おすすめ記事一覧



”書籍/雑誌/ムービー”の一覧

【カージャケNo.036】どこにクルマ? いやいやじっくり見て下さい Mel Torme with The Marty Paich Dek-Tette MEL TORME with THE MARTY PAICH DEK-TETTE [メル・トーメ・ウィズ・ザ・マーティー・ペイチ・デクテット]1956

2017/07/13 17:33 by   アイテム, パブリック2, 書籍/雑誌/ムービー

フランク・シナトラとも並び称されるジャズ界の巨人であり、その歌声は“ベルベットの霧”と呼ばれ愛されたシンガー、メル・トーメ。本作はこの時期、作曲家としてめきめきとその名を上げていたマーティー・ペイチ(TOTOのキーボーディスト、デヴィッド・ペイチの父)と組んだというだけでも傑作であることが伺えるが、...

続きを読む »


【カージャケNo.035】楽曲のイメージをジャケに反映したヒップなアルバム Sophisticated Swing CANNONBALL ADDERLEY [キャノンボール・アダレイ]1957

2017/07/12 17:33 by   アイテム, パブリック2, 書籍/雑誌/ムービー

のちにマイルス・デイヴィス・セクステッドの一員として活躍し、独立後にはファンキー・ジャズの立役者として、当時のジャズ界はもとより後世にも大きな影響を与えたアルト・サックス・プレイヤー。ブルースのフィーリングを忍ばせた独特のプレイ・スタイルはこの初期作でもすでに味わうことができるだろう。70年代以降は...

続きを読む »


【カージャケNo.034】夕映えのリムジンがプレミアム感を醸し出す美しいジャケ The In Crowd THE RAMSEY LEWIS TRIO [ザ・ラムゼイ・ルイス・トリオ]1965カージャケ,

2017/07/11 17:33 by   アイテム, パブリック2, 書籍/雑誌/ムービー

ラムゼイ・ルイスには、まるで車に乗っているかのようにピアノを弾きながら道路を走るイラストの『Routes』というアルバムがあるが、車ではないので却下。タイトル曲は64年に発表されたドビー・グレイのヒット曲をカヴァーしたもの。(楓 恭史郎) 【RECORD】 【登場車両】 CADIL...

続きを読む »


【カージャケNo.033】ライブ盤らしい空気感が魅力のアルバム Ahmad Jamal’s Alhambra AHMAD JAMAL [アーマッド・ジャマル]1961

2017/07/10 17:33 by   アイテム, パブリック2, 書籍/雑誌/ムービー

演者と観客が気品ある空気を生み出す実況録音盤。ジャケを撮ったのはデザイナーも兼ねるドン・ブロンスタイン。彼は自分がデザインしたジャケの前面に大きく署名を載せることで有名だが、再発盤では署名が消されている場合が多く残念。(矢作計助) 【RECORD】 【登場車両】 CHEVROLET...

続きを読む »


【カージャケNo.032】最速でマスタングを採用(?)したジャケどおり、内容もモダンな1枚 Modern Country KAI WINDING [カイ・ウィンディング]1964

2017/07/07 17:33 by   アイテム, パブリック2, 書籍/雑誌/ムービー

50年代はビバップの名作を数多く送り出したサヴォイから、ヴァーヴに移った60年代はポップスやカントリーともクロスオーヴァーしたジャズ・アルバムを残した彼。電子音楽の導入も早く、もしかしたらジャケにマスタングを起用したのも彼が最速!?(久保田泰平) 【RECORD】 【登場車両】 F...

続きを読む »


【カージャケNo.031】戦後復活したメジャービッグバンド。On My Way & Shoutin’ Again! COUNT BASIE & HIS ORCHESTRA [カウント・ベイシー・オーケストラ]1962

2017/07/06 17:33 by   アイテム, パブリック2, 書籍/雑誌/ムービー

戦前のビッグ・バンド・ジャズを盛り上げたピアノ奏者。戦後の不況でバンドができない時期もあったが、50年代早々に復活。ヴァーヴでの1作目となった本作では盟友のニール・ヘフティを迎え、活きの良いオーケストラ・サウンドを聴かせている。(久保田泰平) 【RECORD】 【登場車両】 JAG...

続きを読む »


「生まれ変わった」V35スカイラインとスカイラインファンとのすれ違いとは!?【スカイライン60周年記念】

2017/07/05 19:33 by   エンタメ, アイテム, コラム・連載, パブリック2, 書籍/雑誌/ムービー

1999年3月、経営危機に陥った日産は、ルノーの資本を受け入れて傘下に入りました。そしてルノーからゴーン氏が派遣され、日産の社長に就任。「日産リバイバルプラン」においてコミットメント経営で大いに辣腕を奮い、倒産寸前まで追い込まれていた日産を立て直すことに成功しました。 更にゴーン社長(当時)は、日...

続きを読む »


【カージャケNo.030】赤いアルファロメオで撮影したクリスマスプレゼント。Christmas Cookin’ JIMMY SMITH [ジミー・スミス]1966

2017/07/05 17:33 by   アイテム, パブリック2, 書籍/雑誌/ムービー

彼の諸作のなかでも名作の誉れ高い『The Cat』。全米12位まで上がったそのアルバムのヒット御礼の意味も込め、同年末に用意したクリスマス・プレゼント。掲載したのは2年後にリリースされた再発盤のジャケだが、こっちのほうが断然チャーミング。(久保田泰平) 【RECORD】 【登場車両】...

続きを読む »


【カージャケNo.029】トレンド・ウォッチャーが選んだW111。Livin’ It Up! JIMMY SMITH [ジミー・スミス]1968

2017/07/04 17:33 by   アイテム, パブリック2, 書籍/雑誌/ムービー

ジャズ・ピアニストとしてキャリアをスタートさせ、のちにハモンド・オルガン奏者として“ソウル・ジャズ”なるスタイルを築き上げたジミー。トレンド・ウォッチャーの彼が、アメリカでのシェアを広げ始めたベンツをチョイスするあたり、らしさが伺える。(久保田泰平) 【RECORD】 【登場車両】 ...

続きを読む »


【カージャケNo.028】車のカタログかと思う美しい写真のジャケット。Crazy! Baby JIMMY SMITH [ジミー・スミス]1960

2017/07/03 17:33 by   アイテム, パブリック2, 書籍/雑誌/ムービー

車とジャズ”のキーワードで筆者が真っ先に思い浮かべたのがオルガン奏者、ジミー・スミスのこのジャケット。女性の服の緑、車の青が綺麗で、都会的で洗練された印象が強く記憶に残っている。以前、レイス・ミュージックは白人層に売るため演奏者の写真を使わず白人の写真を使ったということを本で読んだことがあるが、これ...

続きを読む »