車買い替えのベストな時期・タイミングと注意点

クルマは高い買い物なので、すぐに買い換えることはあまりありません。では、一体どれくらいの期間で買い換えるのが普通なのか、気になったことはないでしょうか?

  • 車買い替えの平均年数はどれくらい?
  • どのタイミングが一番お得に買い換えられる?
  • クルマを買い換えるきっかけはどんなとき?

この記事では、上記の疑問にお答えします。クルマは長く乗ると故障や増税のリスクがあるため、定期的に買い換える方がお得です。しかし、故障してから買い換えると買取価格も安くなるため、一定の期間が経った時点で買い替えてしまった方がいいのです。

そこでこの記事では、クルマの買い換える平均年数を紹介した後、増税などのタイミングもご紹介しています。最後まで読むことで、故障のリスクや増税のタイミングを避け、最もお得にクルマを買い換えられる時期が分かります。

平均的な車買い替え年数は8.7年

車買い替え年数
日本人がクルマを廃車にする、平均年数は13.5年です。これは「一般財団法人 自動車検査登録協会」が発表している「車種別の平均使用年数」の中で明らかにされています。これからわかることは、日本車の寿命は大体13年程度ということ。

また、日本を走っているクルマの平均年数は、8.7年となっています。つまり、8〜9年のタイミングで買い換えれば平均的と言えます。

この数字は年々延びていて、2000年と比較すると3年ほど長くなっています。それだけ日本車の品質が高くなり、同じクルマに長く乗り続ける人が増えていることを証明しています。

次章では、なぜ8.7年というタイミングなのか、その理由をご紹介します。

8.7年で買い換える理由

前章では、日本車の平均車齢は8.7年とご紹介しました。それ以上乗り続けると、平均を上回ってしまうため、8〜9年のタイミングで買い換えるのが一般的です。では、なぜこのタイミングなのでしょうか?

8.7年でクルマを買い換える理由

  1. 9年目の車検が目前だから
  2. クルマは10年経つと買取価格が下がるから

8.7年というのは、上記2つの理由が大きく関係し、リスクを避けるためにはベストタイミングと言えるのです。これから、理由について詳しく解説していきます。

1.9年目の車検が目前だから

日本には、新車登録からは3年、以後2年毎に車検を受けなければいけない法律があります。車検は3年、5年、7年、9年のタイミングでやってくるので、8.7年というのは9年目の車検直前にあたります。

つまり、車検を受けるくらいなら買い替えてしまうという人が多いのです。

2.クルマは10年経つと買取価格が下がるから

クルマの市場価値は、10年を境に下落すると言われています。9年目の車検を受けると、次の車検を受けるまでに10年というタイミングを迎えてしまいます。

10年が目前に迫るタイミングでクルマを売っても、実質的に10年落ちのクルマと判断されてしまいます。こうした理由から、少し余裕をもたせた8.7年というタイミングで買い換える人が多いのです。

以上が、クルマを買い換える平均年数のお話です。一般的に、クルマは10年10万キロが寿命と言われているため、このタイミングを選ぶ人が多いのです。

クルマは10年10万キロで壊れるって本当?

クルマは10年で10万キロ
クルマを8.7年で買い換える理由として、最も大きいのが「寿命である10年が来る前だから」というもの。クルマの寿命は10年10万キロという話は、昔から有名です。

しかし、結論を先にお伝えすると、これは間違っている情報です。日本車は品質が高いため、10年や10万キロ程度では壊れることはありません。

10年10万キロで寿命というのは昔の話

では、なぜ「クルマの寿命は10年10万キロ」という噂が有名になってしまったのでしょうか?これは、昔の日本車は本当に10年10万キロ程度で寿命を迎えていたから。かつての日本車は今に比べて品質が悪く、10年または10万キロ程度で故障が目立ったのです。

その結果、昔に植え付けられた価値観が拭えず、今でもそうした噂が立ってしまうのです。その上、新車を販売したいディーラーは、この話をいまだにセールストークとして使います。こうした事情があるから、いまだに10年10万キロで寿命を迎えてしまうと思っている人が多いのです。

もったいないと思うなら無理に買い換える必要はない

もし、この噂話を信じていて「10年10万キロの前に買い換えなければいけない」と思っているなら、無理に買い換える必要はありません。

今の日本車なら、10年以上であっても安心して乗れます。車買い替えは多額の費用がかかるため、もったいないと感じるようであれば無理にする必要はないのです。

クルマの買い替えは、周りの意見や噂で左右されるともったいない出費の原因になります。必ず、自分で必要と感じたら買い換えるようにしましょう。しかし、増税のタイミングというのはあるので、それについて次章で詳しくご紹介します。

クルマは新車登録から13年経つと増税されるので注意

記事の冒頭で、平均して13.5年のタイミングで廃車にされることをご紹介しました。これは、新車登録から13年のタイミングで、自動車税と自動車重量税が増税されるから。

