車査定と走行距離の関係は?10万キロ以上の過走行車でも高く売る方法

クルマを手放す基準の一つが、走行距離という人は珍しくありません。

故障の心配や先々の安心感を考えると、一定距離数に到達したタイミングで手放そうと考えるでしょう。その一つが「10万キロ」ではないでしょうか?

  • 走行距離が多すぎると高く売れないって本当?
  • 車査定の基準では、どれくらいまでなら過走行にならない?
  • 走行距離が多いクルマでも高く売る方法を知りたい

この記事では、走行距離に関するあらゆる疑問にお答えする内容になっています。

もし、走行距離が10万キロを超えたクルマを売ろうと思っている人は、査定よりもこの記事を先に読むことをおすすめします。

走行距離は車査定で最も重視されるポイント

走行距離というのは、クルマの価値を決める大きなポイントの一つ。クルマには寿命があり、それを把握する指標が走行距離と年式です。

想像に難くないですが、走行距離は短い方が高く売れます。走行距離が増えると、当然故障のリスクが高まります。

年式による経年劣化もありますが、走行距離が多いことは部品の劣化につながるのです。走行距離が多いクルマを「過走行車」と呼びますが、車査定の時に不利になります。

もちろん、走行距離だけが査定価格を決めるポイントではないので、必ずしも過走行車が安く買い取られるとは限りません。それでは、どのくらいの走行距離を超えると車査定で不利になるのでしょうか?

10万キロを超えると要注意

10万キロを超えると要注意
車査定において、過走行車と呼ばれるのは10万キロを超えたクルマのことを指します。新車登録から何年経っているのかにもよりますが、一般的には「1万キロ、5万キロ、10万キロ」が価格を分ける大きなポイントになっています。

1万キロというのは、ほとんどのクルマが超えているため、あまり該当する人はいないでしょう。比較的年式が新しいクルマは、1万キロを超えているかどうかが一つのポイントとなります。

また、外国製のスポーツカーや超高級車なども、1万キロを下回っていれば「低走行車」として高く評価されます。次に、5万キロと10万キロのクルマについて、少し詳しく説明します。

5万キロはターニングポイント

1つのターニングポイントと言われているのが、走行距離が5万キロを超えるかどうかです。5万キロというのは、買取価格が大きく下がる10万キロのちょうど半分。このタイミングのクルマを「多走行車」と呼び、5万キロを上回る分だけ買取価格が下がっていきます

一般的に、クルマの走行距離は「1年1万キロごと増えていく」と捉えられています。それに当てはめると、5万キロというのは、新車登録から5年が経過した時です。

クルマの保証の多くが5年で切れるため、今後の修理は実費となります。ちょうど2回目の車検を迎えることもあり、ここで手放す人が意外と多いのです。保証が切れるタイミングと、多走行車と呼ばれるタイミングが重なることで、買取価格に影響を与えていると言えるでしょう。

しかし、5万キロを下回っているクルマは事情が変わってきます。5万キロを下回っていれば、中古車として流通した時の見栄えが変わってきます。そのため4万キロ台のクルマは、高価買取が期待できるのです。年式が古いクルマでも、5万キロ以下なら査定員の心象も大分良くなります。

10万キロを超えると買取価格は大きく下がる

日本のクルマは非常に高品質ですが、かつては「10年または10万キロが寿命」と言われていました。今では20万キロでも大きな故障なく乗れますが、その名残が根強く残っています。

そのため、10万キロ以上走ったクルマは中古車市場でも人気がありません。その結果、10万キロを超えたクルマは「過走行車」として大きく買取価格が下がってしまうのです。

とはいえ、10万キロ以上乗ってしまったクルマが品質的に問題があるかといえば、そんなことはありません。しっかりメンテナンスをすれば、まだまだ乗れます。

これが、車査定における走行距離の評価です。10万キロを超えたクルマは買取価格が下がってしまいますが、売れないわけではありません。

走行距離の目安は1年1万キロ

クルマの価値は、走行距離だけで決まるわけではありません。しかし、走行距離が占める割合は大きいので、価値が下がらない目安について知っておきましょう。

一般的には、走行距離の目安は「1年1万キロ」と考えられています。つまり、新車登録から5年経過したクルマなら5万キロ、10年経過したクルマなら10万キロは一般的なのです。

車査定でも、1年1万キロを基準にしています。そのため、「新車登録年数×1万キロ」の結果が重要です。5年経過したクルマの走行距離が6万キロなら、それは過走行気味のクルマとして減額される可能性があります。

逆に、5年経過したのに4万キロなら、低走行車としてプラス査定になります。何事もバランスが重要なので、極端な例はマイナスに作用することもあります

たとえば、10年経過したクルマの走行距離が1万キロ以下というのがこれに該当します。あまりに乗っていないクルマというのは、経年劣化が進んでしまいます。

車査定では「適度に乗っている」ことが評価されます。日常的にクルマを動かしていることが大事なので、1年1万キロまでは許容範囲内なのです。

クルマを売る時は、新車登録からの年数に1万キロをかけて、それを上回るか下回るかが指標となります。

過走行車は高く売れない?

