東北自動車道・那須高原SA(下り)は名前のとおり緑の絨毯に吹く風のさわやかさが魅力【高速道路SA・PAドッグラン探訪】

●夏でも涼しさを感じる緑の空間はホスピタリティも抜群

2匹のワンちゃんと暮らすライターが足を運んで、日本全国にある高速道路のSAに併設しているドッグランを紹介します!

ドッグラン02
建物も自然の風合いを残したデザインとなっている。

今回は東北自動車道・那須高原(なすこうげん)SA(下り)です。那須高原SA(下り)は、栃木県那須郡那須町に位置する東北自動車道にあるサービスエリアです。

雄大な自然に恵まれ、夏は涼しく、日本有数のリゾート地である那須高原にふさわしく、広大な緑地に囲まれたこちらのサービスエリアでは、ワンちゃん同伴OKのテラス席や広々としたドッグラン施設が充実しており、愛犬家の憩いの場にもなっています。

ショップやレストランがある建物は「こもれびガーデン」をコンセプトに、自然素材を取り入れたぬくもりのある空間になっていて、自然豊かな那須高原のイメージにピッタリです。館内では、地元の食材を使った料理、ご当地限定のお土産なども充実しています。

出入り口には、ワンちゃん用のお土産(お菓子)やオモチャも販売しています。車内でお利口さんにしているワンちゃんには、ご褒美としてオモチャを買ってあげるのもいいかも⁈

ドッグラン03
建物の入口付近にわんちゃんのおやつが販売されている。
ドッグラン04
ドッグランの存在をアピールする大きな看板を設置。
ドッグラン05
ドッグランの方向を示す案内板には水飲み場などの施設も表記している。

サービスエリア入り口には堂々とドッグランの看板もあり「ドッグフレンドリー」な雰囲気が伝わってきます。建物の右側を進んでいくと、お目当てのドッグランがあります。

広めの緑地の一部がドッグランになっている様子。青々とした木々と芝生に囲まれていて、ドッグランに入場する前からワンちゃんも人間もワクワクしてきます♪

ドッグラン06
まさに高原といえる、緑が溢れた場所にドッグランがある。
ドッグラン07
施設外に水飲み場があり、人とわんちゃん用の蛇口が別々となっている。

水道設備はドッグランの場外にあります。人間用とペット用とでしっかり蛇口部分が分かれているので、清潔感があります。

ドッグランに入るとすぐに、百葉箱のような道具箱が設置してあります。箱の中を開けてみると、ワンちゃんのウンチを処理するためのトイレットペーパーとビニール袋が置いてありました。

ドッグラン08
施設内の道具箱にはうんちを拾うためのトイレットペーパーとビニール袋を用意しておりホスピタリティが高い。
ドッグラン09
天然芝の緑の絨毯が引き詰められた施設は、わんちゃんだけでなく人間もなごむ。

トイレットペーパーやロール状のビニール袋が自由に利用できるのは、愛犬家が多く訪れる那須高原SAならではのサービスかもしれません。

地面は、青々とした芝生と草が入り混じった状態でワンちゃんの足にも優しそう。フィールドの中央に大きな木が立っているため、木陰ができやすく、涼しく遊べるのも嬉しいポイントです。ベンチはひとつだけありました。

ドッグラン10
ワンちゃんファーストを考えて、施設内にベンチは一つだけ。
ドッグラン11
ドッグランの周辺にも緑に溢れたエリアがあり、リードを付けての散歩も可能だ。

那須高原SA(下り)のドッグランは周辺に広い緑地や遊歩道があるため、ドッグランが苦手なワンちゃんでも、お散歩が十分に楽しめるでしょう。

レストランやショップの中にはテイクアウトメニューも充実しており、テラス席が他のSA・PAよりも比較的多めなのも魅力的。ランチ時間に立ち寄って、森林に囲まれた敷地内でピクニック気分を味わうのもよいかもしれません。

(文:高市智子/写真:萩原文博)

『ドライブ』の最新記事
ドッグラン01
北陸自動車道・神田PA(上り)はまるで林の中にいるような溢れる自然が魅力【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
北陸自動車道・南条SA(下り)は土と人工芝の2つの異なる地面を楽しく走り回れる【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
ドッグラン01
名神高速道路・黒丸PA(上り)は広々とした施設で自由に走り回れる【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事