「百戦錬磨のチューナーが本気で挑むS660チューン!」走りに効く高機能エアロパーツにも注目だ!

百戦錬磨のチューナーが本気で挑むエスロクチューン

チューニングの老舗が機能性溢れるエアロを開発

ロータリーエンジン搭載車をはじめ、数多くの車種を手掛けてきた屈指の実力派チューナーとして知られるRSパンテーラが新たなターゲットとして狙いを定めたのがS660。2016年末に車両を導入して開発をスタート、以降はエアロから機能パーツまで幅広くチューニングを進めている。

エスロク11

まず、“エフェクト”と名付けられたオリジナルエアロから。これは、佐藤代表自身がデザインを行い、理想のエスロクスタイルを追求したものだ。「最初は市販品の組み合わせでデモ車を作ろうと思ったのですが、これだ!というエアロがなかったんですよね。だったら自分のデザインがどこまで通用するかを世に問うためにも、納得できるまでやってみようとなったわけです」と、佐藤代表は開発の経緯を説明してくれた。

エスロク06

とにかく目を引くのは、エンジンフードから突き出した2本のシュノーケルだ。もちろんこれはデザインだけのハッタリではなく、ハードに走る上で欠かせない機能パーツ。左側はインタークーラーの冷却として、右側はエアインテークにフレッシュエアをダイレクトに供給するためのものとなっている。

エスロク02

フロントスポイラーは両サイドにボリュームをもたせた立体的なデザインを採用。ラインテープや塗り分けなどでオリジナルを追求するのも面白そうだ。

エスロク12

リヤアンダースポイラーはノーマルでは物足りないボトム部のボリュームを追加すると同時に、ウイング形状でフロア下のエアを受け止め効果的にダウンフォースを発生させる。

エスロク03

やや厚みがあるサイズでシャープな切り込みがデザインされたサイドスカートが、S660をワイド&ローイメージに演出。各エアロパーツは全てFRP製となっている。

エスロク04

一方のエンジンは、HKSのGT100Rキットを装着。フラッシュエディター制御で、ブースト1.2キロ設定で107ps、1.35キロでは127psのパワーを発揮することが確認されている。

エスロク05

カーボンカバー付きのデュアルテールマフラーは、HKSのハイパワースペックL。排気効率を重視したストレート構造と、ノーマル比マイナス1.5kgの軽量化が特徴だ。

エスロク08

ホイールは軽カー専用設計のボルクレーシングTE37KCRで、サイズはフロント5.5J+44のリヤ6.5J+46。タイヤは純正サイズのアドバンネオバを装着。車高調はHKSハイパーマックスIV SPだ。

エスロク10

「大人がおもちゃとして乗るのにピッタリで、可能性を感じてデモ車を導入しました。将来的には軽自動車の枠組みに捉われることなく、排気量アップなども含めてどこまでパワーアップできるか突き詰めたいと思っています」と佐藤代表。トップチューナーの新たな挑戦、今後の動向には注目だ。

●問い合わせ:RSパンテーラ 静岡県富士宮市北山5220-2 TEL:0544-58-4837

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事