「大人のスポーツGTを目指したスーパーチャージャー仕様のZ34」超トルクフルな460馬力のエンジンは注目だ!

MAX460馬力を発生する快速Z

GTS7040スーパーチャージャーを独自にセットアップ!

ジャンルを問わず数多くのチューニングマシンを手掛けている京都のフジムラオート。HKSからはキット化されていない、Z34用GTスーパーチャージャーキットを独自に開発。GTS7040スーパーチャージャーをセットできるオリジナルキットを展開していることでも有名なショップだ。

しかも、そのスーパーチャージャー装着メニューも最初期のものからパイピングを見直すなどの熟成を進めることで、ノーマルの実測300ps+αに対し、補機類のセットアップ次第で400〜460psものパワーを発揮するまでに進化。回転の上昇に合わせてトルクが盛り上がるスムースなパワー特性は、MT車のみならずAT車へのマッチングも良いと大好評となっている。

スーパーチャージャーユニット本体はエンジンルーム下部のスペースに設置されているので、ボンネットを開けただけでは過給機チューニングが施されているように見えない。エンジン内部には手を入れず、大径スロットルボディで吸入効率をアップしている。価格は各種パーツやセッティングまで含め、113万円〜(MT車)となっている。

Z34のリヤスタイルに迫力を与えるチタンテールの2本出しマフラーは、ジェントルサウンドマフラーの限定モデル。排気効率は大幅に向上しているが、独自の消音構造によりノーマル以下の音量となっている自慢の逸品だ。価格は10万8000円(6万9000円/ステンテール)だ。

エアロパーツはルックスだけでなく、クーリング性能などにも拘った。ちなみに、このマシンに装着されているエアロボンネットは通常モデルよりも軽量なサーキットバージョンとなっていて、オーダー時に選択することが可能だ。

足回りはスピリット製のダンパーを使用したフジムラオートのオリジナルスペック。スプリングレートはサーキット走行向けにフロントが18kg/mm、リヤが16kg/mmの設定。

アライメントの調整範囲を広げるために、キャンバー&キャスター角が調整できるオリジナルのアッパーリンク(12万円)も開発。また、フロントのロアアームピロブッシュ(12万円)を装着するとステアリングの剛性感とブレーキングの安定性が格段に良くなるため、スポーツ走行を好むユーザーにはオススメとのこと。

リヤメンバーの取り付け剛性を飛躍的にアップさせることができるリヤメンバーカラーも装備。リヤの挙動が掴みやすくなると同時にトラクションもアップする。

以前は19インチでテストを行っていたが、現在はよりグリップ力の高いアドバンA052の18インチ(F255/40-18 R295/35-18)を装着。ホイールはTE 37 SAGAの9.5J&10.5Jをチョイスしている。

室内は、純正のスタイルをしっかりキープしたシンプルな作りだ。エンジンからの各種情報はHKSのCAMP2でナビのモニターに表示させている。コンビメーターと3連メーターにはオリジナルの人工皮革エクセーヌ仕上げのカバーを装着して質感を向上させている。

サーキット走行に備えてレカロ製のフルバケットシート、SP-AとSP-ANを装着。ホールド性が非常に高く、スポーツ走行にも最適と藤村代表が太鼓判を押すアイテムだ。

デビュー直後からZ34をジックリと煮詰めてきたフジムラオート。そのテストカーとして各地を走り込んできた通称“きぃ〜ちゃん”号は、ステージを選ばない速さを有するまさに“大人のスポーツGT”に仕上がっている。

●取材協力:フジムラオート 京都府京都市南区上鳥羽卯ノ花65 TEL:075-661-9393

【関連リンク】

フジムラオート
http://www.fujimura-auto.co.jp

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事