「鍛造ヴィンテージホイールの魔力」ボルクレーシングTE37Vが愛され続ける理由【最強ホイール解体新書】

さと新しさの未知なる融合

鍛造ヴィンテージホイールを履きこなす

旧車はもちろん、ロードスター等のコンパクトスポーツ系には懐かしのヴィンテージホイールが、不思議なほどによく似合う。

レイズ05

低さを極めたこのNDロードスターの足元を飾るのは『ボルクレーシングTE37V』。その名前から分かる通り、不朽の名作であるTE37の派生モデルだ。シンプルで武骨なスポークデザインながら、段付き感のあるステップドリムを採用することで、ディープ感をいっそう際立たせているのが見所だ。

レイズ06

「デザインはノスタルジックな雰囲気に仕上げていますが、その中身には最新の鍛造テクノロジーを惜しみなく注ぎ込みました。軽さや剛性などの性能面にも拘ったモデルに仕上がっています」と語るのはレイズ小西さん。最新の設計思想を盛り込むことで、走りの面でも十分に満足できる1本に仕上がっているというわけだ。

レイズ02

ちなみにサンプル車のND5RCが履くサイズは、前後とも8J×16のインセット25。これに195/50サイズのタイヤを組み合わせる。かなり車高を落した上で、思い切りキャンバーを付けるなどの努力をしないと絶対に収まらない攻めのサイズだ。

レイズ03

そんなムリ目サイズをサラリと履きこなしているからこそカッコよさも際立つし、アピール度も高まる。それぞれのクルマの仕様に合せた限界サイズを狙えるのも、4種類のフェイスデザインを持つTE37Vだからこそ成せる強みといえる。

レイズ04

カラーはブロンズの他、ディープ感が際立つガンメタ/リムDCタイプも用意。サイズも、14インチから17インチまで設定するなど豊富なバリエーションを誇る。ヴィンテージ感溢れるデザインの奥に見え隠れする最新のテクノロジー。魅力的すぎる1本だ。

製品仕様
RAYS
VOLK RACING
TE37V

価格:4万5000円〜6万8000円
サイズ:14×7.0J〜17×8.5J
カラー:ブロンズ/ガンメタリック

【関連リンク】

レイズ
https://www.rayswheels.co.jp/

web option編集部

 

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事