【自動車用語辞典:コネクテッドカー「ITSコネクト」】道路やクルマ同士で通信を行い、安全性を高める運転支援技術

トビラ画像

■クルマと道路、あるいはクルマ同士で情報をやりとりする

●普及にはまだ時間がかかる

ITSコネクトは、車載したカメラやレーダーなどのセンサーでは検知しづらい状況下でも、安全運転を確保するインフラ協調型の運転支援技術です。クルマとインフラを通信で繋ぐ「路車間通信システム」と、クルマ同士を繋ぐ「車車間通信システム」が、その代表例です。

インフラを利用した運転支援システムであるITSコネクトについて、解説していきます。

●ITSコネクトとは

ITSコネクトは、産官学の連携と協力のもとに進められているITS(高度道路交通システム)の推進項目のひとつです。狙いは、最新の通信技術を駆使した安全運転支援システムの構築であり、ITSコネクト推進協議会を中心として推進されています。

最新のカメラやレーダーを搭載したクルマでも、見通しの悪い道路や交差点内のクルマや歩行者の存在は検出できず、事故を回避することは困難です。

ITSコネクトでは、路肩に送信器と、クルマや歩行者を検知するセンサーを設置して、見通しの悪い交差点などでのクルマや歩行者の有無、信号情報を検出します。それらをドライバーに送信することによって、ドライバーに注意喚起して安全運転を支援します。

ITSコネクトの実用例としては、路車間通信システムと車車間通信システムがあります。路車間通信システムはクルマとインフラとの連携によって、車車間通信システムはクルマ同士の連携によって、安全運転を支援します。

●道路とクルマを繋ぐ路車間通信システム

路車間通信システムでは、路側に無線通信器と車両検知センサーや歩行者検知センサーを設置し、周辺の交通状況とともに信号情報、規制情報などもクルマに提供します。これを受けて、クルマは以下のような運転支援を行います。

・右折時注意喚起
交差点右折時に対向直進車や右折先に歩行者がいる状況で、ドライバーがブレーキペダルから足を離して発進しそうな場合、モニター表示と警告音で注意喚起

・赤信号注意喚起
走行中に直前の信号が赤の状況で、アクセルを踏み続けて止まる気配がない場合、モニター表示と警告音で注意喚起

・出会い頭衝突注意喚起
交差点進入時に左右からクルマが近づいているのに、ドライバーがブレーキペダルから足を離して発進しそうな気配がある場合、モニター表示と警告音で注意喚起

現在のところ路車間通信システムの設置は、東京と大阪、愛知、福岡、神奈川、埼玉、茨木、宮城の8都道府県の特定地域のみで、システムのサービスは限定的です。

●クルマ同士を繋ぐ車車間通信システム

車車間通信は、専用の無線車載器が搭載されたクルマ同士の情報交換によって運転支援を行います。無線通信によって周囲のクルマの位置や速度、車両制御情報などを入手して、必要に応じて以下のような運転支援を行います。

・オートクルーズコントロール
先行車の車速状況などを後続車に伝え、車間距離や速度の変動を抑えてスムーズに追従走行

・緊急車両の存在通知
周辺の緊急車両(救急車)の存在を知らせる緊急車両の接近通告

また、路車間通信と組み合わせて出会い頭衝突や追突防止支援システムにも適用されます。

トヨタは、ITSコネクトに積極的に取り組み、プリウス、プリウスPHEV、クラウン、アルファード、ヴェルファイヤといった車種に、路車間通信システムと車車間通信システムをメーカーオプションで設定しています。

車車間通信システムはインフラ整備を必要としませんが、自車が通信器を搭載していても周辺のクルマが通信器を搭載していなければ、サービスは受けられません。当面は、通信器搭載車のみの限定サービスです。

路車間通信と車車間通信の例
路車間通信と車車間通信の例

現在普及が進んでいる各種センサーを使った自律型の運転支援システムでは、死角になる部分については危険予知ができません。通信技術を使ったインフラ協調型の運転支援システムと組み合わせれば、より安全性は高まります。

普及にはまだ時間がかかりそうですが、クルマ側の技術開発とともにインフラ整備も着実に進んでいます。

(Mr.ソラン)

『自動車用語辞典』の最新記事
トビラ画像
もっとも多いトラブル。バッテリーは時々定期点検を【自動車用語辞典:トラブル「バッテリー上がり」】
タイトル画像
システムの状況や周囲の環境を把握するためのクルマの5感【自動車用語辞典:センサー「概説」】
タイトル画像
ドライバーのよそ見や居眠りなどを検知・監視する技術【自動車用語辞典:センサー「ドライバーモニタリング」】
トビラ画像
周囲の物体との距離や位置、形状を高精度で計測できる3次元センサー【自動車用語辞典:センサー「LiDAR」】
タイトル画像
【自動車用語辞典:センサー「赤外線イメージセンサー」】暗闇に強く温度も分かる対象物検知センサー
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事