自動車税は15%、自動車重量税は20〜39%も増税されてしまいます。クルマの寿命という意味では、13年程度であればまだ乗ることは可能です。しかし増税という維持費が増大するきっかけもあるため、多くの人が廃車を選択するのです。

さらに、自動車重量税に関しては、新車登録から18年が経過すると追加で10%も増税されます。すでに増税された額からの増税なので、実質的な増税額は50%を超えます。そうなると、よほどのことがない限り、古いクルマに乗り続けるメリットはありません

ここまでの情報をまとめると、9年、13年、18年がクルマを買い換えるタイミングと言えそうです。しかし、無理にこのタイミングに合わせる必要はありません。

年数にとらわれず、ライフスタイルが変わった時に買い換える方法もある

クルマは所有しているだけで維持費がかかるので、買い替えによって支出を減らせるなら、そのタイミングで買い替えてしまう方法もあります。具体的には、ライフスタイルが変わった時こそ買い換えるタイミングです。

  • 子どもが生まれて今のクルマでは手狭になった
  • 趣味が変わって今のクルマだと不便になった
  • 子どもが独り立ちして広いクルマが不要になった

上記に当てはまる場合、車買い替えのタイミングです。手狭になったクルマでは、大人数乗車の度にレンタカーを借りるなど、余計な出費が発生します。また必要のない広いクルマは、燃費も悪いのでガソリン代がかさみます。

こうした時に、自分のライフスタイルにピッタリなクルマに買い換えることで、余計な出費を抑えられるのです。また、クルマを買い換えるタイミングで自動車保険を見直せば、さらに無駄を減らせます。

クルマの買い替えは、車検や増税のタイミングにとらわれず、自分のライフスタイルに合わせて定期的に行うことをおすすめします。そこで次章では、クルマの賢い買い替えタイミングについてご紹介していきます。

【売却編】賢い車買い替えタイミング

車買い替えのタイミング
クルマを買い換えるためには、当然ですが今まで乗ってきたクルマを売却することになります。そこで本章では、おすすめの車売却タイミングをご紹介します。

賢い車購入タイミング

  1. モデルチェンジ前
  2. 10年10万キロ前
  3. 車検が切れる前
  4. メンテナンスに高額の費用がかかると言われた時

クルマの売却は、なんらかの費用が発生するタイミングが多いので、これから各項目について詳しくご紹介します。

1.モデルチェンジ前

今乗っているクルマがモデルチェンジを予定していれば、その直前に売却することをおすすめします。クルマはモデルチェンジをすれば、旧モデルの買取価格が下落します。

そこで、現行モデルのうちに高値で売却してしまうのです。マイナーチェンジ程度であれば影響は大きくありませんが、フルモデルチェンジとなれば買取価格に大きな影響を与えます。ネットでモデルチェンジ情報を調べ、適切なタイミングで売却しましょう。

2.10年10万キロ前

クルマとしての寿命ではありませんが、買取価格が下がってしまう前に売却する方法もあります。具体的には、新車登録から10年10万キロのどちらかが迫ってきた時です。

10年直前や、10万キロ目前で売却すると、実質的に10年または10万キロのクルマとして査定されてしまいます。そのため、年数で言えば8〜9年、走行距離で言えば8〜9万キロを目安にしておくことをおすすめします。

3.車検が切れる前

クルマの買い替えを検討していて、更に車検が迫っている時、車検の前に売却しましょう。車検を取得してからだと、支払った車検代がもったいないのです。というのも、車検を受けて売却しても、車検代以上のプラスにはなりません。

つまり、車検直後に売却したら、最も損をするタイミングになってしまうのです。そのため、車検まで数ヶ月というタイミングで売却するのが最もお得です。

車検切れの車売却は「車検切れのクルマを少しでも高く売る方法と準備しておくこと3選」をご確認ください。

4.メンテナンスに高額の費用がかかると言われた時

乗っているクルマの調子が悪く、高額の修理代がかかると言われたら、そのタイミングで売却しましょう。多少壊れているクルマくらいでは、大きな減額にはなりません。修理をしてから売却すると、かけた修理代がそのまま損になってしまいます。

それではコスパが悪いので、修理前に売ることをおすすめします。買取業者のほとんどが、自社で整備工場を持っています。故障したクルマでも、買取後に修理するので、問題なく買い取ってくれます。自社工場で格安修理ができる関係から、あまり大きな減額もされません

クルマの売却は、きっかけとなるイベントと、かかる費用のバランスを見て決めましょう。かかる費用が高額なら、その金額をかける価値があるのかどうかを見極めましょう。続いて、賢い車購入のタイミングをご紹介します。

