クルマを売るベストな時期・タイミングは?気にせず高く売るにはどうする?

クルマを手放す時、ほとんどの人が廃車ではなく売却を選択するでしょう。その際、できるだけ高く売りたいというのは誰もが考えることです。そうなると、高く売るためにさまざまな疑問が浮かんできます。

  • クルマが高く売れる時期ってあるのだろうか?
  • どのタイミングで手放すのがお得なのか知りたい
  • 時期に関係なくクルマを高く売る方法を知りたい

クルマの価値というのは、新車登録から年月が経過すればするほど落ちていきます。つまり、なるべく早く売った方がいいのです。しかし、1日2日程度で価値は大きく変わりません。

そこで本記事では、クルマを売るおすすめの時期をご紹介します。「乗らなくなったらなるべく早く売る」という大原則は変わりませんが、高く売れる時期が近いなら合わせるのは賢い方法です。

クルマが高く売れる時期は「1〜2月」「7〜8月」

先に結論からお伝えすると、クルマが最も高く売れる時期は「1〜2月」「7〜8月」の2回。もし、すぐにこの時期がやってくるなら、ここで車査定を受けるのがおすすめです。

1〜2月は新生活の需要が高まるため

毎年、3月はクルマが最も売れる時期と言われています。これは4月からの新生活で、クルマが必要になる人が多いから。とくに、大学生や新社会人が通勤通学に使うための中古車は需要が高いのです。

また、3月は中古車販売店の決算期にあたります。なるべく多くのクルマを売りたいと考えるため、事前に在庫確保をしておくのです。3月に売るクルマなら、3月に買い取っていたら間に合いません。商品として並べるために、整備やクリーニングは必須。少し前から買い取っておき、需要が高まる3月に向けて整備などをしておくのです。

7〜8月は9月が需要期だから

毎年9月は、クルマが売れやすい時期と言われています。これは、夏のボーナスでクルマを買う人が一定数いるから。秋にも転勤等の人の動きがあるため、そこでクルマが必要になる人もいるのです。また、9月も中古車販売店は決算期です。決算期に1台でも多くのクルマを売れば、会社の業績は上がります。

決算期セールを開催するために、少し前から積極的に買取をおこなうのです。9月に販売するクルマなら、最低でも1ヶ月前には仕入れておきたいと業者は考えます。そこで、7〜8月を買取強化月間と銘打ち、仕入れをおこなうのです。

他にも気にしたい4つの時期

売却がベストな4つの時期
クルマは毎年の自動車税や2年に一度の車検など、何かと出費が多いものです。こうした出費のタイミングも、クルマを手放す時期に関係してきます。

自動車税の時期

さきほどお伝えした通り、クルマは毎年必ず自動車税を納めなければいけません。自動車税は安くて3万円、高ければ10万円を超える場合もあります。税金が安い軽自動車であっても、毎年必ず1万円は納めないといけません。

そこで、自動車税の課税タイミング前に手放すというのも、一つの方法なのです。自動車税は、毎年4月1日時点で車検証に記載されている所有者が、納税義務者です。つまり3月中にクルマを手放してしまえば、課税のタイミングを避けられます。

しかも、前章でご紹介した通り、3月はクルマが多く売れる時期です。少し前の1〜2月の間に手放しておけば、自動車税を納めなくていい上に、クルマも高く買い取ってもらえます。2つの時期が重なる、ベストタイミングと言えるでしょう。

車検のタイミング

どんなクルマでも2年に一度、必ず受けなければいけないのが車検です。車検は基本料金が3〜5万円かかる上、自動車重量税や自賠責保険料も支払わないといけません。車検は受けるだけで10万円近くの出費が予想されるイベントなのです。そこで、車検前のタイミングでクルマを手放してしまうという方法もあります。

車査定基準において、車検の残月はあまり関係ありません。車検直前て手放しても、大きな減額にはならないのです。逆に、車検を受けてから手放すと、車検が残っているからといって高く買い取ってくれるとは限りません。

