2013年からニューヨークのイエローキャブが日産NV200になります

日本人としては、素直にうれしいニュースが入りました。イエローキャブの愛称で親しまれているニューヨーク市のタクシーですが、2013年からすべて日産製が採用されることに決まりました。これは2年間に及ぶコンペの末に、フォードなど競合を打ち破っての正式採用。契約は10年間となり、車両は「NV200」をベースにしたタクシー専用車で価格は約29,000ドル(235万円)とのこと。

興味深いのが、専用装備の数々。日産の公式リリースによると

 

  • ニューヨークタクシー全体での排出ガス低減と燃費向上を狙う2リッター4気筒エンジン
  • 現行タクシーに対して大きく改善した、4名の乗客とその荷物のための十分ゆとりのある室内空間
  • ニューヨークの街中での騒音低減を図るべく、車外灯と連動することで警告音量を小さくしたクラクション
  • 乗り降りを容易にするスライドドア、乗降用の補助ステップと手すり
  • 見晴らしの良さを実現し、乗る人を開放的な気分にさせるパノラミックルーフ(シェード付き)
  • フロントのエアコンがOFFでも独立して運転ができる、ブドウポリフェノールクリーンフィルター付き後席エアコン
  • 本革調ファブリックを用いた、汚れにくく通気性の良い、抗菌仕様シート表皮
  • 乗客用の読書灯、および、所持品の確認をサポートする室内フロアの足元照明
  • 乗客用の電源コンセント(12V)とUSBプラグ(2つ)
  • 客室とのパーティション備え付け時でも快適な運転姿勢をサポートする、リクライニングとランバーサポート機能付き6段階調整可能運転席シート
  • 乗務員用ナビゲーションおよびテレマティクスシステム
  • などが装着されるとのこと。

    USBをどう活用するのかは不明ですが、タクシーの中で携帯電話の充電ができるのはとっても便利そう。あと、車外灯に連動し音量を小さくしたクラクションも興味深いところです。

    ただ、NV200は床が高めなので、年配の人の乗り降りには優しくないような気がしなくもありません。どうせなら少しローダウンさせたほうがいいかもしれませんね。

    (工藤貴宏)

     

     

     

    この記事の著者

    工藤貴宏

    工藤貴宏 近影
    1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。