車一括査定の評判・クチコミは?電話が多いという噂は本当なの?

今の時代、何をするにもネットで評判を調べるのは当たり前のことです。使う前にサービス内容を知っておけば、余計な手間をかけずに最短で目的を達成できます。

中でも利用者の声は参考になる情報が多く、まとめて知りたいという人も多いはずです。

  • 車一括査定をやってみた人の評判を知りたい
  • 車一括査定の仕組みを知っておきたい
  • どんな人なら使うべきか知りたい

メリットがあればデメリットもあるので、両方を知っておくことが大事です。

利用すべきかどうか迷っている人のために「車一括査定を利用すべき人とそうじゃない人」についてもわかりやすく解説しています。

車一括査定をやってみた人の評判

車一括査定の評判
車一括査定はきちんと使えば、クルマを高く売ることができます。実際にやってみた人は多く、ネット上にはたくさんの感想が投稿されており、まとめると以下の3つの評判が目立ちます。

  1. 電話が多い
  2. 営業がしつこい
  3. クルマが思ったより高く売れた

評判1.電話が多い

車一括査定の評判で最も多いのが「電話が多い」というもの。
これは車一括査定の仕組みが「複数の買取業者に査定申し込みをしてくれる」というものだからです。

あくまで車一括査定は申込み代行サイトなので、クルマを査定・買取するのは買取業者となります。そのため申し込み後に「査定日を決めさせて欲しい」という電話がかかってくるのです。

車一括査定の中には、最大で1度に30社まで申し込みができるサイトもあります。それは30社に査定申し込みをすることと同じなので、最低でも30社から電話がかかってきます。

電話に出て査定日を決めてしまえば、同じ業者から電話がかかってくることはありません。しかし、電話の数を減らしたいなら、3社程度に留めておいた方が良いでしょう。

逆に電話がかかってこなかったというクチコミあり

ネット上に書かれている車一括査定の評判は「電話が多い」というものですが、逆に「電話がかかってこなかった」というものがあります。

買取業者は申込みがあった時点で、売りたいクルマの車種や年式、走行距離がわかっています。そのため自社で探していないクルマに関しては、電話をかけないケースがあるのです。

人気車種ならそんな心配はありませんが、不人気車や古いクルマなどは、電話がかかってこない可能性もあります。

評判2.営業がしつこい

車一括査定に申し込みをすると、買取業者の査定を受けることになります。査定は自宅の駐車場で受けられますが、しつこい営業マンは帰ってくれないことがあります。

特に車一括査定経由だと、買取業者にとってはライバルがいることになるので、意地でも買い取ろうとする傾向が高いのです。
きっぱり断れる人なら大した問題ではありませんが、断りづらい人にとっては大問題です。希望金額に満たない場合は無理に契約する必要はないので、帰って欲しい旨をしっかり伝えましょう。

評判3.クルマが思ったより高く売れた

車一括査定の最大のメリットは、クルマが高く売れること。その効果を実感する人は非常に多いようです。

一般的に、買取業者は1社だけに査定をすると最高価格が提示されることはありません。

中古車の価格は決まったものがないため、安い金額を提示しても気づかない人が多いのです。しかし複数社が査定をすれば「他社より高い・安い」という判断ができ、大体の相場がわかります。

その結果、相見積もりとなってクルマを高く売ることができるのです。差額は数十万円になることも珍しくないので、高くクルマを売りたい人は覚えておくようにしましょう。

車一括査定とは

車一括査定とは
車一括査定とは、複数の買取業者に査定依頼ができるサービスです。クルマは複数社に査定をしてもらうことで高く売れますが、各社に申し込みをしなければいけないというデメリットがあります。

毎回売りたいクルマの車種や年式、走行距離を伝えなければならず、非常に面倒です。しかし車一括査定を使えば、クルマの情報と連絡先を1度入力するだけで、複数社に査定申し込みができてしまうのです。

