これぞメーカーチューンド!「スカイラインGTS-R」発売!!…スカGマニアじゃなくても欲しい伝説のマシン【OPTION 1987年10月号より】

■33年前の当時はデカいリヤスポイラーにビックリしたもんだ!

●GT-RになれなかったスカイラインGTS-R!?

1987年10月号GTS-R記事
今、差を付けるヤツ、ついに出た、限定『R』!

1987年かぁ~。ワタクシゴトですが、ちょうどこの頃にOPTION編集部のスタッフに加わりました。OPT編集部で購入したスカイラインGTS-Rを、スタッフのひとりが東北道までナラシに行っていた日に初出社だったので、よ~く覚えているんですよね。

で。購入したそのGTS-Rはその後、HKSとタッグを組んでチューニング企画がスタート! あんなコトやったりそんなトコまで行って走ったりした、ある意味OPT伝説のクルマでもあります。

ということで、OPTION・GTS-R誕生前の記事を振り返ってみましょう。

・・・・・・・・・・

■【最新列伝】決まるクルマに乗りたい
こいつがスカイライン2ドアスポーツクーペ『GTS-R』。メーカーもチューンドを作る時代だぜい!

●Rの赤バッジが復活、もう本格メーカーチューンドといってしまおう

GTS-R
硬派の必殺カウンターパンチ! なんと限定800台、モノホン『R』の復活だ!

GT-RがR380用エンジンのディチューン版S20を搭載していたように、このGTS-Rは文字通りレースを意識したチューニングがなされている。なんたってグループA総合優勝を狙うベース車だもんね。

心臓部はRB20DET-R、これがただものじゃない。

まずターボ。日産内製のセラミックタービンに代わって装着されているのは、ギャレット製のT04E。そう、チューニングフリークなら誰でも知っているハイフロータイプのヤツだ。日産がスーパーシルエットに使用し、あのHKSでも、特に高性能タービンとして位置付けているものだ。ズバリ、ハイレスポンス、高過給圧の戦闘タービンだ。

ステンレス製タコ足
みろよ、このタコ足。ステンレスの手作りだぜ。思わず磨きたくなる!?

そして、このタービンに繋がるのは、驚け! ステンレスタコ足だ。コイツはほとんど手作りの一級品なのだ。もちろん、大容量インタークーラーも備える。

ホント、まさにチューンドカーのノリ。思わず追加インジェクターはレビックで…なんて言ってしまいたくなる。まぁ、そのへんの燃料制御も純正チューンドコンピューターで不安なくバッチリなんだから嬉しい。

ヘッドライト
ちょっと不思議な迫力のこのランプが、新開発のプロジェクターヘッドランプ。光量が大きくムラの無い配光パターンを持つ。コンピューター解析により設計されたリフレクターと、バルブから独立したシェード、凸レンズで構成されているのだ。

●MAXパワーは210ps以上!

このGTS-R、1987年インターテックに出場する予定。もちろん、本格的にレーシングチューンされ350psは楽勝という。ポテンシャル的にはシルエットフォーミュラ並み(だいたいタービン自体、同じモノなんだ)。チューンで600psもいくなんて話もある。

戦闘力の追及はエンジンだけじゃない。日本初のダブルシンクロ5速強化版ミッションを新採用。ウレシイことにコイツは他のノーマルにも採用されている。シフト頻度の高い2速と3速(3速はRB20DETのみ)でシンクロトルクを発生するコーン面をダブルにしてある。つまり2倍のシンクロ容量を得ているのだ。

GTS-Rのコクピット
内装はジャージ地のモノフォルムバケットシートとイタルボランテ製本革巻ステアリングでチューンアップされている。
GTS-Rのタイヤ&ホイール
GTS-Rにはダンロップ・フォーミュラM2、205/60R15が標準。BBSホイールはオプション設定だ。

そのほか、ストラットタワーバーやモノフォルムバケットシートを専用装備。もちろん、HICASもさらにチューニングされている。

この、メーカーが作ったチューンドカー、800台の限定販売だ。

プレミアムがつくかどうかなんて関係ない。スカGマニアじゃなくてもなんとか1台欲しいヤツじゃないか!?

●T04Eタービンの実力

GTS-RがT04Eターボチューンで登場となれば、やはりその究極の実力が気になる。

T04Eといえば従来から、HKSでその効果を強力にアピールしている名機。さて、そのチューンポテンシャルはどうか。

T04Eタービン
当然、左がGTS-R用T04Eタービン(見Gはセラミックタービン)。F1エンジンをイメージさせるほどのインペラーの巨大さ。タービンブレードはノーマル感覚のレスポンス追求で、吸入側で大幅過給、これがターボチューニングなのだ。

HKSでのテストデータでは、現行フェアレディZR(Z31)・RB20DETが280psをマーク。仕様はもちろん、T04EタービンにF-CON、マフラー、AIC、スペシャルインタークーラーでブーストは0.9kg/cm2。ほぼ同じ仕様で1.4kg/cm2まで上げると(エンジンノーマルでは危険なところだが)310psをマークしている。

新RB20DET-Rエンジン、そのチューンアップ耐久性が興味深いね。

OPTION誌1987年10月号
OPTION誌1987年10月号の表紙。

・・・・・・・・・

ほ~。T04Eタービンにステンタコ足ですか! それよりもRB20DETエンジンに『R』が付くのがそそりますね! このGTS-Rネタは今後もチョイチョイ紹介していく予定ですのでお楽しみに~!

[OPTION 1987年10月号より]

(Play Back The OPTION by 永光 やすの)

『Play Back The OPTION』の最新記事
雨さんビデオ
車系YouTuberのハシリはRE雨宮・雨さんだった!?【OPTION 1987年10月号より】
雨宮勇美さん
RE雨さん&Dai稲田も宣言。絶対ヤルぜ、ボンネビル世界最高速大会挑戦!【OPTION 1986年11月号より】
ボンネビル世界最高速大会
ボンネビルは地上最後のクルマの楽園! 383km/hオーバーのコクピットは不気味な静寂が漂う…らしい【OPTION 1986年11月号より】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事