車買取は輸出業者に売った方が高く売れる?

少しでもクルマを高く売りたいとは、誰もが思うことです。そこでインターネットを使いさまざまな方法を調べていると、「海外輸出すれば高く売れる」という情報を目にします。

その情報は本当なのか、海外にクルマを輸出するにはどうしたらいいのか、気になる人も多いはず。

  • 海外輸出すればクルマが高く売れるって本当?
  • どうやったらクルマを海外に輸出できるの?
  • 少しでもクルマを高く売る方法を知りたい

この記事は、上記の疑問にお答えしています。海外輸出をすればクルマを高く売れますが、個人でやるのはとても難しい作業です。

そんな大変なことをしなくても、海外にクルマを高く売る方法があるので、本記事ではそれについて詳しく解説していきます。

クルマは海外に売る方がお得?

クルマは海外に売る方がお得
輸出をすればクルマが高く売れるのは、海外で日本車の人気が高いから。つまり、海外に売ればお得という情報は本当なのです。

例えば、10万キロを超えたクルマは日本でほとんど需要がありません。しかし、こうしたクルマが、海外では高値で取引されています。日本車なら壊れる心配はないので、主にアジア諸国で需要があるのです。

つまり、「日本車を海外に輸出=高く買い取ってくれる国に売却できる」ということになります。それならば、さっそく海外にクルマを輸出しようと思うかもしれませんが、個人で車輸出をするのは非常に大変です。

そもそも、海外でクルマを高価買取してくれる業者について知らなければ、輸出することすらできません。個人でクルマを海外に売却することは、実質的に不可能なのです。そこで、海外に輸出ができる国内の買取業者にクルマを売ることをおすすめします

海外に輸出している買取業者に売るのが正解

個人で海外にクルマを輸出して売却するのが難しいなら、こうした手続きを得意とする国内の業者に売却すればいいのです。日本国内の「車買取業者」というのは、主に以下の2種類があります。

  1. 買い取ったクルマを日本国内で再販する業者
  2. 必要に応じて海外に輸出して再販する業者

上記の2つなら、断然「必要に応じて海外に輸出して再販する業者」がおすすめ。どちらの買取業者も、日本国内で再販することはできるからです。海外輸出ができる業者なら、日本国内で高く売れないクルマは、積極的に海外に輸出します。

つまり、どんなクルマでもムダなく再販できる仕組みが揃っているのです。とはいえ買取業者も、海外に提携している業者などがいない限り、海外輸出することはできません。

そのため規模が小さい買取業者だと、日本国内で再販するしかないのです。年式が新しいクルマや、人気の車種であればどちらの業者に売っても差はありません。

しかし、古いクルマや走行距離が多いクルマは、海外輸出できる業者の方が高く買い取ってくれます。次章では、なぜ海外で日本車が高く取引されているのか、その理由をご紹介します。

日本車は海外だと高値で取引されている

海外で日本車が高値で取引されているのは、前章でご紹介しました。しかし、なぜ日本車が海外で人気なのか気になる人も多いはず。そこで本章では、海外で日本車が高値で取引されている理由をご紹介します。

日本車が海外だと高値で取引される理由

  1. 日本車の品質が高いから
  2. 日本には車検という制度があるから
  3. 日本人はクルマの買い替えサイクルが早いから

海外から見ると、日本は「良質な中古車を大量に排出してくれる国」なのです。

1.日本車の品質が高いから

日本を代表する自動車メーカーは、世界的にも最高品質として名高いメーカーばかりです。日本のものづくりに対する海外からの評価は高く、それが日本車の人気に繋がっています。

また、日本は高温多湿なので、クルマにとって過酷な環境とされています。そんな中でも、長期間安心して乗れるクルマを生産しているため、日本車の品質は高いのです。

日本は道路事情も良く、ほとんどの道路が舗装されています。道路の環境がいいことは、クルマにとってもメリットばかり。足回りなどが痛むこともないため、距離数が多いクルマでも状態がいいのです。同じ10万キロでも、未舗装路ばかりを走っている海外のクルマとは状態が違うのです。