また、車一括査定サイトが実際にクルマを買い取っているわけではないので、その点だけ覚えておくようにしましょう。

車一括査定の仕組みと利用の流れ

車一括査定サイトは、全国の買取業者と提携しています。申し込みがあったら、その情報を提携している買取業者に提供。実際に査定をするのは車一括査定サイトと提携している、全国の買取業者なのです。

仕組みがわかったところで、実際に利用の流れをカンタンに解説します。利用の流れはシンプルで、大きく以下の4ステップに分かれています。

  • ステップ1.車一括査定サイトに申し込む
  • ステップ2.各買取業者と査定日の調整をする
  • ステップ3.各社の査定を受ける
  • ステップ4.クルマを売却する

クルマを査定するのは買取業者です。そのため車一括査定サイトで申し込みをしたら、各社と電話で査定日の調整をしなければいけません。電話が多いと感じるのはそのためです。

その後、調整がついた業者の査定を受け、各社の査定額を比較。一番高かった買取業者に売却をするだけです。使い方は非常に簡単で、仕組みもシンプルであることがわかります。

車一括査定のメリット・デメリット

自分にとってメリットが魅力的なら利用する理由になりますし、デメリットが致命的なら利用しない理由になります。

メリット「人気車種なら高く売れる」

車一括査定最大のメリットは、クルマが高く売れるということ。相見積もりができるため、相場よりも高い金額で車が売れるのです。しかし評判でもお伝えしましたが、人気車種に限ってその傾向が強いのです。

つまり、人気車種なら高く売れる可能性が高いということになります。人気車種というのは、以下のジャンルに属する車を指します。

  • 軽自動車
  • コンパクトカー
  • ミニバン
  • SUV
  • ハイブリッドカー

車一括査定はライバル同士を競わせる必要があるため、ライバルが多いジャンルの車ほど競争が激化します。不人気車は欲しがる業者が少なくなるため、高く売れる可能性が低くなってしまうのです。不人気車に代表されるのは、以下に該当する車です。

  • スポーツカー
  • 輸入車
  • 古い車
  • 事故車、修復歴車

こうしたクルマはライバル同士を競わせることが難しいため、車一括査定との相性はあまり良くありません。しかし、その場合は申込みをする業者数を増やすなどの対応を取れば、高く売れる可能性が上がります。

車一括査定を選ぶ際は、提携業者数が多いサイトを利用しましょう。提携業者数が多いサイトを使い、多くの買取業者に申し込みをすれば、そのクルマを探している業者とマッチングする確率が高くなります。

デメリット「電話が多い」

デメリットはすでにお伝えしているように、とにかく電話が多いということ。申し込み業者数を増やしてしまうと、着信が数百件になってしまうケースもあります。電話は査定日を決めるためのものなので、かかってきた電話で査定日を決めてしまえば、同じ業者から再び電話がかかってくることはありません。

しかし電話に出ないと、何度でもかけてくるのです。オートコールシステムというものを採用している買取業者は、コンピューターが自動で電話をかけているため、担当者が「これ以上かけたらしつこいかもしれない」と感じることもありません。

ただし、「カーセンサー」を使えばオークション形式の売却方法も選択できます。

オークション形式の場合は、電話は1社のみでネット上で入札する仕組みなので、電話が嫌な人におすすめできます。

>>カーセンサー公式サイトはコチラ

【結論】車一括査定はやめた方がいい?

車一括査定の結論
車一括査定のデメリットを知って、利用をためらう人もいるかもしれません。やめた方がいいかどうかを決めるたった一つのポイントは「クルマを高く売りたいかどうか」です。

車一括査定のデメリットである「電話が多い問題」は、申込み業者を減らせば解決できます。それでも若干の電話対応は必要になってしまうため、どうしても電話が嫌だと思えばやめた方がいいでしょう。

  • 【利用するべき】クルマを高く売りたいならやるべき
  • 【利用を控えるべき】電話が面倒ならやめた方がいい

【利用するべき】クルマを高く売りたいならやるべき

クルマを売るとき、最も重視することが「高く売りたい」ということなら、車一括査定はやるべきです。

電話が面倒というデメリットはありますが、クルマが高く売れることは事実です。それは仕組みでもご紹介したように、車一括査定を使えば複数社が査定をしてくれるから。

同じクルマを複数社で査定してもらえば、当然相見積もりになって競争が生まれます。1社に査定してもらうだけでは相見積もりにならないので、クルマを高く売ることはできません。また自分で複数社を回るとしても、電話の代わりに買取業者を回るという手間が発生します。

