故障車・事故車・修復歴車を売るには?状態別にベストな売り方を解説

クルマの買い替えを決意するタイミングは、事故や故障などの理由が多いはず。クルマの修理代を考えたら、この機会に買い替えてしまうというのは一般的です。しかし、そこで気になるのが「そもそも壊れたクルマは買い取ってもらえるのだろうか?」ということ。

疑問点は多々あるかと思いますが、結論を先にお伝えすれば、故障車や事故車でも買い取ってもらうことはできます。しかし、普通の車買取と違い、少し気にするべき点やチェックするべき点があるのも事実。

そこで本記事では、故障車や事故車の買取について、知っておきたい情報をわかりやすくご紹介します。最後まで読めば、買取業者の選び方や、安心して利用するための知識がすべて身につきます。

故障車・事故車は車買取してもらえる

故障車・事故車は買取できる
冒頭でご紹介した通り、故障車や事故車は買い取ってもらえます。しかし、故障の度合いや損傷の状態によっては、利用するべき業者が異なるケースもあるのです。

故障車とは

故障車とは、以下の条件に当てはまるクルマのことを指します。

  • なんらかの理由でエンジンがかからない、クルマが動かない状態
  • エンジンはかかるが異音や振動があり、走行に支障がある
  • 電装品が動かない、電気がつかないなどの不具合

故障車には、明確な定義はありません。しかし一般的に、外装は破損していない内部の損傷を指します。故障の種類は大小あり、電装品が動かないなどの小さな不具合も故障に分類されます。

大きな故障になると、自走することもできないため、買取店に持ち込むことはできません。そうなると、利用する業者が変わるので、故障の度合いをチェックしてから業者選びをすることになります。

事故車とは

事故車とは、以下の条件に該当するクルマを指します。

  • 事故で外装が損傷し、自走できない
  • 自走はできるが、外装が損傷している
  • 事故の影響でなんらかの不具合が生じている

事故車は、外装が損傷しているかどうかがポイントとなります。事故車にも種類が大小あり、小さい事故を起こしただけなら、破損も少なく自走可能です。

大きな事故を起こしたクルマであれば、自走不可も珍しくありません。自走の可否で利用する業者が変わるので、事故車も度合いをチェックすることからはじめます。

修復歴車とは

修復歴車とは、過去に事故を起こして大規模な修理をおこなっているクルマを指します。軽微な事故で、板金修理をしている程度では修復歴車と呼びません

クルマには、フレームと呼ばれる骨格部分があります。このフレームを修正するような修理がおこなわれた場合のみ、修復歴車と呼ぶのです。修復歴車は、現在普通に動いているケースが大半です。もし故障している場合、修復歴車かつ故障車ということになります。

それぞれの定義が分かったら、故障車はどこに売るのがいいのか、チェックするべきポイントをご紹介します。

故障車はどこに売る?チェックするべきポイント

故障車をどこに売るのか、これは故障の度合いによります。自分のクルマがどの程度の故障なのか、どこに売ればいいのか、迷った時はこれからご紹介する内容を参考にしてください。

まずは故障の度合いを見る

故障車を売却するなら、まずはどの程度の故障なのかをチェックしましょう。故障の度合いは以下3つに分けられます。

  • 軽度:走行に支障はなく、少し調子が悪い程度
  • 中度:異音や振動があり、修理に高額の費用がかかる
  • 重度:修理が不能なほどの故障で、自走できない

軽度と重度で売却先が変わるので、これから各項目に関する解説をおこないます。

軽い故障なら普通のクルマと同様に車買取業者に依頼

パワーウィンドウが動かない、エアコンが効かない、メーター内の警告灯が点灯しているなどのケースは、軽度の故障に分類できます。軽度の故障は、修理で直ってしまうケースが大半。このような故障車は一般的な車買取同様、買取業者に売りましょう。

