個人情報なしでだいたいの車査定相場がわかるシミュレーション7サイト

クルマを売ることや乗り換えを考えだした時、「いくらで売れるのかとりあえず知りたい」と思うはずです。

  • 個人情報なしで相場を知ることはできないの?
  • 面倒な手続きなしで愛車の相場を知りたい
  • 正確な相場を知る方法はある?

匿名で車査定の相場を調べることは可能です。しかし正確な価格まではわからないため、最終的には査定を受けるしかありません。

本記事では、匿名で車査定相場を調べる方法をご紹介しているので、まずは相場を知りたいという人は必見です。

個人情報なし(匿名)で相場を調べられるサイト

記事の冒頭でご紹介した通り、個人情報なしでクルマの正確な相場を知ることはできません。理由としては、中古車はコンディションが1台ごと異なるから。走行距離や内外装の状態が全て異なるため、正確な価格は査定を受けないとわからないのです。

しかし、似たような状態のクルマが売買された記録を基にした、買取相場というものは公開されています。

トヨタ公式サイト

トヨタで新車購入を検討している人におすすめなのが、トヨタが公開している「下取り参考価格シミュレーション」というサイト。これは、トヨタのディーラーで行っている、下取りの参考価格を公開しているものです。

専用のページで「メーカー・車名・年式」を選択し、続いてグレードを選択するだけで、下取りの相場がわかります。下取りなので、あくまでディーラーの価格です。

買取店より低めに算出される傾向があるので、参考程度に留めておくのが良いでしょう。しかし、画面の指示に従って操作をするだけで相場がわかるので、個人情報を入れなくてもいいのがメリットです。

選択式なのでカンタンな反面、肝心な走行距離を入力するところがありません。つまり、表示される下取り価格には、走行距離が考慮されていません。走行距離はクルマの価格を決める大きな要素なので、実際の相場とはかけ離れた数字が表示されている可能性もあります。他のサイトと併せて活用することをおすすめします。

>>トヨタ「下取り参考価格シミュレーション」はコチラ

日産公式サイト

日産が提供している「かんたんクルマ査定」は、日産で新車購入を検討している人におすすめ。日産ディーラーで下取りしてもらった時の、参考価格をネットで調べることができます。精度はトヨタのサイトより高く、一部の日産ディーラーでは、このサービスで表示された結果を「最低保証価格」にしてくれます。

個人情報なしで利用できますが、クルマの写真を撮影しなければいけません。また、車検証に記載されているQRコードを撮影する必要もあるので、完全匿名とは言い切れません。質問項目もトヨタのサイトに比べると多く、気軽に利用できるサービスではありません。

もし、手間をかけずに相場を知りたい場合は、「LINEでAIちゃんとかんたん下取り査定」というサービスも用意されています。ラインで日産の公式アカウントを友だち登録する必要があるため、完全個人情報なしとは言えません。

しかし、今乗っているクルマを選択するだけで、すぐに査定価格をお知らせしてくれます。そのまま日産ディーラーで本査定を受ける場合は、個人情報を入力する必要があります。

しかし相場を知りたいだけなら、ラインの友だち登録だけで利用可能。2種類用意されているサービスから、自分に合っている方を選びましょう。

>>日産「かんたんクルマ査定」はコチラ

>>日産「LINEでAIちゃんとかんたん下取り査定」はコチラ

ガリバー買取実績

車買取業者の中でも最大手「ガリバー」では、自社の買取実績を公開しています。買取実績なので、実際に買い取った金額がわかります。

データはメーカーや車種別にまとめられているので、その中から相場を知りたいクルマを選ぶだけです。個人情報を入れる必要はなく、完全匿名で利用できます。

ガリバーは車買取業者なので、ディーラーの下取り価格よりも実際の相場に近いデータが掲載されています。自分のクルマに近い条件のクルマがあれば、かなり正確な相場を知ることができるでしょう。

注意しなければいけないのが、サイトの使いにくさです。買取相場を調べる中で、何度も個人情報を入力する画面が登場します。ここで個人情報を入力してしまうと、ガリバーに査定依頼をすることになってしまいます。ページが遷移するたびに、下までスクロールして相場を調べるのは少し面倒かもしれません。

>>ガリバー「中古車買取相場」はコチラ

グーネット

中古車情報を扱っているグーネットでは、「買取相場検索サービス」も提供しています。自社で中古車情報を扱っている強みを活かし、約30万台のデータから相場を分析しているのが特徴。

現在の相場はもちろん、半年後の相場まで調べることができます。クルマの売り時に悩んでいる人は、グーネットの買取相場検索がおすすめです。しかし、グーネットで相場を調べる場合、完全個人情報なしとはいきません。

郵便番号とメールアドレスを入力する必要があるため、メールで連絡が来る可能性があるのです。名前や住所、電話番号を入力する必要はないため、メール連絡くらいなら問題ない人は利用しても良いでしょう。

>>グーネット「ネット車査定シミュレーター」はコチラ

>>「グーネット」の詳細ページはこちら

ネクステージLINEで車査定

車買取業者の大手「ネクステージ」が提供しているのが、「LINEで車査定」というもの。ラインでネクステージを友だち登録する必要はありますが、営業活動などはありません。