2〜3万円程度の上乗せは期待できますが、車検代を取り戻すには足りません。こうした事情があるため、車検は受けずに手放した方がお得なのです。

モデルチェンジ前

乗っているクルマがモデルチェンジ前なら、そのタイミングで手放した方が高く売れます。クルマは定期的にモデルチェンジを繰り返し、常に最新機能を装備しています。モデルチェンジで形が変わることも珍しくなく、まったく別のクルマになってしまうこともあるのです。

こうした時、今まで乗っていたクルマは「旧型」となってしまい、買取価格は大きく下落してしまいます。なぜなら、最新モデルが欲しいと考えるのは皆同じだから。性能が劣る旧型を買う人は、必然的に少なくなってしまうのです。

モデルチェンジ情報はネットで簡単に調べられるので、定期的に情報をチェックするのがおすすめです。

10年または10万キロ

高く売れるクルマというのは、中古車市場で誰もが欲しがるクルマであることです。日本の中古車市場では、10年または10万キロを超えたクルマは人気がありません。品質的には何の問題もないのですが、「すぐに壊れそう」というネガティブイメージを持たれてしまうのです。

そのため、新車登録から10年が経過したクルマや、走行距離が10万キロを超えたクルマは二束三文にしかなりません。クルマを売るタイミングは、この点を考慮して決めましょう。

古いクルマを高く売る方法については「10年~20年落ちの古いクルマを高く売る方法は?廃車にするしかないの?」をご確認ください。

ベストタイミングは複数の時期が重なる時

ベストタイミングは複数の時期が重なる時
クルマを売るのに適している時期は、実は年中チャンスが転がっている状態です。タイミングを見計らうばかりに気を取られていると、最もいい時期を逃してしまいます。

自分のクルマの状態を正しく把握する

まずはじめにすべきことは、自分のクルマの状態を正しく把握すること。以下のチェックポイントを参考に、クルマの情報を整理してみましょう。

  1. 新車登録から何年経過しているか
  2. 走行距離は何キロか
  3. 車検の時期はいつか
  4. モデルチェンジはいつなのか
  5. 直近で出費が予想される出来事があるか

これらをしっかり整理することで、ベストタイミングを導き出すことが可能です。たとえば、新車登録から10年が経過しようとしていれば、それは売り時が来ている証拠。

走行距離が10万キロを超えそうな時も同じです。また、車検が近づいているようなら、車検前に手放すことを検討しましょう。モデルチェンジが近い場合、モデルチェンジ前に手放すことで損をしません。

最後に、自動車税や自動車保険の更新時期など、直近でクルマに関する出費があるようなら、その前に売却するのもいいでしょう。こうした時期がいくつか重なることがあれば、それがベストタイミングと言えます。

  • 今年の1〜2月を逃したら新車登録から10年過ぎてしまう
  • 9月に車検を控えているけど、7〜8月はクルマが高く売れる時期だった

このように、クルマが高く売れる時期と自分のクルマの状況が当てはまるタイミングこそ、手放すのに適しているのです。クルマを売るのに適している時期は数多くあるので、一年中チャンスがある状態です。しっかり見極めて、タイミングを逃さないことがポイントです。

車売却で避けた方がいい時期

クルマを売るのに適した時期は、年に何度もあります。しかし、避けるべき時期もあるので、損をしないためにもしっかり確認しておきましょう。

4月は買取相場が下がる

3月にクルマがよく売れるのは、4月からの新生活を見越した需要があるからです。4月から新生活が始まる人は、3月中にクルマを用意する必要があります。5月にクルマが必要になる人は少ないため、4月は販売台数が落ち込みます。

販売店も3月の決算期を過ぎ、一息つくタイミング。そのため、買取相場が全体的に下がってしまうのです。また、4月1日の時点でクルマを所有していれば、自動車税の納付義務が発生します。

自動車税は1年分を先払いするシステムなので、すぐにクルマを手放したとしても1年分を納める必要があります。極端な話、4月1日にクルマを売却した場合でも、5月になったら1年分の自動車税を納めないといけないのです。こうした事態を避けるため、買取業者のほとんどが、自動車税分を買取価格に上乗せしてくれます。