買取業者のほとんどが、自社で修理工場を持っています。軽度な故障なら修理して再販するので、あまり大きな問題になりません。バッテリー上がり、タイヤのパンク程度なら、交換で直るので故障に入らないケースもあります。一度買取業者に相談し、その際に「故障している」と伝えた上で査定を受けましょう。

買取業者のオススメは「【2022年最新版】車買取店の評判とおすすめランキング決定版」で解説しています。

高額の修理費用がかかる場合も買取業者へ依頼

走行中にハンドルがブレる、エンジンからガラガラと音がする場合などは、中度の故障に分類されます。修理を依頼したら高額の修理代がかかる場合、どこに売却するべきか迷います。中度の故障の場合も、買取業者に売却しましょう。修理代は高額だとしても、買取業者の自社工場なら格安で修理が可能。

意外と多いのが、エアコンが故障しているケース。高額の修理費用がかかりそうなイメージですが、部品交換だけで直ってしまうこともあります。自分では大きな故障と思っていても、買取業者からしたら大したものではないことが多いのです。直して再販するので、減額はされますが買取不可とはなりません。

買取業者に査定を依頼し、修理が必要である旨を伝えた上で査定を受けましょう。複数の業者から査定を断られた場合は、これからご紹介する方法を利用しましょう。

自走しない故障なら廃車買取業者に依頼

自走ができないほどの重度な故障車であれば、廃車買取業者に売却しましょう。買取業者は、自走するクルマであれば買い取ってくれますが、自走不可であれば買い取ってくれません。廃車買取業者であれば、自走できないクルマもレッカーで引き取ってくれます

また、複数の買取業者で断られたクルマも、廃車買取業者に依頼しましょう。買取業者は、自走しても走行距離が多すぎるクルマなどは買い取ってくれないケースがあります。

廃車業者のオススメは「【2022年最新】廃車買取業者のオススメランキング決定版」で解説しています。

故障車は、大半の場合は買取業者で売却できます。次章では、事故車をどこに売るべきなのかについて解説していきます。

事故車はどこに売る?チェックするべきポイント

事故車の売却先は?
事故車の場合も、まずは事故の度合いをチェックしましょう。自分のクルマがどの程度の事故車なのか、これからご紹介する内容を参考にしてください。

まずは事故の度合いを見る

事故にも度合いがあり、どの程度の事故車なのかで売却先が変わります。事故車は、以下の2つに分類できます。

  • 軽度:軽い事故を起こし、外装に損傷は見られるが走行可能
  • 重度:ボディが変形するほどの事故を起こし、自走ができない状態

事故車は、軽度と重度の2つに分けられます。自走ができるかどうかが判断基準になるので、これから詳しく説明します。

軽微な事故車なら車買取業者に依頼

軽くぶつけてしまった、軽い事故を起こしてしまったという場合なら、あまりクルマは損傷していないはず。こうした事故車であれば、車買取業者に依頼をしましょう。

中古部品を使って修理すれば、意外と安く直ってしまうことがあります。車買取業者は、自社工場を持っていることが多いので、格安で修理して再販します。買取店まで乗っていけない状態なら、出張買取を利用しましょう

自走しない故障なら廃車買取業者に依頼

自走できないほどの事故車であれば、廃車買取業者に依頼しましょう。クルマが大きく破損してしまった場合、骨格部分の「フレーム」と呼ばれる部品が変形している可能性もあります。

こうしたクルマは、修理に多額の費用がかかります。一般的な車買取業者は、そこまでの修理をした上で再販することはありません。理由は簡単で、フレームを修理すると修復歴車となってしまうから。そのため、スクラップなどを専門に扱う、廃車買取業者の方がおすすめなのです。

最後に、修復歴車を売却したい場合、修理済みで自走するなら買取業者に依頼すれば問題ありません。査定依頼時に「修復歴車である」と伝えれば、その前提で査定をおこなってくれます。

事故車は、度合いによって売却先を変えると損をせずに済みます。次章では、故障車や事故車は直してから売るべきかという疑問についてお答えします。

故障車・事故車は直して売るべき?

