【自動車用語辞典:コネクテッドカー「概説」】クルマがネットワークにつながると、さまざまなサービスが生まれる

■トヨタ「T-Connect」、日産「カーウイングス」などが代表例

●自動車側ばかりでなく道路側の整備も必要

「コネクテッドカーという表現が使われ始めて久しいですが、クルマがいろいろなネットワークと繋がることによって、多くのメリットが享受できます。自動車メーカーを中心にした自動車側からのアプローチとともに、重要なのは道路側のインフラ整備です。

コネクテッドカーのベースとなる高度道路交通システムITSについて、解説していきます。

●ITS(高度道路交通システム)とは

ITSは、最先端の情報通信技術を利用して「人」と「道路」と「クルマ」を一体のシステムとして構築し、渋滞や交通事故、環境悪化等の道路交通問題の解決を図るシステムです。

2006年に、総務省と警察庁、経産省、国交省、日本経団連、ITS Japanが参画する「ITS推進協議会」が設置されました。それ以降、ITS推進協議会において民間および関係省庁が一体となり、最適なシステム構築のため総合的な検討を進めています。

具体的な施策としては、ナビゲーションシステムの高度化(VICS)、有料自動車道路での自動料金支払いシステム(ETC)、安全運転の支援、交通管理の最適化、道路管理の効率化などです。

ITSのシステム概念図
ITSのシステム概念図
VICS
VICSが取得するさまざまな情報

●VICSによるナビゲーションシステムの高度化

VICS(Vehicle Information and Communication System:道路交通情報通信システム)では、各都道府県警察と道路管理施設が収集した交通情報を、VICSセンターからFM多重放送やビーコンを介してカーナビに提供します。

VICSによって提供される交通情報は、渋滞情報や通行止めなどの交通障害情報、車線規制等の交通規制情報、高速道路や幹線道路での所要時間、駐車場情報などです。

ドライバーは、常時VICSによって提供された周辺の交通情報をカーナビで確認しながら、最適なルートを選択できます。

●進化するETC

ETC(有料自動車道路の自動料金支払いシステム)は、すでに利用率が90%を超える高速道路の自動料金支払いシステムです。料金所に設置した路側通信機器とクルマに搭載したETC車載器の間で情報を授受することによって、後日自動的に高速料金が支払い口座から引き落とされます。

またETCの機能をさらに進化させたのが、ETC2.0です。

従来から進められていたITSスポットサービスやDSRC(Dedicated Short Range Communication:狭域無線通信)技術を統合したETC2.0は、サービス内容を拡大し利便性を高めました。

ETC2.0では、通常の自動料金支払いサービスに加えて、渋滞情報を受信して最適ルートを選択するダイナミックルートガイダンス、危険を予知して注意喚起によって安全運転を支援する機能などさまざまなサービスが受けられます。

●その他の基盤技術

適正なナビゲーションの大前提は、正確な自車位置の認識です。現在は、アメリカが運用するGPS(全地球測位システム)衛星から発射される電波を使っています。測位誤差は、10m程度です。

日本でも準天頂衛星「みちびき」と呼ばれる独自の衛星システムを開発中です。今のところはGPSを補完する使い方ですが、2023年からは現行のGPSに頼らず測位誤差は数cmレベルまで改良される計画です。

ほとんどの自動車メーカーは、クルマの通信機を介してさまざまな情報をリアルタイムに入手できるテレマティクスシステムを独自に開発して運用中です。トヨタの「T-Connect」、日産の「カーウイングス」、ホンダの「インターナビ」などです。これらも、ITSと連携しながら高度化を目指しています。


道路側の通信インフラ整備が進めば、メーカーが進めるコネクテッド技術との相乗効果によって、安全性と快適性、輸送効率の向上が実現できます。また自動運転の技術分野でも、大きな躍進が期待できます。

本章では、ITS技術を中心にクルマのための情報通信技術について、詳細に解説します。

(Mr.ソラン)

【関連記事】

【自動車用語辞典:コネクテッドカー「カーナビ」】GPSで自車位置を判断し、目的地まで誘導してくれる便利な装備
https://clicccar.com/2020/01/07/937761/

【自動車用語辞典:コネクテッドカー「GPS」】人工衛星からの電波を受信して、正確な位置を特定するシステム
https://clicccar.com/2020/01/08/937984/

【自動車用語辞典:コネクテッドカー「VICS」】地図では分からない渋滞や規制などを知らせる交通情報通信システム
https://clicccar.com/2020/01/09/938006/

【自動車用語辞典:コネクテッドカー「テレマティクス」】通信を利用してクルマに多彩なサービスを提供する技術
https://clicccar.com/2020/01/10/938089/

【自動車用語辞典:コネクテッドカー「ETC」】高速道路を走る時には欠かせない自動料金支払いシステム
https://clicccar.com/2020/01/13/938145/

【自動車用語辞典:コネクテッドカー「ITSコネクト」】道路やクルマ同士で通信を行い、安全性を高める運転支援技術
https://clicccar.com/2020/01/14/938255/

【自動車用語辞典:コネクテッドカー「音声認識」】人間の声でカーナビやエアコンをコントロールする技術
https://clicccar.com/2020/01/15/938270/

【自動車用語辞典:コネクテッドカー「eCall」】事故の発生を自動で連絡。テレマティクスを使った自動緊急通報システム
https://clicccar.com/2020/01/16/938954/

『自動車用語辞典』の最新記事
トビラ画像
海外自動車メーカーの歩み概説:コロナ禍で生き残りをかけたメーカー再編が加速か【自動車用語辞典:海外の自動車メーカー編】
トビラ画像
テスラ、マセラティ、アストンマーティン、ロータスの歩み:独自の存在感を放つ個性派メーカーたち【自動車用語辞典:海外の自動車メーカー編】
トビラ画像
ジャガー・ランドローバーの歩み:伝統ある英国メーカー、現在はインド・タタ傘下に【自動車用語辞典:海外の自動車メーカー編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事