているかもしれませんしね。

さて、このクルマのネーミング、貴方ならどんな名前が似合うと思いますか?

こちらも併せてお読み下さい。 https://clicccar.com/2011/08/08/49632

(Avanti Yasunori )

【画像がすべて見られない方は>>> https://clicccar.com/54356

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。