前章までの説明で、車査定基準と走行距離の関係はなんとなくわかったと思います。現時点で10万キロを超えてしまっている場合や、年式の割に走っている場合、「自分のクルマは高く売れないかも」と思ってしまうかもしれません。

しかし、過走行車であっても高く売れないわけではないのです。冒頭でもお話した通り、クルマの価値は走行距離だけでは決まりません。

過走行車が売れる3つの理由

過走行車が売れる3つの理由
過走行車が高く売れないというのは、間違った認識です。買取店の査定員などは、「10万キロを超えているので処分料がかかります」などということがあります。

しかし、今どきのクルマは10万キロを超えていても需要があるため、処分料がかかることなどめったにありません。そのため、もし査定時にそのように言われたら、その買取店は利用しない方がいいでしょう。

正しい知識を蓄えておけば、こうしたセールストークに惑わされずに済みます。

海外需要がある

記事の冒頭でもご紹介しましたが、10万キロを超えたクルマでもすぐに壊れることはめったにありません。きちんとメンテナンスをすれば、20万キロでも余裕で乗れてしまうのです。

しかし、日本国内ではその事実よりも「10万キロがクルマの寿命」というイメージの方が強いのです。こうした点から、買取業者は過走行車なら海外に輸出するのです。海外では、品質の高い日本車はとても人気があり、10万キロというのは低走行車の扱いです。

とくに日本国内で乗られていたクルマは、2年に一度車検を受けていることもあり、メンテナンスが行き届いています。高品質でメンテナンスがしっかりされているクルマとなれば、海外では国民の足として大活躍することは間違いありません。

さらに東南アジア諸国では、日本車の人気が高いのです。こうした海外需要があるため、走行距離が10万キロを超えていても、売れるのです。

部品に価値がある

過走行車は海外に輸出されることが多いというのは、前述の通りです。そうなると、保守部品が必要になります。そのため、車体に価値はなくても部品に価値が残っているため売れるというケースがあるのです。

古いクルマになれば、メーカーは部品供給をやめてしまいます。そうすると、そのクルマに乗り続ける人は困ってしまいます。そこで、同じクルマから中古部品を取り外し、交換するのです。中古部品の方が安価なので、修理代を抑えられるというメリットもあります。こうした理由から、過走行車でも買い取ってもらえるのです。

鉄としての価値がある

過走行車で、部品もボロボロで使いみちがない場合でも、買い取ってもらうことは可能です。なぜなら、ボディや部品に鉄が使われているから。

鉄には金属としての価値があるため、どんなにボロボロな状態でも価値がなくなることはないのです。一般的に、クルマ1台には3〜5万円程度の鉄の価値があると言われています。またハイブリッドカーなら、バッテリーにレアメタルが使われているため更に価値が上がります

以上のことから、走行距離が10万キロを超えているからといって、売れないというのは間違いであることが分かります。ただし、クルマの査定価格は走行距離以外にも、複数の要素を見て決めます。総合的に見て「価値が残っていない」と判断されてしまうこともあるため、どこに売るのかをしっかり見極める必要があります。

過走行車は買取業者とディーラーどっちで売るべき?

過走行車はどこで売却するべきか
自分のクルマが過走行車なら、どこで売るのかをしっかり見極めましょう。買取店で売った方がいいケース、ディーラーで売った方がいいケース、それぞれの特徴をご紹介していきます。

買取店が向いているケース

買取店での売却が向いているのは、以下の特徴に当てはまるクルマです。

  • 10万キロを超えているが年式は新しいクルマ
  • 過走行車だが、クルマの状態が非常に綺麗
  • 手厚いメンテンスをして乗ってきたクルマ

上記に当てはまるクルマを持っているなら、買取店の利用が向いています。そもそも、新しいクルマであれば10万キロを超えていても需要があります。

走行距離は多いものの、年式が新しいことで経年劣化は考えられません。つまり、故障のリスクは低いクルマとなるのです。年式が新しく、走行距離だけが多いクルマは、そのクルマを安価で欲しい人達に人気があります。

低走行車に比べれば買取価格は安くなってしまいますが、需要があるため高価買取も期待できます。また、過走行車であってもクルマの状態が綺麗なら、高値で買い取ってもらえる可能性があります。豪華装備が多数あれば、プラス査定が望めます。他にも、定期的にメンテンスをしてきた記録が残っているクルマは、過走行車でも高評価です。

クルマは定期点検の際に、「点検記録簿」が発行されます。点検記録簿には、どんな点検や整備をしたのか、どんな部品を交換したのかが詳細に記されています。

クルマのカルテのようなものなので、過走行車でも安心感をアピールできます。買取店は、こうした特徴のあるクルマなら、走行距離が多くても積極的に買い取っているのです。

オススメの買取店については「【2022年最新版】車買取店の評判とおすすめランキング決定版」をご確認ください。

ディーラーが向いているケース

ディーラーでの売却が向いているのは、以下の特徴に当てはまる時です。

  • 買取店で0円と言われた
  • 廃車専門の買取店にも0円と言われた
  • 新車購入に伴う買い替え

ディーラーは買取店に比べると、買取価格は安くなってしまいます。そのため、大半のケースは買取店を利用した方がお得になります。しかし、買取店が買い取ってくれるのは「中古車として売れるクルマ」に限ります。

