平野部も雪になるかも。冬用タイヤやチェーンの確認を!【クルマの冬支度・タイヤ&チェーン編】

■クルマの冬支度といえば、まず最初にやるべきはタイヤの滑り止めです

冬、雪が降ったり、道路が凍結する地域で使うクルマは基本的に冬用タイヤやタイヤチェーンの準備が必要です。冬用タイヤといっても、最近はスタッドレスタイヤだけでなく、オールシーズンタイヤという選択もあります。

雪上
スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ、チェーンなどの雪対策はお済みですか!?

冬の間は雪が降るのが当たり前で冬季の間は雪が解けずに残るような地域ではスタッドレスタイヤを使うのがいいでしょう。東京都内などの、雪が降ったときだけ走れればいいという地域ではオールシーズンタイヤを使う方法があります。この際のオールシーズンタイヤはスノーフレークマークが付いている、雪や氷に強いタイプのオールシーズンタイヤでなければ意味がありません。

どのようなタイヤでも同じなのですが、タイヤは新品ではその性能が出し切れないので、100km程度の距離の馴らし運転が必要です。慣らし運転はできれば高速道路を使わずに走行すればいいだけです。どうしても高速道路を走る場合は速度を抑えめにして、入出ランプなどもゆっくりと走り、タイヤに負担をかけないようにしたいものです。

タイヤチェーン
ゴム製、金属など、チェーンと言ってもいろいろあります。

タイヤチェーン装着を前提にタイヤチェーンを選ぶという方法もあります。また、スタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤを履いていても、空転が収まらずにタイヤチェーンが必要となる場合もあります。雪深い地点がある地域では冬用タイヤを履いていても、タイヤチェーンは用意するべきです。さらに、大雪の際に「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止めの規制」が行われる道路ではタイヤチェーンの装着が必須となります。規制が行われているときは規制が始まる地点よりも手前でチェーン装着の有無を確認する作業が行われることになっています。これらの地点を通る可能性のある場合は、タイヤチェーンを用意しておかないとなりません。

金属チェーン
チェーンは正しく装着することも大事。雪上へ行く前に練習しておくと安心です。

国土交通省の資料に記載されているタイヤチェーンには、金属チェーンタイプ(金属製のチェーンやワイヤーの製品)、ウレタン&ゴムチェーンタイプ(ゴムなどの樹脂製の製品 )、布製カバータイプ(アラミドなどの特殊繊維製の製品)となっていますので、最近話題の布製カバータイプでも問題がないと言うことになります。

平成30年度に定められたタイヤチェーンを取り付けていない車両通行止めの規制とされたのは、以下の道路になります。今後変更となる可能性もありますが参考にして下さい。

雪で大渋滞!
前もって情報を把握することも大事ですね。

●一般道
・山形県
国道112号線 西川町志津-鶴岡市上名川(27km)
・山梨県/静岡県
国道138号線 山梨県山中湖村平野-静岡県小山町須走字御登口(9km)
・新潟県
国道7号線 村上市大須戸-上大鳥(16km)
・福井県
国道8号線 あわら市熊坂-笹岡(4km)
・広島県/島根県
国道54号線 広島県三次市布野町上布野-島根県飯南町上赤名(12km)
・愛媛県
国道56号線 西予市宇和町-大洲市松尾(7km)

●高速道路
・新潟県/長野県
上信越道 新潟県新井PA-長野県信濃町IC(25km)
・山梨県
中央道 須玉IC-長坂IC(9km)
・長野県
中央道 飯田山本IC-園原IC(10km)
・石川県/福井県
北陸道 石川県加賀IC-福井県丸岡IC(18km)
・福井県/滋賀県
北陸道 福井県今庄IC-滋賀県木之本IC(45km)
・岡山県/鳥取県
米子道 岡山県湯原IC-鳥取県江府IC(34km)
・広島県/島根県
浜田道 広島県大朝IC-島根県旭IC(27km)

(文/諸星陽一)

『カーライフ』の最新記事
10ベストカー
2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーはどのクルマ?清水和夫がサラッと解説【頑固一徹教室・SYE_X】
冬のバッテリー上がりでエンジンがかからない時の対処法
冬はバッテリー上がりに注意! エンジンがかからない時の対処法とは?
セルフスタンドに多い燃料の入れ間違いトラブルに要注意
軽自動車に「軽油」は重大ミス! セルフスタンドに多い燃料の入れ間違いトラブルに要注意
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事