利用方法はカンタンで、「車名・グレード・年式・カラー・走行距離・事故歴・アピールポイント」を入力するだけ。内外装の写真を送れば、より正確な査定価格がわかります。

査定はスタッフが実際に行うため、即結果がわかるわけではありません。混雑時は返信が翌日になるケースもあるので、その点は注意しておきましょう。写真とはいえ、人が実際に判断するので、精度は高いと言えるでしょう。

>>ネクステージ「LINEで車査定」はコチラ
>>「ネクステージ」の詳細ページはこちら

ズバット車買取比較「中古車の査定相場」

ズバット車買取比較が提供しているのが「中古車の査定相場」というもの。そもそも、ズバット車買取比較というサービスに、聞き覚えがない人がほとんどのはず。これは、複数社の買取業者にカンタンに査定依頼ができる「車一括査定」というものです。

車一括査定と聞くと「電話が多そう」と感じるかもしれませんが、ズバット車買取比較が提供する「中古車の査定相場」は、個人情報は一切必要ありません。

メーカーと車種を選び、その後の画面で走行距離や年式を選ぶだけで、すぐに査定相場が表示されます。半年先の相場まで確認できる上、現役査定士のアドバイスまで無料で見ることが可能。結果を見て査定を申し込みたいと思えば、個人情報を入力して査定申し込みをする事もできます。

非常にカンタンで便利なサービスですが、表示される査定相場に開きがあるのが難点。抽象的な相場となっているため、他のサービスと組み合わせて使うという方法がおすすめです。

>>ズバット車買取比較「中古車の査定相場」はコチラ
>>「ズバット車買取比較」の詳細ページはこちら

ナビクル「買取・下取り相場」

ナビクルもズバット車買取比較と同じ、車一括査定のサイトです。ナビクルは個人情報を入力しなくても相場を検索できる「買取・下取り相場」というサービスを提供しています。

車種を選んだら「年式・グレード・新車購入年月・走行距離」を入力するだけ。わかりやすいグラフで、現在の相場を確認できます。また、ナビクルの相場検索ページでは、現在の相場から前後6ヶ月間の相場を確認可能。つまり、1年間で相場がどう変わっているのか、ひと目でわかるのです。

今後相場が下落するようなら、すぐに手放すなどの判断ができます。また、買取相場だけではなく、ディーラーの下取り相場を確認する事もできます。ディーラーと買取店、どちらで売ろうか迷っている人にはおすすめのサービスです。

一見便利なサービスに見えますが、ナビクルの相場検索サービスは、10年以上前のクルマは相場検索ができません。少し古いクルマを売りたいと考えている人は、サービスが利用できないので注意しましょう。

>>ナビクル「買取・下取り相場」はコチラ
>>「ナビクル」の詳細ページはこちら

個人情報なしで調べられる情報は正確ではない

個人情報なしで調べられる相場検索サイトは、どれも大まかな目安が表示される程度でした。やはり、実際に査定を受けないと、ちゃんとした価格はわからないのです。

相場というのは、同じ条件のクルマが売買された履歴に基づく平均値です。平均値は、当然上限値と下限値があり、その差は数十万円以上も開いています。

そうしたデータを、ひとまとめにして算出されるのが「相場価格」なので、実際の買取価格はそれよりも上振れすることもあれば、下振れすることもあるのです。

複数のサービスを組み合わせるのがおすすめ

もし、個人情報なしで限りなく正確な相場が知りたいと思うなら、前章でご紹介したサービスを複数組み合わせましょう。匿名で利用できる相場検索サービスなら、後々電話が来る心配はありません。

複数サービスで相場を検索し、平均値を割り出すことで、正確な相場を割り出すことができます。ただし、クルマが古くなるにつれ、走行距離に開きが出てきて買取価格も差が出ます。

そうなると、相場は当てにならなくなり、複数サービスを組み合わせても正確な相場を知ることはできません。この方法は、発売から2~3年程度の比較的新しいクルマに乗っている人が利用できるものと言えるでしょう。

中古車相場から買取価格を逆算する方法もある

買取価格を逆算する方法
個人情報なしで相場を知る方法には、中古車相場から逆算する方法があります。まずは、「カーセンサー」「グーネット」などの掲載台数が多い中古車検索サイトを使い、自分のクルマと条件が近い個体を検索しましょう。

中古車検索サイトなら、車体色や装着オプションなども選べるので、自分のクルマとほぼ同じ仕様の中古車を探せます。次に、走行距離や年式が同じ個体を複数選択します。

最後に、それらの販売価格を確認し、20~30万円を引いた価格が予想される買取価格です。20~30万円というのは、買取業者の利益などを考慮したものです。

一般的に、買取価格から20~30万円を上乗せしたものが中古車販売価格と言われています。そのため、買取価格を逆算するなら、その金額を引けば良いのです。この方法は、自分のクルマに近い仕様のクルマが複数販売されていることが条件。希少車などは中古車自体が少ないので、この方法が使えません。

