スバル・インプレッサ スポーツに、待望のハイブリッド「e-BOXER」仕様とスポーティな最上級グレード「STI Sport」が追加【SUBARU IMPREZA新車】

■「e-BOXER」仕様の出力、トルク、カタログ燃費はXVと同値

「SUBARU GLOBAL PLATFORM」第1弾として登場した現行5代目インプレッサ。2020年9月17日に一部改良を受けて、いわゆるE型にアップデートされました。なお、発売は10月8日の予定。

SUBARU インプレッサスポーツ
インプレッサ(5ドアモデル)に加わった「STI SPORT」

今回のインプレッサの一部改良は、比較的大がかりな改良になっています。主力の5ドアハッチバック(スポーツ)にハイブリッドの「e-BOXER」が搭載された「Advance」「2.0e-L EyeSight」を追加。さらに、スポーティグレードであり、最上級グレードでもある「STI Sport」が新たに追加され、選択肢が大幅に拡充されています。

今回の一部改良でインプレッサスポーツは、ポート噴射の1.6Lエンジン、2.0L直噴エンジンに加えて、2.0L直噴エンジン+モーターの「e-BOXER」をラインナップ。さらに、2.0L直噴エンジンを積む「STI Sport」が加わったことになります。

SUBARU インプレッサスポーツ
インプレッサ(SPORT)に加わったe-BOXER

「e-BOXER」搭載仕様は、最高出力145ps/6000rpm・最大トルク188Nm/4000rpmを発揮する2.0L水平対向4気筒直噴エンジンに加えて、10kW(13.6ps)/65Nmのモーターにより、低速域からスムーズで力強い走りが得られます。エンジン、モーターのスペックはXVの「e-BOXER」と同値。インプレッサスポーツの「e-BOXER」仕様はWLTCモード燃費が15.2km/Lで、こちらもXVと同じになっています。

価格は、従来からある「1.6i-L EyeSight」の2WDが200万2000円、AWDが222万2000円。「1.6i-S EyeSight」の2WDが224万4000円、AWDが246万4000円。2WDのみになる「2.0i-L EyeSight」が224万4000円。新グレードで「e-BOXER」の「2.0e-L EyeSight」が256万3000円(AWDのみ)。

SUBARU インプレッサスポーツ
一部改良を受けたインプレッサ(SPORT)のインテリア

同じくe-BOXERの「Advance」が278万3000円(AWDのみ)。最上級の「STI Sport」は2WDが270万6000円、AWDが292万6000円です。

ハイブリッドである「e-BOXER」仕様と、スポーティグレードの「STI Sport」の追加は、まさに待望といえる新グレードであり、国産Cセグメントモデルでの競争において確かな強みになります。

(塚田勝弘)

『SUBARU』の最新記事
新型スバル「BRZ」が11月18日にデビュー! 気になる次期 トヨタ「86」の登場は?
パナソニック ナビゲーション
SUBARUレヴォーグ、インプレッサ、XV、フォレスターにパナソニックの専用開発ディーラーオプションのナビを設定
SUBARU フォレスター
SUBARUフォレスターの1.8L直噴ターボエンジン搭載車「SPORT」の専用装備は?【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事