2.日本には車検という制度があるから

日本の道路事情がクルマにとって良いものというのは、さきほど説明しました。他にも、日本には「1年点検」「2年ごとの車検」という制度があります。

定期的にメンテナンスを受けているクルマというのは、ダメージを最小限に抑えることが可能。海外では車検制度がない国も多く、中古車の品質は悪いことが多いのです。

3.日本人はクルマの買い替えサイクルが早いから

日本車は非常に高品質で、定期的なメンテナンスも受けています。しかし、日本人はクルマの買い替えサイクルが早いので、まだ使えるクルマを手放します。

海外では、同じクルマに10年や20年乗り続けることは普通です。走行距離も20万キロや30万キロは当たり前で、50万キロ以上走っているクルマも珍しくありません。そうした国から見たら、日本車の「10年10万キロ以下」というクルマは、まだまだ新しいのです。

こうした理由があるため、日本車は海外で高い人気を誇っているのです。その結果、日本車は高値で取引されるので、買取業者は海外輸出をしています。

海外で人気があるクルマの特徴

海外は日本と環境が異なるため、人気車種が日本と異なります。ここでは、どんなクルマが海外で人気があるのか、特徴をご紹介していきます。

海外で人気があるクルマの特徴

  1. スポーツカー
  2. 悪路走破性の高い4WD車
  3. ハイエースなどの商用車
  4. 整備がしやすいディーゼル車
  5. 日本国内でしか売られていないクルマ

それぞれ、具体的な車種名も合わせてご紹介します。

1.スポーツカー

日本ではあまり人気のないスポーツカーですが、海外ではとても高い人気を誇っています。とくに1990年代に製造されたスポーツカーは、海外では1,000万円を超えるケースも珍しくありません。中でも、日産「スカイラインGT-R」やトヨタ「スープラ」は、人気映画に出ていたことから非常に人気があります。

日本製のスポーツカーは、主にアメリカで人気を集めています。アメリカには「25年ルール」という、製造から25年以下のクルマは輸入できないという法律があります。1990年代のクルマは、この25年ルールをクリアしています。こうした背景から、少し古いスポーツカーは需要が高まっているのです。

悪路走破性の高い4WD車

海外は日本に比べ、路面状況があまりよくありません。未舗装道路も多く、路面の凹凸が大きいのです。そこで、悪路走破性の高い4WDクルマに人気が集まります。

4WD車の中でも、シャーシ性能が高いラダーフレーム車は高値で取引されています。具体的には、トヨタ「ランドクルーザー」などが人気です。荷物が載せられる「ハイラックス」に代表されるピックアップトラックも人気です。

こうしたクルマは、ガソリン車よりもディーゼル車の方が人気もあります。メンテナンス性がいい、快適装備が少ない車両の方が高値で取引される傾向にあります。

ハイエースなどの商用車

ハイエースは日本国内でも人気の車種ですが、海外でも需要が高いクルマとなっています。ハイエースが人気である理由は、高い耐久性が評価されているため

ハイエースの機構はシンプルなので、故障が少ないという特徴があります。その上商用利用を考慮して、クルマ自体が高耐久性パーツで構成されています。そのため、50万キロ以上走ってもトラブルが起きにくいのです。ハイエースは、荷物と人がたくさんのせられるという特徴もあります。

1台に10人以上を乗せることが珍しくない海外では、こうした点も人気の理由となっているようです。

整備がしやすいディーゼル車

日本国内では、ディーゼル車よりもガソリン車の方が売れています。しかし海外では、ディーゼルエンジンを搭載するクルマの方が人気があります。理由は、ディーゼル車の方が整備しやすいから。エンジンの構造がシンプルなので、整備環境が整っていない海外でも、簡単に修理できてしまうのです。

