これでお悩み解決! スマホ時代の車内エンターテインメント・アイテム選びの決定版(PR)

カロッツェリア「FH-8500DVS」

●「Apple CarPlay」「Android Auto」対応、7インチの「FH-9400DVS」、6.8インチの「FH-8500DVS」から選べるメインユニット

パイオニア「カロッツェリア」ブランドの7V型ワイドVGAモニターの「FH-9400DVS」と、6.8V型ワイドVGAモニターの「FH-8500DVS」は、モニターのサイズとフラップ機能以外、性能面等では同等の2DINメインユニットです。「FH-9400DVS」、「FH-8500DVS」とスマホを接続すると、各アプリなどがメインユニット側のディスプレイに表示され、直感的なタッチ操作が可能。スマホ感覚で操作できるため、操作に慣れていなくても使いやすいのが魅力。なお、両モデルともにリモコンも同梱されます。

カロッツェリア「FH-9400DVS」
7V型ワイドVGAモニターの「FH-9400DVS」

「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応し、スマホのカーナビ・アプリや音楽再生、メッセージの送受信が可能なほか、ハイレゾ音源のダウンサンプリング再生やフルHD画質動画の再生など、幅広いファイル・フォーマットの音楽、映像再生に対応しています。「ブリリアントフィニッシュパネル」による高画質で楽しめるのも美点です。

「FH-9400DVS」、「FH-8500DVS」のリモコン
「FH-9400DVS」、「FH-8500DVS」に同梱されるリモコン

さらに、USB デバイスやポータブル HDD を接続することでフル HD 動画や高音質な音楽が楽しめます。

カロッツェリア「FH-8500DVS」
6.8V型ワイドVGAモニターの「FH-8500DVS」

また、スマホなどの「ながら運転」の罰則が強化され、2019年12月1日から施行されます。そんな中、「FH-9400DVS」と「FH-8500DVS」は、Bluetoothによるハンズフリー通話など、車内でiPhoneやAndroid搭載のスマホを快適に、安全に使える利点もあります。

もちろん、「カロッツェリア」ブランドですからサウンド面も抜かりはありません。「フルカスタム高性能48 bitデュアルコアDSP」などの高音質パーツを搭載。車内で最適な音場を生み出す「タイムアライメント」や「ネットワークモード」、音質調整の「13バンドグラフィックイコライザー」など、多様な音質、音場調整機能も用意されています。

スマホ・アプリを安全かつ快適に操作できるだけでなく、多彩なデジタルコンテンツを高音質・高画質で楽しめる「FH-9400DVS」、「FH-8500DVS」は、既存のCDやDVDメディアはもちろん、スマホの音楽再生も重視する人に打ってつけのメインユニットといえそうです。

『パイオニア』の最新記事
パイオニアイベント2019
ユーザーになるとスペシャルな体験が待っている!小林可夢偉選手の意外な特技とは?【カロッツェリアドライビングエクスペリエンス2019】
2019冬パイオニア発表会
パイオニアのカロッツェリア「サイバーナビ」がフルモデルチェンジ! 独自の通信サービス「docomo in Car Connect」に対応【2019冬カロッツェリア新商品発表会】
パイオニア
2019年10月2日にパイオニアから驚き満載の新製品が発表!? ベルサール秋葉原で登録不要・入場料無料の新製品発表会を開催
スマートフォン感覚で使いやすい! パイオニア・カロッツェリア史上最高の高画質「楽ナビ」で、秩父三峯神社の御朱印を貰いに行ってきた(PR)
ワイヤレス充電Qiと電動オートホールドを備えた高性能スマホ・ホルダーがパイオニアから登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事