テックアート、ポルシェ カイエンV6モデルのチューニングキットを発表

TECHART engine powerkit for the Cayenne

テックアート エンジンパワーキット for カイエン

E-Hybridとターボモデルにも対応可能

ドイツをベースにポルシェのチューニングを手がける「テックアート(TECHART)」が、カイエンのV6モデル向けに新開発したエンジンパワーキットとボディスタイリングキットを発表した。

今回発表されたパワーアップグレードキットはE-Hybridとターボモデルにも対応し、さらにカイエンS用のパワーキットも近日中に発表される予定だ。また、これらのキットはすべてカイエン クーペにも装着できる。

TECHART engine powerkit for the Cayenne

最高出力40hp&最大トルク100Nm向上

今回登場したテックアート・テクトロニック・エンジンマネージメントシステムにより、スポーツモードの使用時、エンジン最高出力が29kW (40hp)、最大トルクは100Nm向上する。

このテクトロニック・エンジンマネージメントは、ポルシェ専門のワークショップにおいて簡単に取り付けられるように設計されている。0-100km/h加速はベースモデルから大幅に向上した4.9秒を記録。0-160km/h加速は2秒以上も短縮しており、最高速度もスタンダードモデルから10km/h以上も速い253km/hにまで達している。

TECHART engine powerkit for the Cayenne

エアロダイナミクス性能を向上させるエクステリアパーツ

これまでテックアート・フロントスポイラーは、カイエン ターボかスポーツ・デザイン・パッケージ採用モデルのみに装着可能だった。今回投入された新型フロントスポイラーは、カイエン、カイエン S、カイエン E-Hybridの標準フロントエプロン用に特別に設計。同時に新デザインのルーフスポイラーも用意された。

カーボンフロントリッド/サイドスカート/リヤエプロン&ディフューザーエレメント/リヤハッチスポイラーなど、テックアートが展開する個別のエクステリアオプションもラインナップに追加されている。

TECHART engine powerkit for the Cayenne

これまでに登場したパーツと合わせ自分だけのカイエンを

また、テックアート・ホイール、スポーツエキゾーストシステム、シャシーオプション、さらに多彩なインテリアカスタマイズプログラムにより、自分だけのカイエンを作り上げることができる。

インテリアのアップグレードは、様々なカラーアクセントやカスタムメイドのステアリング、ハンドメイドパーツまで多岐にわたっている。また、カイエン独自のプログラムとしてドイツに拠点を置く家具ブランドのロルフ・ベンツ(ROLF BENZ)とコラボレーションしたインテリアキットもチョイス可能だ。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事