ただし、近年登場した「クリーンディーゼル車」はあまり人気がありません。普通のディーゼル車に比べて構造が複雑なので、整備性は高くないことが理由です。

日本国内でしか売られていないクルマ

日本の自動車メーカーは、日本国内でしか販売しない車種を多数用意しています。多くが日本独自の環境に合わせて作っているクルマですが、こうしたクルマが海外で人気を博しています。

とくに、トヨタ「アルファード」は、室内の高級感が海外の富裕層に受け、海外需要が高くなっています。セダンよりも広い室内空間でありながら、高級車顔負けのラグジュアリー感を演出していることが、人気の理由です。メッキパーツを多用したボディデザインも、派手さを好む海外で受け入れられています。

兄弟車の「ヴェルファイア」も同様の理由で人気です。アルファードとヴェルファイアは、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が人気はあります。これは、メンテナンス性が高いことが理由です。

こうしたクルマを売る時は、海外へ輸出している買取業者を選びましょう。過走行や多少の事故歴があっても、高価買取が期待できます。

海外で人気がないクルマの特徴

海外は日本ほど整備環境が整っていないため、複雑な構造のクルマは人気がありません。また狭すぎるクルマも人気がないため、軽自動車などは海外需要が少ないのです。

海外で人気がない車の特徴

  1. ハイブリッド車
  2. 構造や機能が複雑なクルマ

具体的にどんなクルマが該当するのか、これから詳しくご紹介していきます。

ハイブリット車

モーターとエンジンを併用することで、高い燃費性能を実現しているハイブリッド車。日本国内では人気もありますが、海外では不人気車に分類されます。なぜなら、海外では耐久性が何よりも重視されるため、バッテリーを搭載するハイブリッド車はマイナスイメージが強いのです。

事実、ハイブリッド車のバッテリーは定期交換が必要なため、ガソリン車に比べると維持に手間がかかります。また油田を持っている国では、そもそもガソリンの値段が安いという事情があります。

わざわざハイブリッド車を選択する必要がないため、安価で整備性の高いガソリン車やディーゼル車を購入するのです。

構造や機能が複雑なクルマ

日本車は年々高性能化しています。整備環境が整っている日本国内では問題ありませんが、海外では日本ほどいい環境がないのです。

そのため、限られた部品や工具で修理ができるクルマに人気が集まります。安全運転支援システムも、障害物が多い海外では思うように機能しないケースがあります。

輸出する国によっては、日本と同等の環境が揃っている場合もあります。先進国では日本と同じようなクルマが人気なので、すべてのケースで該当するわけではありません。この情報は、あくまで参考として覚えておくといいでしょう。

輸出業者なら10万キロを超えていても高く売れる

輸出業者なら10万キロを超えても高く売れる
日本でクルマを売る時「10年または10万キロを超えると安くなる」と聞いたことはないでしょうか。これは事実で、日本国内では走行距離が10万キロを超えているクルマは、あまり高く売れません。

これはかつて、日本車の寿命が10年10万キロと言われていた時代の名残。今ではそんなことはなく、10万キロを超えても安心して乗れます。しかし、一度ついたイメージは中々払拭されないため、10万キロ走ったクルマは寿命と思われてしまっているのです。

ただしこれは日本国内に限った話。海外では10万キロ程度の走行距離は過走行車と呼ばれません。まだまだ乗れるので、海外の業者は欲しがります。

愛車の走行距離が10万キロを超えていれば輸出業者へ売る

もし、愛車の走行距離が10万キロを超えていたら、輸出業者に売却しましょう。日本国内しか販路がない買取業者だと、あまり高く買い取ってくれません。しかし輸出業者なら、高価買取が期待できます。ただ、どこの買取業者もこうした事情は大々的に宣伝していません。

とくに海外に販路がない買取業者は、わざわざその事実を公表しません。となると、自力で輸出業者を探すのは至難の業。そこで、次章では、簡単にこうした業者を探す方法についてご紹介します。