故障車や事故車は、当然査定時に減額されることになります。少しでも高く売りたいと考えた時「修理してから売却したらどうなるのか」と思うでしょう。先に結論をお話すると、故障や事故で損傷した部分は直さず売った方が損をしません

故障や損傷を直せば、当然修理代がかかります。これには修理工場の利益などが含まれているので、当然原価よりも高めの請求額となります。一方、買取業者は自社工場で修理する時、原価で直すことが可能。

そのため、減額される額は原価をベースに決めています。つまり、修理代を支払うよりも、減額を受け入れた方が損をしないのです。その上、修理をして売却しても、減額されないだけで査定額の増額はありません。こうした点を考慮すると、故障車や事故車はそのまま売る方がいいことが分かります。

しかし、なぜ故障車や事故車は買い取ってもらえるのでしょうか?その点について次章でご紹介していきます。

なぜ故障車・事故車は買い取ってもらえるの?

そもそも、なぜ業者は故障車や事故車であっても買取してくれるのでしょうか?それは、壊れていても車体や部品に価値が残っているから。自分では修理が難しいクルマでも、車買取業者にとっては簡単に直せてしまい、再販できるのです。

直せば中古車として売れるから

故障していたり、事故でクルマが損傷していても、修理すれば再販可能です。自分で修理をするのは大変ですが、専門業者なら難しくありません。

中には、事故車などを専門に修理をおこなう業者もあるため、ノウハウさえあれば修理自体は簡単にできてしまうのです。故障している場合も、中古部品を使えば格安で修理が可能。直せば中古車として再販できるので、軽度の故障車や事故車は買取が可能なのです。

部品にバラして再販するから

重度の故障車や事故車であれば、使える部品だけを取り外して再販します。中古部品は、格安で修理をするためには重要なアイテムになります。

そのため、中古部品には需要があり、これらに価値があるのです。また、オプション品などは取り外せば高値で売れることがあります。使える部品をすべて取り外し、残った車体は鉄くずとして処分します。処分といっても、鉄くずは数万円程度の価値があります。そのため、重度の故障車や事故車であっても、必ず0円以上になるのです

これが、車買取業者が故障車や事故車でも買い取ってくれる理由です。直したクルマは、人気車種なら日本国内で再販されます。しかし古いクルマなどは、日本で販売しても売れる見込みがありません。

そのため、海外に輸出しているのです。日本車は海外で人気が高いので、しっかり直したクルマなら、十分再販が可能なのです。こうした業者を見つけるためには、いくつかのポイントがあります。

故障車・事故車の買取業者を選ぶポイント

故障車・事故車の買取業者を選ぶポイント
価値がないクルマでも買い取ってくれる業者は、探すためにいくつかポイントがあります。そのポイントを満たしていれば、安心して利用できる業者と言えます。

故障車・事故車の買取業者を選ぶポイント

  1. 自社でリサイクル工場を持っている
  2. 自動車税、自動車重量税、自賠責保険の説明をしてくれる
  3. 出張査定とレッカー引取をしてくれる

上記のポイントは、事故車や故障車を買い取ってもらうためには必須と言えます。そこで、各ポイントについて詳しくご紹介していきます。

1.自社でリサイクル工場を持っている

故障車や事故車を専門に買取している業者を探すなら、国の認可を受けた自社リサイクル工場を持っているかどうかを確認しましょう。買い取ったクルマは、リサイクル工場で修理や部品の取り外しをおこないます。

リサイクル工場を持たない業者は、買い取った後にリサイクル工場へ処分を依頼することになります。その費用がかかるため、買取価格は高くなりません。また悪質な業者の場合、引き取ったクルマをそのまま放置する可能性があります。これはトラブルの原因にもなりますので、必ず自社リサイクル工場を持っている業者に依頼しましょう

