中央自動車道・双葉SA(上り)はドッグランの横の展望台から富士山が見える!【高速道路SA・PAドッグラン探訪】

●施設は上り線にあるが、上下線で利用可能

2匹のワンちゃんと暮らすライターが足を運んで、日本全国にある高速道路のSAに併設しているドッグランを紹介します!

今回は中央自動車道・双葉(ふたば)SA(上り)です。

ドッグラン2
武田信玄に関するグッズが並ぶ。

双葉SA(上り)は、山梨県甲斐市に位置する中央自動車道にあるサービスエリアです。双葉SAは、珍しく上り線と下り線が隣接しているため、両線の敷地内を徒歩で行き来することができます。

したがって、双葉SAでは上り線にしかドッグランが設置されていませんが、下り線からも利用できるという、とても便利なサービスエリアといえます。

ドッグラン16
下り線から上り線へと移動可能で、下り線からドッグランへアクセス可能。

ここ甲斐市は武田信玄ゆかりの地として、施設の前には武田信玄にまつわる像やミニ資料館が併設されていました。また、フードコートでは山梨名物「ほうとう」を味わえ、お土産でも購入できます。

ドッグラン3
下り線にもドッグランの存在を知らせる案内板を設置。
ドッグラン4
双葉ハーブガーデンの中にドッグランを設置。

お目当てのドッグランは建物の右側に位置します。ここは、約1万㎡に及ぶ広いハーブガーデンの中にドッグランがあるのが特徴。たくさんのラベンダーやローズマリーのいい香りが漂っています。

ハーブガーデンの入り口を進むと、水飲み&足洗い場があります。そばにリードフックもあるので、飼い主さんもワンちゃんをつないでゆっくり水道を利用することができます。

ドッグラン5
ハーブガーデンの入口に水飲み場と足洗い場を設置。
ドッグラン6
うんちを肥料に変えるバイオトイレを設置。

水道とリードフックのそばに、うんち専用ゴミ箱も。ここは、なんとうんちをバイオ分解し肥料として再生する「バイオトイレ」が設置されています。ビニール袋は分解できないので、別途設置している小さなゴミ箱へ捨てましょう。

ドッグラン7
ドッグランの横にはラベンダー畑がある。

540㎡の広さのドッグランは共有の入り口を入り、右側が小型犬用、左側が大・中型犬用と分かれています。

まずは、小型犬エリアへ。奥行きのあるフィールドは、土ベースで所々に草が生えています。木が数本植えられていて木陰部分も広く、昼間でも涼みながら走ることができそうです。大きめの岩は、天然のアジリティとなります。

ドッグラン8
小型犬専用にスペースを設けている。
ドッグラン10
石が自然のアジリティとなる。
ドッグラン9
地面は土だが、日陰がたっぷりあり暑さ対策はバッチリ。

続いて、大・中型犬用犬エリアへ。小型犬用エリアに面している大・中型犬用犬エリアは、木は1本だけで岩などもなく、ただただ走るためのフィールドになっています。奥にベンチがひとつ、飼い主さんは走るワンちゃんを目の前で眺めながら休憩できます。ただ、時間によっては直射日光が当たってしまうので日差しに注意しましょう。

ドッグラン11
小型犬が怯えないように、サイズによってスペースが分けられている。
ドッグラン13
ドッグランの中にイスが設置されている。
ドッグラン12
走りやすいように、長方形のスペースとなっている。

また、ドッグラン周辺には、ハーブを眺めながら休憩できるベンチがあちこちに設置してあります。中には、そばにリードフックがある便利なベンチも。

ドッグランの奥に、富士山を眺望することができるスポットがあるのも双葉SA(上り)の魅力でしょう。晴れている日は、ぜひドッグランのついでに富士山の絶景を堪能することをオススメします!

ドッグラン14
ハーブガーデンの中にはイスが各所に設置されている。
ドッグラン15
ハーブガーデンの奥は富士山を眺める展望台となっている。

(文:高市智子/写真:萩原文博)

『ドライブ』の最新記事
ドッグラン01
北陸自動車道・神田PA(上り)はまるで林の中にいるような溢れる自然が魅力【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
北陸自動車道・南条SA(下り)は土と人工芝の2つの異なる地面を楽しく走り回れる【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
ドッグラン01
名神高速道路・黒丸PA(上り)は広々とした施設で自由に走り回れる【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事