【購入編】賢い車購入タイミング

車購入タイミング
クルマを売却するベストタイミングの次は、車購入の賢いタイミングについてご紹介していきます。

賢い車購入のタイミング

  1. モデルチェンジ直後
  2. 決算期
  3. リセールバリューのいいクルマ

最後に関しては、少しタイミングとは違いますが大事なことなので、合わせてご紹介します。

1.モデルチェンジ直後

クルマの売却はモデルチェンジ前がおすすめでしたが、購入はモデルチェンジ直後がおすすめ。新モデルは最新機能が搭載されているので、最も商品価値が高い状態です。その上、まだ出回っていないクルマなので他人と被る心配もありません。

3年や5年で買い換えるとしたら、売却時も現行モデルである可能性が非常に高いのもポイント。型落ちにならずに済むので、高価買取が期待できます。初期ロットは不具合が多いというデメリットはありますが、コスパ重視であればモデルチェンジ直後がおすすめです。

ただし、モデルチェンジ直後は注文が殺到し、納車が遅れるケースも多々あります。新型車登場前から、ディーラーと商談を進めておくことをおすすめします。

2.決算期に購入する

毎年2〜3月、8〜9月は決算期と呼ばれ、クルマが安く購入できるタイミングです。新車中古車問わず、販売店は決算期に1台でも多くのクルマを売りたいと考えます。そこで、特別セールを開催して、お得にクルマを購入できるのです。

値引き額もいつもより多くなるので、この期間の車購入はベストタイミングと言えます。ただし、決算期のセールは予算があるため、上限に達した時点で終了します。決算期セールが始まったら、すぐに交渉を開始することをおすすめします。

冬の決算期は2月上旬から、夏の決算期は8月上旬からディーラーで商談を開始しましょう。

3.リセールバリューのいいクルマを購入する

コスパを重視するなら、リセールバリューのいいクルマを購入しましょう。どんなクルマがリセールバリューが高いのかというと、それは人気車種であること。ジャンルとしては、軽自動車、コンパクトカー、SUV、ミニバンが該当します。それぞれのジャンルから、人気車種を選べばリセールバリューは期待できます。

色は白系や黒系の無難なものを選び、安全運転支援システムが充実したグレードを選択しましょう。カーナビやドライブレコーダーといった、一般的な人気オプションの装着も忘れないようにしましょう。こうした工夫をするだけで、売却時のリセールバリューが格段に良くなります。

ここまでご紹介したことを覚えておけば、クルマの買い替えでベストタイミングを逃すことはありません。車売却と車購入のベストタイミングがずれていますが、代車を貸してくれる販売店で購入すれば問題ありません。

気軽に買い替えたい人は中古車購入がおすすめ

クルマは非常に高額な買い物なので、気軽に売ったり買ったりできません。ライフスタイルが変わったとしても、新車で買ったクルマならそう簡単に買い換えられません。ローンが残っていれば、ローンの残債も買い換えの課題の一つになってしまうからです。

そこで、もし頻繁にクルマを買い替えたいなら、中古車を購入することをおすすめします。中古車であれば、どんな予算であってもクルマを購入できます。

安価な中古車を購入すれば、ライフスタイルが変わった時の買い替えも容易です。ただし中古車の場合、年式が古いものを購入すると増税のタイミングが重なってしまう可能性もあります。中古車を購入する際は、5年落ち程度の車種に絞って探すことをおすすめします。

まとめ

日本を走っているクルマは、平均して新車登録から8.7年が経過しています。つまり、そのタイミングで買い換える人が多いということ。理由としては、それより長く乗り続けることで、買取価格が下がったり、増税されたりするからです。

一般的には、10年が買取価格の下がるボーダーラインと言われています。それより前に買い換えることで、高いリセールバリューが期待できます。また、新車登録から13年が経過すると、自動車税と自動車重量税が増税されます。維持費が高くなるので、そのタイミングで買い換えを検討してもいいでしょう。

クルマの買い替えは、きっかけとなるイベントと、かかる費用のバランスが重要です。増税直前のクルマが故障し、高額の修理代がかかるようなら、そこで直すべきか買い換えるべきかを検討するといいでしょう。また、無理にこうしたイベントに合わせなくても、ライフスタイルが変わった時も買い替えのタイミングです。

生活に合わないクルマに乗っていても、余計な出費がかさむ原因になります。クルマの買い替えは、家計を見直すチャンスでもあります。本記事でご紹介していることを参考にして、ムダな出費を減らしましょう。

この記事の著者

石川 貴裕

石川 貴裕 近影
上場企業で車一括査定サービスの責任者を従事。その際に大手の車買取店との折衝やコールセンターの見学を体験。JPUCなどの車買取業界の健全化に向けた取り組みにも参加。2017年12月に退職後、合同会社ラビッツを設立。合同会社ラビッツでは、中古車売買のお得情報を発信するメディア「パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル」や不動産売買のお得情報情報を発信するメディア「不動産売却の教科書」を運営している。