輸出を得意とする買取業者の探し方

少しでも高くクルマを売りたいなら、海外に販路を持つ買取業者に売却しましょう。輸出を得意とする業者なら、どんなクルマでも高く売れる国や地域に輸出できます。

しかし、こうした業者を探すのは非常に難しいというデメリットがあります。そこで本章では、車一括査定というサービスを使って、簡単に輸出業者を探す方法についてご紹介します。その前に、まずは車一括査定について簡単に説明します。

車一括査定とは複数の買取業者に査定依頼できるサービス

車一括査定を簡単に説明すると、複数の買取業者に査定依頼ができるサービス。買取業者は星の数ほどありますが、1社ごとに申し込みをすると非常に時間がかかります。

そこで車一括査定を使い、売りたいクルマの情報などを、一気に複数業者に送ってしまうのです。こうすれば、面倒な手間なく複数業者に査定依頼が可能。

後は各社の査定結果を比較して、最も高い買取業者に売却するだけ。非常に便利なサービスですので、車一括査定を使えば、簡単に輸出業者を見つけることもできてしまうのです。

車一括査定で輸出業者を探す方法

車一括査定で輸出業者を探す方法
車一括査定の利用方法は簡単で、専用のサイトに郵便番号や連絡先、売りたいクルマの情報を入力するだけ。次の画面で、郵便番号から自動的に近隣の買取業者をリストアップしてくれます。輸出業者を探す方法は、たったこれだけ。売りたいクルマの情報を入力しているため、そのクルマを欲しがっている買取業者を自動でマッチングしてくれるのです。

もちろん、中には機械的に表示される買取業者もあります。しかし、自分で近隣の買取業者を洗いざらい調べるよりも、簡単に業者探しができてしまうのは事実です。クルマを高く売るためには、その中からピックアップした3〜5社を競わせましょう。

複数業者を競わせるとクルマが高く売れる

車一括査定を使うなら、最低でも3〜5社の査定を受けることをおすすめします。1社の査定しか受けないと、提示された査定価格が適正かどうか判断できません。

もしその1社が、国内にしか販路を持たない買取業者だったら、最高価格が提示されることはありません。しかし、3〜5社程度に査定をしてもらえば、海外に販路をもつ買取業者に巡り合う確率が高くなります

数社の結果が横並びなら、それが適正価格と言えるでしょう。また、各社の査定結果を基に、交渉をするという方法も使えるようになります。「他社の方がいくら高かった」と伝えるだけで、査定額が上がっていくこともあるのです。

この方法を使えば、どんなクルマであっても最高価格で売ることが可能。利用料もかからないので、最も簡単な方法です。

車一括査定はいくつかありますが、中でもオススメなのが「カーセンサー」です。

車一括査定のオススメについては「【2022年最新】車一括査定のおすすめランキング決定版!6サイトを徹底比較」をご確認ください。

まとめ

日本車は海外で人気が高く、輸出をすれば高く売れます。しかし個人が海外輸出でクルマを高く売ることは、ほとんど不可能に近いといえます

そこで、海外に販路をもつ買取業者に買取を依頼するのがおすすめ。こうした業者を探すのは、車一括査定が便利です。複数社の査定結果を競わせれば、最高価格でクルマを売れます。

そのため、そもそも自分で海外輸出をする必要がないのです。日本車は品質が高いことから、海外なら古いクルマでも高値で取引されています。本記事を参考に、どんなクルマが高く売れるのかをしっかり予習しておきましょう。

この記事の著者

石川 貴裕

石川 貴裕 近影
上場企業で車一括査定サービスの責任者を従事。その際に大手の車買取店との折衝やコールセンターの見学を体験。JPUCなどの車買取業界の健全化に向けた取り組みにも参加。2017年12月に退職後、合同会社ラビッツを設立。合同会社ラビッツでは、中古車売買のお得情報を発信するメディア「パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル」や不動産売買のお得情報情報を発信するメディア「不動産売却の教科書」を運営している。