しかし軽自動車の場合、還付の仕組みがないため、こうした処理をしてもらえない可能性があります。どちらにしても、4月以降にクルマを売却するメリットはあまりないので、できればそれ以前に手放すことをおすすめします。

年末はクルマの需要が落ち込む

クルマを買う時に、忙しい年末に買おうと考える人はあまりいません。年末年始は出費もかさむので、車自体の需要は大きく落ち込みます。そのため、買取相場も下がってしまうのです。

買取業者は、年末に買い取ったクルマはしばらく在庫となることを見越します。その結果、在庫管理費用を差し引いて査定価格を算出する傾向があります。年末年始をまたいでしまう場合、役所もお休みで書類の用意もままならないでしょう。

車売却にはさまざまな手続きが必要なので、忙しい時期にクルマを売るのはあまりおすすめしません。1月からはクルマが高く売れる時期なので、しばらく待ってから売却する方がいいでしょう。

車検直後は損をする

記事前半でもお伝えしましたが、車検直後に売却すると損をする可能性があります。車検代は10万円近くかかってしまいますが、車検が残った状態で車査定を受けても大したプラスにはなりません。

車検にかけた代金が丸々、損となってしまう可能性があるので、車検は通さずに売ることをおすすめします。買取業者のほとんどが、自社で整備工場を持っています。その工場で格安で車検を通せるため、車検を通したクルマだからといって大きなプラスにはならないのです。

車検で整備をしてあると言っても、買取業者は引き取ったクルマの点検整備を行います。そのため、アピールポイントにならずにプラス査定が望めないのです。車検は3ヶ月以上残っていれば減額されないので、このタイミングで車査定を受けるのがおすすめです。

時期に関係なくクルマを高く売るコツ

時期に関係なくクルマを高く売るコツ
クルマが高く売れる時期に重ならないという人は、これからご紹介するクルマを高く売るコツを実践しましょう。時期関係なくクルマを高く売れるコツなので、査定を受ける前に目を通すことがおすすめです。

もちろん、ベストタイミングで車査定を受ける人も使えるので、しっかり内容を確認しておきましょう。

内外装を綺麗にしておく

内外装を綺麗にしておくことは、クルマを高く売るというよりも減額を防ぐという意味が大きいコツです。実は、洗車をしたからといってプラス査定になるわけではありません。しかし、洗車をしていないと傷や凹みが確認できず、マイナス査定となってしまう可能性があるのです。

ボディの傷や凹みが確認できない時、査定員は「汚れの下に傷や凹みが隠れているかもしれない」と疑います。その場で洗車をして確認することはできないため、減額されてしまうのです。

内装も同じで、汚れていると減額査定されます。正確な査定を受けるためにも、内外装は綺麗にしておきましょう。とはいえ、徹底的に綺麗にする必要はありません。ボディは軽く洗い、内装は不要なものを片付けて掃除機をかける程度で構いません。

ディーラーではなく買取業者に売る

ディーラーは新車を販売するところなので、買取を専門にしている業者に比べると査定価格が低くなりがちです。そのため、クルマを高く売るなら買取業者で査定を受けることをおすすめします。買取業者を選ぶ時、できれば自社で中古車販売しているところを選びましょう。

買い取ったクルマを自社で再販できる業者は、中間マージンを抑えられるため買取価格が高くなる傾向にあります。買取しかおこなっていない業者は、クルマを業者オークションと呼ばれる場所に出品します。業者オークションは全国の中古車販売店が仕入れに使うもので、出品には手数料がかかります。

こうしたコストを差し引いて査定をしなければいけないので、自社で中古車販売を行う業者よりも査定価格が安くなる傾向にあるのです。また、中古車を探しているお客様を自社で抱えていることもポイントです。お客様が探している条件に合致するクルマなら、すぐに再販可能なので積極的に買取をしてくれます。他社よりも高い金額を提示してくれることもあるので、こうした業者に査定してもらうのがおすすめです。

複数社の査定を受ける

車一括査定の仕組み
買取業者に売ると言っても、1社に査定を依頼するだけでは不十分です。さきほどご紹介した自社で中古車販売をしている買取業者以外にも、数社を競わせる必要があるのです。買取業者は、実際に買い取れる限界額よりも低めの査定額を伝えます。

