熱い女の闘いもオモシロいD1ストリートリーガルでドリフトシーズン開幕【2011D1GP】

神業のような接近ドリフトが連発のD1ストリートリーガル PHOTO:D1コーポレーション

2011年のD1シーズンはD1ストリートリーガルとD1レディースリーグからスタートしました。

本来ならD1GPのお台場で開幕する予定だったD1シーズンですが、震災の影響で延期になったため、D1GPの下部カテゴリーになるD1ストリートリーガル(以下D1SL)がD1シーズンの開幕となったわけです。また、D1SLと併催される女性だけのD1競技、D1レディースリーグ(以下D1LL)も開幕戦を迎えました。

下部カテゴリーとはいえ、面白さでいえばD1GP以上ともいえるのが現在のD1SLです。その理由は、観客席とコースが近いミニサーキットで行われるため、非常に迫力があるのと、スピード域が低いため、D1GP以上の接近ドリフトが見られることです。

D1LLは、技術的にはD1SLよりも劣りますが、闘争心ムキ出しのバトルが見られるという点では、これまたD1SLに優るとも劣らない面白さです。

さて、岡山県の備北ハイランドサーキットで行われたシーズン開幕戦。昨シーズンの年間王者出ていませんが、昨年1年間競技を離れていた追走の名手・横井昌志が帰ってきました。それを迎え撃つ、D1SLのエース軸屋清文、田中省己。さらに地元ドライバーの薬師寺政宏らが超絶接近ドリフトの応酬を見せて、白熱した展開のすえに軸屋が優勝。初のチャンピオン獲得に向けて好スタートを切りました。

いっぽうのD1LLは、高度な接近ドリフトの対戦も見られるいっぽうで、ヒートアップしてのオーバラン、クラッシュも続出。昨年のチャンピオン久保川が優勝を決めたものの、ほかの選手たちも熱い走りを見せて、観客を興奮させてくれました。

ちなみに、このD1SLとD1LL、改造範囲が限定されているため、一般のドリフト愛好家も参加しやすい競技で、参加型のイベントとしても人気上昇中です。

熱い戦いが見られるD1レディースリーグ PHOTO:D1コーポレーション

4月24日には大分県のオートポリスでいよいよD1GPが、そして来月には、東日本と西日本に限定したD1SLである、D1SL東日本シリーズとD1SL西日本シリーズもはじまり、2011年のドリフトシーズンが一気に幕を開けることになります。

(まめ蔵)

この記事の著者

まめ蔵

まめ蔵 近影
東京都下の農村(現在は住宅地に変わった)で生まれ育ったフリーライター。昭和40年代中盤生まれで『機動戦士ガンダム』、『キャプテン翼』ブームのまっただ中にいた世代にあたる。趣味はランニング、サッカー観戦。好きな酒はビール(夏場)、日本酒(秋~春)、ワイン(洋食時)など。苦手な食べ物はほとんどなく、ゲテモノ以外はなんでもいける。所有する乗り物は普通乗用車、大型自動二輪車、子供2人乗せ自転車。得意ジャンルは、D1(ドリフト)、チューニングパーツ、極端な機械、サッカー、海外の動画、北多摩の文化など。