SUVクーペスタイルのアウディ Q3 スポーツバック誕生! 人気のカテゴリーに旋風を巻き起こすか

Audi Q3 Sportback

アウディQ3 スポーツバック

アウディ初のコンパクトクロスオーバー

アウディは、クーペのようなシルエットを特徴とするコンパクトSUV、「Q3 スポーツバック」をラインナップに加えた。SUVならではの力強い存在感と日常ユースにおける優れた利便性に加え、スポーティでエレガントなスタイルやクーペの俊敏なハンドリングを組み合わせ、アウディ・ブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルが誕生した。

ヨーロッパでは今秋から販売が開始され、ドイツにおける販売価格はディーゼルの35 TDI S tronicが4万200ユーロ(約506万円)、ガソリンの45 TFSI quattro S tronicが4万6200ユーロ(約556万円)となっている。

低く構えたスポーティなエクステリア

「Q3 スポーツバック」の特徴は、力強さとアウディならではの高い精度を感じさせるデザイン。このふたつの要素は、すべてのデザインディテールに反映されている。ブラック仕上げの八角形シングルフレームグリルは立体的なデザインが採用され、非常にスポーティな印象を見る者に与える。同じデザインポリシーは台形のエアインレットとフラットなブレードを備えたバンバーにも適用された。

ヘッドライトは3つのバージョンを設定。最上位モデルのマトリクスLEDテクノロジーを使ったアダプティブハイビームは、運転状況に合わせて自動的に路面を照らす機能を持つ。

クーペのようなラインを描くキャビンは、コントラストカラーで塗装されたアタッチメントとともにSUVならではのキャラクターを際立たせている。低いルーフラインはフラットなDピラーへと流れ込みながらルーフエッジスポイラーへと繋がっており、姉妹モデルのQ3よりも全長が長く見える効果を発揮する。

全高はQ3よりも約30mm低く設定されており、筋肉質なフォルムをさらに強調。ホイール上にはクワトロ・ドライブ(四輪駆動)の存在を暗示させる力強い造形が施された。リヤエンドではエアロパーツに取り囲まれた低いウインドウとエアインレットを統合したスポーティなバンパーがワイド感を強調している。

路面状況を選ばないオールラウンドな走行性能

「Q3 スポーツバック」は、市街地、長距離ドライブ、オフロードなど、ダイナミックかつオールラウンドな走行性能を発揮。ステアリングの操舵角が増すにつれてよりダイレクトなギヤレシオに変化するプログレッシブステアリングも標準装備する。

オプションでダンピングコントロール付きサスペンションを装備することも可能。このサスペンションは、コンフォートモードからダイナミックモードまで明確に個性の異なる乗り心地を実現した。ドライバーは運転状況、道路状況、乗員の好みなどに応じて、オフロードモードを含む6つの走行モードを選択できる。

また、ヒルディセントコントロールもオプションで設定。この機能を使用すると勾配6%以上の下り坂において、ドライバーが設定した速度を一定に維持して走行することができる。

ガソリン&ディーゼルに続きマイルドハイブリッド仕様も

ヨーロッパにおける発売時点で「Q3 スポーツバック」には、ガソリンとディーゼルエンジンをラインナップ。2.0 TFSIは最高出力169kW(230hp)を発生するガソリンエンジンを搭載。一方、ディーゼルの2.0 TDIは最高出力110kW(150hp)を発揮する。発売後間もなく、クワトロシステムを採用したマニュアルトランスミッションモデルも追加される予定だ。

2019年中には、よりパワフルなディーゼルエンジンとエントリーレベルのガソリンエンジンを含む、48Vマイルドハイブリッドシステムを採用したモデルもラインナップに加わる。48Vマイルドハイブリッドシステムは減速時にはエネルギーを回生し、低速走行時にはエンジンをアシスト。このシステムは実際の走行条件で100km走行あたり最大0.4リットルの燃料を節約することができる。

5名がリラックスできる居住性を確保

ボディサイズは全長4.50m×全幅1.84m×全高1.56m、ホイールベースは2.68mに設定され、その結果、広々としたスペースと様々な用途に応えるインテリアを実現した。リヤシートには3名分の座席が提供され、標準で前後に130mmスライドさせることも可能だ。

後席のシートバックは3分割タイプで、7段階のリクライニング機能を装備。ラゲッジ容量は530リットルで、リヤシートを倒せば最大1400リットルまで拡大できる。積載フロアの高さは2段階に調整可能となり、その下にはリヤシェルフも備えられている。オプションで足の動き(キックアクション)で開閉可能な電動式テールゲートも用意された。

電動調整式フロントシートはスポーティなポジションと優れた快適性を特徴としており、シートヒーターをオプションで設定。装備レベルに応じてコントラストカラーのステッチが施されており、サイドパネルに沿ってカラーストライプが入ったスポーツシートも選ぶことができる。

デジタル化が進められたインストゥルメントパネル

インストゥルメントパネルに設置されたディスプレイと操作系は、デジタル化を推進するアウディの姿勢が反映されている。ベース仕様でも10.25インチの大型デジタルインストゥルメントクラスターを装備しており、ドライバーはマルチファンクションステアリングホイールを使ってあらゆる機能を操作できる。

最上位システムのMMIナビゲーションプラスをチョイスすると、数多くの追加機能を含むアウディバーチャルコックピットが組み合わせられる。10.1インチのタッチディスプレイはインストゥルメントパネル中央に設置され、触れるとサウンドによるフィードバックも用意された。

また、一部のモデルでは12.3インチのアウディバーチャルコクピットプラスを装備。このディスプレイは3種類のレイアウトから選択することが可能となっている。

ドライバーをサポートする様々なアシストシステム

「Q3 スポーツバック」には、車線逸脱警告と車線変更警告システムを含む、安全性を高める4つのシステムを標準装備。車線逸脱警告は車両が車線内に留まるのをサポートし、車線変更警告システムは車線変更時に他の車両が死角にいる場合などの危険な状況をドライバーに知らせるシステムとなる。

また、ドイツで販売されるモデルにはアウディプレセンスフロントを標準装備する。これは正面衝突が差し迫っている場合に、視覚的、音響的、触覚的な警告をドライバーに発するシステム。緊急時にはフルブレーキが作動し、アウディプレセンスベーシックの安全対策が自動的に発動(フロントシートベルトを引き締め、ウインドウとサンルーフを自動的に閉じ、ハザードランプを点滅)する。

オプションで装着可能なシステムとしてはアダプティブドライブアシストもある。このシステムは進行方向と横方向のサポートを提供してドライバーの運転負担を軽減。360度カメラなどのハイテクシステムは駐車やハンドル操作をサポートする。このシステムはMMIディスプレイに車両の周囲の映像を直接表示する。

パークアシストは駐車スペースへの進入や退出時にステアリング操作を自動で行う。また、ドライバーが駐車スペースから後退する際に側方から近づいてくる他の車両がいる場合、リヤクロストラフィックアシストが警告を発する。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事