正確な査定額を知るためには個人情報を提供するしかない

査定価格を決める要素
今乗っているクルマがいくらで売れるのか、正確な価格を知るためには実査定を受けるしかありません。なぜなら、中古車の価格は1台ごと異なるため、ネットでは正確な価格が割り出せないのです。クルマの査定価格を決める要素は、以下7つのポイントがあります。

  1. 車種
  2. 年式
  3. 走行距離
  4. 修復歴の有無
  5. 内外装の状態
  6. オプションパーツの有無
  7. 付属品の有無

個人情報なしで相場が調べられるサービスでは、上記4つ程度までしか入力項目がありません。そのため、重要な内外装の状態などが考慮されていません。

傷や凹みがあるクルマなら、当然査定価格は下がります。人気のオプションパーツが装着されていればプラス査定となりますし、付属品が揃っていないのは大きなマイナスです。

こうした点が考慮されていないため、相場価格はあまり当てにならないのです。実査定では、査定士がクルマを隅々までチェックするため、正確な状態が把握できます。査定額はその結果が考慮されているから、正確な価格になるのです。

買取店で査定だけ受けることは可能?

実査定を受けなければ、今乗っているクルマの正確な価格を知ることはできません。そうなると「売るかどうかは決まっていないけど、とりあえず査定してもらいたい」と考えるかもしれません。そこで、買取業者の査定を受けることはできるのか気になるところですが、結論としては「可能」です。

買取業者が実施する査定は無料なので、店舗にクルマを持ち込んで査定を受ければ良いのです。来店時に「売るかどうかは査定額を見て決めたい」と話せば、断る業者はありません。

ただし、買取業者の査定は売ることを前提にしています。全く売る気がないのであれば、店舗のスタッフからしてみたら無駄な時間を過ごすことになります。完全な冷やかしで査定を受けるのはやめましょう。

直接買取店に持ち込めば電話なしで査定が受けられる

ネットで車一括査定を申し込むと、直後から大量の電話がかかってきます。それが理由で、個人情報なしで相場を知りたいと考える人が多いのです。その場合は、直接買取店にクルマを持ち込む方法がおすすめです。

個人情報を記入しないと査定は受けられないため、営業活動はあります。しかし、車一括査定のようなしつこい電話はないので、査定を受けるだけなら持ち込みも良いでしょう。

買取店に持ち込む場合、事前の予約は必要ありません。直接最寄りの車買取店へ出向き、査定を受けたい旨を伝えます。混んでいなければ、その場で査定を受けることができるでしょう。査定後は買取店のスタッフと話す必要はありますが、これで正確な査定価格を知ることができます。

査定だけ受けるならJAAIの有料査定がある

もし、どうしても査定価格を知りたいということであれば、JAAIという団体が行っている有料査定を利用する方法もあります。JAAIは「一般財団法人日本自動車査定協会」という団体で、クルマの査定基準などを作っています。

そのため、車査定においてはプロフェッショナルと呼べるのです。ただし、JAAIの査定を受けるためには費用が発生し、1万円程度は見ておかないといけません。公平中立な立場で査定をしてくれるので、正確な価格を知ることは可能です。

しかし、費用をかけてまで査定を受ける理由は、基本的にはないでしょう。また申込みには住所氏名が必須なので、個人情報なしでは受けられない点も覚えておきましょう。

とにかく高く売るなら車一括査定

また、売る気がありとにかく高く売りたいのであれば車一括査定がオススメです。

車一括査定を利用すると、買取業者間で競争が生まれるため、必然的に買取価格が高くなります。もちろん、電話が一斉にかかってくるため、覚悟は必要です。

車一括査定はいくつかありますが、中でもオススメなのが「カーセンサー」です。

車一括査定のオススメについては「【2022年最新】車一括査定のおすすめランキング決定版!6サイトを徹底比較」をご確認ください。

まとめ

匿名で得られる相場は正しくないことが多く、実査定を受ける必要があることはすでにお伝えしました。

クルマを高く売るなら、正確な相場を知ることは必須です。なぜなら、クルマを売る時には必ず実査定を受け、営業マンと価格交渉をするから。もし相場を知らなければ、もっと高く売れるはずのクルマを二束三文で手放してしまう可能性もあるのです。

ネットで調べられる相場だけでは不確実なので、できれば複数の買取業者の実査定を受けましょう。そうすれば、各社の査定価格は大体横並びになります。その価格こそ、正確な相場なのです。

それが分かれば、あとは営業マンに「もっと高くならないか」と交渉するだけ。交渉によりアップした価格は、丸々自分が得した金額と言えるのです。少しでもクルマを高く売りたいなら、個人情報と引き換えに正確な相場を手に入れましょう。

(文:石川貴裕)

この記事の著者

石川 貴裕

石川 貴裕 近影
上場企業で車一括査定サービスの責任者を従事。その際に大手の車買取店との折衝やコールセンターの見学を体験。JPUCなどの車買取業界の健全化に向けた取り組みにも参加。2017年12月に退職後、合同会社ラビッツを設立。合同会社ラビッツでは、中古車売買のお得情報を発信するメディア「パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル」や不動産売買のお得情報情報を発信するメディア「不動産売却の教科書」を運営している。