  • クルマを高く売るためには複数社の相見積もりが必須
  • 車一括査定を使わない場合は自分で買取業者回りをする

上記を考えて「それなら少しの電話くらい我慢できる」と感じた人は、車一括査定を使って満足な結果を得られるでしょう。

【利用を控えるべき】電話が面倒ならやめた方がいい

もし、車一括査定に対して「簡単に車を売りたい」という期待をしているなら、利用はおすすめしません。最も簡単で手間がかからないクルマ売却方法は、ディーラーの下取りを使うことです。

ディーラーの査定額に満足できず、もっとクルマを高く売りたい人が、少しの手間をかけて利用するのが車一括査定というイメージです。電話の数を減らせるとはいえ、ある程度の電話対応が必要なことは変わりません。

買取価格よりも手間なく売りたいという人は、車一括査定を使うと面倒と感じてしまうかもしれません。

車一括査定はサービス内容を理解して使えば危険はない

車一括査定の評判を見ると、悪いイメージを持った人に共通することがあります。それは「クルマが簡単に売れると思っていたが、そうではなかった」ということ。

  • 【誤解】車一括査定を使えば車が簡単に売れる
  • 【正解】車一括査定を使えば車を高く売ることができる

車一括査定は、そのサービス自体が車を買取っているわけではありません。あくまで買取業者に対して、申し込みを代行してくれるものです。

「一度の申し込みで複数社に査定依頼できる」という部分が『簡単』であり、「簡単に車が売れる」とは異なります。つまり、複数社に査定依頼をしようと考えている人以外が使うと、想像と違う結果になってしまうのです。

簡単に車を売りたいなら、ディーラーか買取業者1社に査定をしてもらいましょう。対応する業者が増えるほど手間が増えるのは当然なので、車一括査定を使ってしまうと申込み業者の分だけ手間がかかります。

また「危険」という評判を見かけるので、その部分についても正しい認識をご紹介しておきます。

危険なのは車一括査定ではない

すでにご紹介した通り、車一括査定が買取を行っているわけではありません。ですので一括査定では、全国にある提携業者に査定依頼が可能です。しかし、評判が悪い買取業者が紛れ込んでいるケースもあります。

こうした買取業者に当たらないためには、大手買取業者に絞って申し込みをするのがおすすめ。信頼できる買取業者は、中古車業界の健全化を目的とした「JPUC」や「JADRI」に加盟しています。両方の公式サイトをチェックし、加盟している業者に査定依頼すれば危険はありません。

また、車一括査定サイトも運営会社で選ぶと良いでしょう。大手有名企業が運営していれば、個人情報の取り扱いもしっかりしています。安心できる車一括査定を使い、安心できる買取業者に査定依頼をする。たったこれだけで危険度がぐっと下がり、安心してクルマを売ることができます。

車一括査定はいくつかありますが「カーセンサー」がおススメです。

詳細については「【2021年最新】車一括査定のおすすめランキング決定版!6サイトを徹底比較」でご確認ください。

まとめ

車一括査定は便利なサービスですが、電話が多いというのは逃れようのないことです。その代わり、クルマが高く売れたという評判も多く、効果を実感することができそうです。

ただし、車一括査定は買取業者に査定依頼をしてくれるサービスなので、申込後は買取業者とやり取りする必要があります。この点を理解しないで申し込みをすると、着信の多さに驚いてしまうかもしれません。

また査定依頼をする買取業者の評判を調べないと、強引に売却を迫られるなどのトラブルに見舞われる可能性もあります。こうした事態を割けるため、利用前に「車一括査定についてサービス内容を正しく理解する」「業界団体に加盟する買取業者を調べること」は忘れないようにしましょう。

(文:石川貴裕)