なるべく安く買い取りたいと考えるので、ディーラーよりも少し高い程度の査定額にとどめておくのです。しかし実際には、もっと高く売ることが可能。そこで別の買取業者と競わせて、限界価格まで引き上げる必要があるのです。

しかし、自分で複数社に査定依頼をするのは非常に面倒です。そこで活用したいのが、車一括査定というサービス。これは、1度の申し込みで複数社に査定依頼ができる便利なサービスです。

郵便番号を入力すれば、お住いの地域にある買取業者を自動で表示してくれる機能も付いています。そのため、自分で買取業者を探す手間が省けるのです。こうしたサービスを使い、買取業者を競わせて最高価格を引き出しましょう。

車一括査定はいくつかありますが、中でもおススメなのが「カーセンサー」です。

車一括査定のおススメについては「【2023年最新】車一括査定のおすすめランキング決定版!6サイトを徹底比較」をご確認ください。

乗らないのであれば時期を気にせずすぐに売った方が良い

クルマは所有しているだけでお金がかかるものです。最近乗らなくなったと思ったら、手放すタイミングと言えるでしょう。また、ライフスタイルが変わってクルマが必要なくなった時も同じです。

こうした時は、時期を気にせず早めに売ることをおすすめします。本記事では、クルマを売るのに適した時期をご紹介してきましたが、実際にどれだけ査定額に差が出るのかはハッキリわかりません。それよりも、乗らないクルマを所有し続けることによる、価値の下落の方が大きいのです。

そこで、まずはネットで相場を調べるのがおすすめです。以下のサイトを使えば、簡単に概算の相場を調べられます。

  1. トヨタ「下取り参考価格シミュレーション
  2. 日産「かんたんクルマ査定
  3. ガリバー「中古車買取相場
  4. ズバット車買取比較「中古車の査定相場
  5. ナビクル「買取・下取り相場

中でも、「ズバット車買取比較」「ナビクル」の2サイトは、相場の推移を確認できます。この先どれくらい相場が下がるのか確認できるので、すぐに売った方がいいのか、少し待った方がいいのか確認できます。

ただし、これらのサイトは決算期などによるプラス査定を考慮していません。また、各買取業者が独自に行う、買取強化車種のデータも入っていません。あくまで目安なので、その点だけ注意しましょう。

少し待ってから売る場合、その間にかかる維持費を計算した上で、お得になるかどうかを確認しましょう。基本的にはクルマの値段は日々下がるため、なるべく早く売った方が損をしないことは間違いありません。

個人情報なしで車査定相場を調べる方法は「個人情報なしでだいたいの車査定相場を調べる方法」をご確認ください。

まとめ

クルマは、必要なくなった時が売り時です。維持するだけで税金や車検が発生し、毎月何かしらの出費が発生します。しかし、4月や年末は買取相場が下がる傾向にあるので、その場合は少し待ちましょう。

1〜2月、7〜8月はクルマが高く売れるので、今がその時期なら早めに車査定を受けるのがおすすめです。そして、査定前には必ず内外装を綺麗にしておきましょう。正確な査定が受けられず、マイナス査定をされる可能性があります。

他にも、乗っているクルマの走行距離が10万キロを超えそう、新車登録から10年が経過しそうという人は、売却のタイミングです。本記事でご紹介している内容をしっかり確認し、売却のタイミングが重なる時を探してみましょう。今がどの時期にも該当しないという人は、相場を調べて「すぐに売るべきか待つべきか」を判断しましょう。

この記事の著者

石川 貴裕

石川 貴裕 近影
上場企業で車一括査定サービスの責任者を従事。その際に大手の車買取店との折衝やコールセンターの見学を体験。JPUCなどの車買取業界の健全化に向けた取り組みにも参加。2017年12月に退職後、合同会社ラビッツを設立。合同会社ラビッツでは、中古車売買のお得情報を発信するメディア「パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル」や不動産売買のお得情報情報を発信するメディア「不動産売却の教科書」を運営している。