2.自動車税、自動車重量税、自賠責保険の説明をしてくれる

故障や事故の度合いがひどく、廃車にする場合、還付金についてしっかり説明してくれる業者を選びましょう。クルマは廃車にすると「自動車税・自動車重量税」の還付が受けられます。

自賠責保険に関しても、中途解約となれば返戻金があります。こうした還付金がいくらなのか、事前にしっかり説明してくれる業者がおすすめです。

うやむやにする業者だと、還付金を受け取れない可能性があります。還付金をしっかり渡してくれるのか、買取金額に含むのかどうか、この2点は必ず確認しましょう。また、廃車にした証明証も郵送してくれる業者を選ぶと更に安心です。

出張査定とレッカー引取をしてくれる

自走ができないクルマを売る場合は、出張査定してくれる業者を選びましょう。車買取業者、廃車買取業者のどちらも、出張査定を無料でおこなってくれるところがほとんど。

廃車買取業者であれば、レッカー引取も無料でおこなってくれるところが多いのです。動かないクルマであれば、出張査定とレッカー引取は必ず無料の業者を選ぶようにしましょう

ここまで、故障車や事故車を売る方法と、業者の選び方をご紹介してきました。もし、軽度の故障なら「黙って売ればバレないかも」と考えるかもしれません。しかし、黙って売ることは絶対にやめましょう。

故障を隠して売ったらどうなる?

故障や修復歴があれば、当然査定は減額されることになります。できれば高く売りたいため「黙って売ってしまおう」と考えるかもしれません。しかし、故障や修復歴を黙って売ることは絶対にやめましょう。

クルマを売る側には「瑕疵担保責任」があるので、嘘の報告をして契約した場合、その責任を問われる可能性があるのです。故障や修復歴を黙っていれば、不当に利益を得たことになります。買取業者からしたら、故障がない状態の値段で買い取ることになるため、損をしてしまいます。

もし、瑕疵担保責任に問われた場合、正当な査定額との差額を返金しなければいけません。それ以外にも、契約のキャンセルや損害賠償請求を起こされる可能性もあります。こうしたトラブルを避けるためにも、故障や修復歴はしっかり申告しましょう。

中古で買ったため修復歴がわからない場合

もしクルマを中古で買っていた場合、修復歴がわからないこともあります。その際には、きちんと「中古で買ったので修復歴はわかりません」と伝えましょう。故障かどうかハッキリわからない場合も、調子が悪い箇所の申告はしっかりおこないましょう。

瑕疵担保責任に問われるのは「本当は知っているのに知らせない」時。わからないことをしっかり伝えていれば、瑕疵担保責任に問われることはありません。不安であれば、不具合や故障内容をメモに書き記し、それを査定員に渡すと確実です。

本記事でもご紹介したように、故障しているだけでは大きなマイナス査定とはなりません。嘘をついてトラブルを起こすより、素直に申告して最小限のマイナス査定で済ませる方が、結果的に得をします

まとめ

事故や故障は、クルマの買い替えを決意するきっかけになります。そこでクルマの売却を決意することになりますが、できれば高く売りたいと誰もが考えます。故障車や事故車は、軽度なら車買取業者で売却可能。減額も最低限で済むので、まずは査定を受けてみましょう。

申込時に、事故車や故障車であることを伝えれば、その時点でこうしたクルマの買取をおこなっていない業者からは辞退されます。内容を伝えた上で、査定をおこなってくれる業者だけを選ぶようにしましょう。また、減額を避けるために、故障などを黙って売るのは絶対にやめましょう。瑕疵担保責任に問われる可能性があります。

自走しないほどの故障車や事故車であれば、廃車買取業者に売却するのがおすすめです。こうした業者は、自社リサイクル工場を持っているため、修理または解体が容易におこなえます。その結果、修理して再販、使える部品だけ外して再販などが可能なのです。廃車買取業者を選ぶ時は、必ず還付金の説明がしっかりしているところを選びましょう。