過走行車かつ状態も悪い場合、商品価値がないと判断されて0円と言われてしまうことがあるのです。海外に販路がない買取店は、過走行車を高値で売れる海外に自社で輸出できません。

そのため、国内需要がないクルマは、査定価格をつけられないのです。いくつかの業者に査定を依頼し、値段がつけられないと言われた時はディーラーの下取りを利用しましょう。

ディーラーは、新車販売促進のために、どんなに古くて過走行なクルマでも買い取ってくれます。しかし、ディーラーの下取りは、新車購入時にしか使えません。買い替えに伴い、過走行車を手放す時に限り使える方法と覚えておきましょう。

買取店とディーラーを使い分ければ、過走行車でもできる限り高く買い取ってもらえます。まずは買取店で査定を受け、複数社の結果が「0円」になったら、ディーラーの査定を受けましょう。

走行距離以外で車査定時にチェックされるポイント

査定価格を決める要素
本記事では、車査定基準について何度も説明をしてきました。クルマの価格は走行距離だけでは決まりません。そこで、走行距離以外にもどんな査定基準があるのか、本章で詳しくご紹介していきます。

走行距離以外で車査定時にチェックされるポイント

  • 車種の需要
  • 年式
  • 走行距離
  • 修復歴
  • 内外装の状態
  • オプション・付属品

上記6つのポイントと、走行距離をチェックして、査定価格が算出されます。それぞれの査定基準について、具体的な内容を解説します。

車種の需要

中古車として再販する場合、車種自体の需要は大きなポイントです。たとえば軽自動車やミニバン、SUVというジャンルのクルマであれば、過走行車でも高価買取が期待できます。

これは、そのジャンルのクルマの人気が高いことが理由です。それぞれのジャンルの中でも、人気車種とそうではないクルマがあります。当然人気車種の方が高く売れるため、車種というのは査定価格を大きく左右するのです。

年式

当然ですが、年式は新しい方が高く売れます。新車登録から3年以内なら、メーカーの保証期間内であり、過走行車でも人気があります。

5年を経過すると、保証期間が終了してしまうため相場は下がります。10年を経過してしまうと、古いクルマとして国内の需要はほとんどなくなってしまいます。

内外装の状態

クルマの見た目を左右する、ボディの傷や凹みは大事な査定基準です。塗装の艶があること、傷が少ないことはプラス査定になる要素です。過走行車であっても、ボディが綺麗なら需要もあります。内装も同じことが言えるため、車内の清潔さは大事です。

内外装の汚れは、査定前に自分で出来る範囲で綺麗にしておきましょう。簡単な洗車と掃除だけで、査定時の印象はかなり変わるはずです。

修復歴

クルマが大きな事故や修理をしていないというのも、車査定基準においては大事なポイントです。大きな事故を起こすと、車体の骨格部分が歪みます。それを修理したクルマを「修復歴車」と呼び、マイナス査定の原因になります。

オプション・付属品

車内の快適装備や、豪華装備はプラス査定となります。とくにサンルーフや本革シートなど、後から付けられない装備品は高く評価されます。査定員によっては、純正装備品なのかオプション品なのかわかっていないことがあるので、査定時に積極的にアピールしましょう。

過走行車の場合、走行距離でのマイナスを他の部分で補う必要があります。少しでも査定価格を上げるために、新車購入時の付属品などはすべて用意しておきましょう。取扱説明書や、スペアキーなどは忘れがちなので、査定前に準備しておくことをおすすめします。点検記録簿もあるものは全て用意し、メンテンスをしっかり行っている、とアピールするのも忘れないようにしましょう。

まとめ

クルマの価値は、複数の要素で決まります。しかし走行距離が占める割合は大きいので、なるべく低走行なクルマほど高評価となります。低走行車と過走行車のボーダーラインは5万キロと言われているため、クルマを売却する一つの指標にしましょう。

10万キロを超えているクルマは「過走行車」と呼ばれ、買取価格は大きく下がってしまいます。しかし海外で需要があるため、輸出を得意とする買取店に売却するのがおすすめです。

複数の買取店で査定を受け、値段がつかなかったらディーラーで査定を受けましょう。複数の買取店への査定依頼は車一括査定が便利です。

車一括査定はいくつかありますが、中でもオススメなのが「カーセンサー」です。

車一括査定のオススメについては「【2022年最新】車一括査定のおすすめランキング決定版!6サイトを徹底比較」をご確認ください。

この記事の著者

石川 貴裕

石川 貴裕 近影
上場企業で車一括査定サービスの責任者を従事。その際に大手の車買取店との折衝やコールセンターの見学を体験。JPUCなどの車買取業界の健全化に向けた取り組みにも参加。2017年12月に退職後、合同会社ラビッツを設立。合同会社ラビッツでは、中古車売買のお得情報を発信するメディア「パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル」や不動産売買のお得情報情報を発信するメディア「不動産売却の教科書」を運営している。